絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

8 件中 1 - 8 件表示
カバー画像

禄存星の夏休み

夏休みも中盤に入りました。みなさんお元気でお過ごしですか? 台風が近畿地方を直撃しそうだという報道もあるのですが、おそらくここ京都は大丈夫なんじゃないかなぁ、と思っています。というのも、京都の不動産関係を長くやっている方によると、京都に台風が直撃したことはなく、直撃するとなっても直前で迂回することになったり、消滅して温帯低気圧になってしまうからなんだそうですよ。その理由は不明で、ただ、京都は守られている、としか言いようがないと言っていましたね。鴨川などもありますが長雨がふっても、最悪の河川の氾濫なども、おこしたことが(おもいつくかぎり)ないのだそうです。.....人の思い(念)が作った結界が存在するとしたなら。そんなことを思わざるを得ません。さて、今日は夏休みに入った、生日中殺のうちの娘のお話をシェアします。禄存星・司禄星は、愛情と財の星として有名ですが、この二つの星を持っていないとどうなるか、と、いうと。というお話もしましょう。率直に言って、この二つがないと、お金がない、ということにはなりません。 例えば、むかし日本で公開されていた納税者番付を記録した斎藤一人さんも、実は、財の星が陽占面にありません。あれは徹底的に自分の宿命を生かした結果、築いた財でもあり、斎藤氏のマニアックな知性が使われる過程で、斎藤氏が人材を深く学び、財をとりあつかうのがうまい部下を自分の組織の中でうまく使った結果でもあるのです。 一人さんの場合、財はあつまっても、家庭や愛情面でうまくいかない、というような出方になったりもしていることでしょう。じゃ、財の星がないひとはある人と比べてなにが違うのかというとで
0
カバー画像

禄存星の恩徳

子供の影響でプリキュアにはまった、おっさんの考察ですが、wデリシャス・パーティ・プリキュアの主人公、キュア・プレシャスゆいちゃんは、鳳閣星の強い、禄存星、石門星、だと思うんですよね。キュア・スパイシーここねちゃんや、キュア・ヤムヤムらんらんちゃん、自分に自信を失いかけたこころの繊細な仲間たちに、先入観のないおおらかな肯定力と勇気を与え、仲間たちは自分の力に目覚めていきます。禄存星を語るとき、一般的な算命学では、禄存星は「愛情奉仕」「サービス精神」の星、と言われます。そこで、よく勘違いされるのが、愛情奉仕って、人助けでしょう?という解釈ですよね。実学算命学では、その解釈、厳密には違うんですよ。w手助け自体、奉仕自体を指す星は、鳳閣星や調舒星の伝達本能の星の方にあります。禄存星というのは、そういうのとはちがい、基本的に見返りを求めない奉仕はしないので、何かを(無意識に)計算して、結果的に自分に得が来るような言動に徹するからです。鳳閣星や調舒星の未来の星のように、自分の損得はさておき、恨まれたとしても本当に相手の未来のためになる言動を選択しようとするよりかは、まずは、相手に「この人いいひとだなぁ、素敵だなぁ」と思わせる言動を意識的に選択するということですね。そこで、禄存星のひとには、胡散臭く感じた人間たちから、「偽善者め!」といじめられる体験が結構あったりします。そして、自分に自信をなくし、不安になります。どうしたら、みんなは自分を好きになってくれるのだろう?と悩みます。そして、可愛く見えるメイクに一生懸命になったり、ファッションに気をつけたり、なにかを参考に一番可愛く見えるリアクシ
0
カバー画像

禄存星さんは、自己プロデュース・自己演出がうまい星

今週、歯医者の帰り、新宿駅ですごいことになってました。東方神起という韓国グループの・・なんですかね、広告を撮影しに集まったファンが道を塞いでいた。人員整理している人までいて、すごい騒ぎ。なんだかわからないけど、ここまでひとを虜にする魅力があるってすごいね。わたしも韓国ドラマは結構みます。韓国のアクション映画とか時代劇とかですが。彼らは感情表現がすごく豊かで、ぐいぐい引き込まれますよね。それに韓国人アーティストは、仕事で求められる「タレント(才能)」が多すぎるのに、それに応え切っている。すごいなぁ!なかなかできることではないよ。wそんな魅力の世界のプロからヒントを得て、今日は禄存星の話を。禄存星は、算命学では魅力本能の星と紹介されます。お金と愛情奉仕の人、という肩書きですね。だから、芸能人に禄存星はよくいるし、奉仕でお金を集めなくてはならないボランティアの世界にも結構いる。キャバクラなどの水商売、営業マンもぴったり。なぜなら魅力が活きる分野だから。魅力に対してお金を払う業界全般は、まさに禄存星の世界だと思います。でもそれだけじゃあ、何を意味しているのか、ちょっとわからないでしょうから、実学算命学の説明で。あのね、運動知性の一つに、体の空間認知能力っていうのがあるらしいんですよ。例えば、バレリーナ。あの人たちは、毎日鏡で自分の手足の動かし方を観察して、美を研ぎ澄ませていくんです。その中でも才能のあるバレリーナは目をつぶっても、自分の手足がどこの位置にあって、どのように見えているのかがわかる。目を開けば、想像していたとおりの場所に手足がちゃんとあるというんですよ。普通の人は、まずそれ
0
カバー画像

第147回 牽牛星×禄存星 相手との交際術

他人との交際術のコツを価値観(考え方)を表す陽占を使って、見ていきたいと思います。自分の中央(胸)の星が牽牛星相手の中央(胸)の星が禄存星の場合の交際術一緒に動くと、とても気楽なパートナーどんな人にも善意と愛で接する禄存星が相手だと、周囲から軽く見られることを嫌う牽牛星もよけいな気を使わなくて済むので一安心。しかも、褒め上手、おだて上手の禄存星は、牽牛星のプライドを適度にくすぐってくれるので、恋人になるととても気分よく付き合えるでしょう。ビジネスシーンでも、人付き合いもよく、細かいところまで目配りができる禄存星は、集団行動で力を発揮する牽牛星のサポート役として、仕事が楽にすすむはず。ただ、相手の気配りを「やって当たり前の行為」と無反応に受け取ると、禄存星はむなしさを覚えるので、ねぎらいの言葉は忘れないようにしましょう。また、何かと手出ししたがる禄存星は、牽牛星を差し置いて人の職域にしばしば首を突っ込み、本来の仕事がおろそかになることも。腹を立てる前に「手出し無用」とはっきり告げれば、トラブルになりません。ときに集団の利益の為なら切り捨てる牽牛星も、切る側の苦しさを打ち明ければ立場をわかってくれるので、実際行動に移る前に話しておくといいでしょう。
0
カバー画像

第127回 司禄星×禄存星 相手との交際術

他人との交際術のコツを価値観(考え方)を表す陽占を使って、見ていきたいと思います。自分の中央(胸)の星が司禄星相手の中央(胸)の星が禄存星の場合の交際術困った時に頼りになる、居心地の良い相手引っ込み思案的なところがある司禄星。それに対して、いつも人に好かれたいと思っている禄存星は分け隔てなく人と交流し、自然に近づくでしょう。他人の立場に立ってものを考える禄存星なので、交際を始めたとたん、司禄星の気持ちが引き立つように気配りをしたり、困ったときには必ず力になってくれる頼もしい存在。とても居心地の良い相手です。お互いに争い事を好まず現実的で、その日その日を懸命に過ごしていくタイプなので、刺激や派手さはありませんが、穏やかで誠実な関係が築けるでしょう。ただ、禄存星は平等主義なので、初めて会った人とも長い付き合いがある相手も、同じようなテンションで接します。ときには親友よりも、SOSを発している人を優先することもあります。安定した関係を求める司禄星から見ると、ないがしろにされたようで面白くない場面もすくなくありません。でも、これが禄存星の良さ。情に厚い禄存星は、一度出来た縁を大切にするタイプ。無理に引き止めたり、腹を立てたりせず、大きな気持ちで見守りましょう。
0
カバー画像

第122回 禄存星×玉堂星 相手との交際術

他人との交際術のコツを価値観(考え方)を表す陽占を使って、見ていきたいと思います。自分の中央(胸)の星が禄存星相手の中央(胸)の星が玉堂星の場合の交際術迷ったときは、玉堂星の意見を参考におせっかいで世話焼きな禄存星を下町の太陽に例えるなら、礼儀礼節を重んじる古風な玉堂星は、由緒ある寺社仏閣というところ。門前市や縁日で寺や神社がにぎわうように、いつもはおとなしい玉堂星も、人懐っこい禄存星といると気分が明るく弾みます。禄存星も、穏やかでありながら凛とした玉堂星に接すると、ゆったりと落ち着けるので、派手さはありませんが、ほのぼのとした人間関係が築けるでしょう。恋でも仕事でも、禄存星がイニシアティブをとった方がうまくいきます。ルールにそって行動する玉堂星なので、臨機応変に物事を対処することは苦手です。表舞台でスポットライトを浴びるより、集団で裏方を務めた方がのびのびと力を発揮するでしょう。また、状況がみえなくなったときは玉堂星の意見を参考にしてください。鋭い観察力と批判精神を持っているので、言葉はきついですが、本質をズバリと見抜いてくれます。また、玉堂星は公私混同を嫌うので、仕事上の付き合いならプライベートに立ち入らないことです。すぐに首を突っ込みたがる禄存星は要注意です。
0
カバー画像

第121回 禄存星×龍高星 相手との交際術

他人との交際術のコツを価値観(考え方)を表す陽占を使って、見ていきたいと思います。自分の中央(胸)の星が禄存星相手の中央(胸)の星が龍高星の場合の交際術バックアップに回ってフォローを周囲の幸せを自分の喜びとする禄存星と、個人的に行動する中で喜びを見出す龍高星では、価値観も感性も全く異なります。付き合いが深まれば深まるほど、お互いに違和感が大きく膨らみます。ただし、恋ではどちらかが積極的に関わりを持とうとしなければ、自然消滅してしまう組み合わせです。鋭い知性と豊かな発想力で仕事に臨む龍高星ですが、その実力は単独で動くときに発揮されるもの。一緒に何かをするときは役割を分担して、お互いのやり方を尊重するか、完全に龍高星のバックアップに回る方がよいでしょう。束縛を嫌う龍高星は、ある程度自由なスタンスに置かないと、あっさりやる気を失います。つい口出ししたくなる禄存星ですが、ここはグッと抑えましょう。気をつけたいのが周囲とのトラブルです。既存のルールや体制にとらわれない龍高星は、しばしば思いもよらない行動をとります。禄存星は持ち前の社交性とケア能力で人間関係の円滑をはかり、孤立しやすい龍高星のクッションとして、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。
0
カバー画像

第113回 禄存星×貫索星 相手との交際術

他人との交際術のコツを価値観(考え方)を表す陽占を使って、見ていきたいと思います。自分の中央(胸)の星が禄存星相手の中央(胸)の星が貫索星の場合の交際術良い関係が築ければ、頼りになる相手自分の世界にこだわって、嫌な相手と付き合うぐらいならひとりでいた方がマシ、と考える貫索星と付き合うには、禄存星からアプローチするのが得策です。いつもの禄存星なら、世話を焼き、手助けをすることで相手との距離を縮めていけます。しかし、相手が貫索星ではちょっと勝手が違います。自分の内面に強い執着を持つ貫索星は、許しも得ず踏み込もうとする相手とは距離を置こうとします。好意のつもりで手を差し伸べたら、大やけどする場合もあります。恋では相手の出方を見ながら、慎重に行動しましょう。一度心を開いたら、貫索星ほど頼りになる相手はいません。仕事面では多少スローペースですが、やると決めたらどんなことがあってもやり遂げる、信念と実行力を兼ね備えているので安心して進められます。ただ、貫索星は自分独自の考え方や価値観にこだわるので、納得できなければテコでも動かない、融通が利かない所があります。恋でも仕事でも、ここはひとつ下手に出て、上手になだめたり、すかしたりして付き合ってください。
0
8 件中 1 - 8
有料ブログの投稿方法はこちら