脳科学的には好な人と仲良くなろうとすると嫌われます

精神分析学に基づく最高の恋愛術の続編【最高の恋愛術2】

評価
5.0 (85)
販売実績
171
残り
20枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    1日(予定) / 1日以内(実績)
    初回返答時間
    5時間以内(実績)

サービス内容

惚れ方にはタイプがあり「好きな相手のことを考えるとドキドキする」「常に相手のことを考えてしまう」というタイプの恋愛感情はPEA(phenethylamine)という脳内物質によって意識でコントロール不可能な変性意識が起こされて情動が起こる。これが起こっている以上、脳波によって起こるヒエラルキーコミュニケーションの観点から、相手がこちらに惚れる可能性はものすごく低い。かつ脳波ヒエラルキーの立場の差による緊張感の理論により好きな人と仲良くなろうとすることはそれを崩壊させてしまうため好きな相手と仲良くなろうとするという導入の時点で多くの人間は失敗の入り口にいる。だが逆説的には、どのような状態からでも理論を応用すれば好きな感情を相手に起こすことが出来る。なぜならば感情は立場や環境、つまり場面とセットで記憶に蓄積されており、自分の記憶を制御していくと同時に、相手の記憶による情動を動かすことが出来る。 恋愛の仕組みを理解していただきたく難しい内容ですが何回か読んで理解した上で実践してください。一般的に出回っている心理学の話などと実際の恋愛の理論は大きく違いますので、意外な方法だと思います。好きな人にこちらに興味をもたせて会う方法、ハイパーラポールの維持についても載せてあります。

購入にあたってのお願い

「最高の恋愛術」という商品の続編なので、「最高の恋愛術」をお読みになってから読むのがベストではありますが、この商品単体でも理解して実践できる内容となっております。 商品購入に関する以外の質問や恋愛相談、アドバイスなどは「<OPで透視>仕事・恋愛・お金・人間関係・商品の内容やアドバイスなどに関する質問にメールで答えます。」というサービスからご依頼ください。 こちらの商品や、オプションの商品は脳科学的な理論を応用したものであり、全くスピリチュアル的な要素がなく、そのような物をお求めの方ですとがっかりかもしれません。かなり専門的で理論的な内容です。 また、相手と話せたりするような対面での恋愛において主に使えるテクニックです。個人で応用すればラインなどに生かすことは十分に可能です。 最高の恋愛術を読んだ方がわかりやすいとは思いますが読んでなくても有益な内容です。

有料オプション