絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

13 件中 1 - 13 件表示
カバー画像

豪ドル円AUDJPY 指値買■106.246/ユーロドル決済済

104.808 0.25ロット ■105.908104.584 0.33ロット ■105.584 104.452 0.44ロット  ■105.908 104.073 0.59ロット ■105.573 損切103.573豪ドルドル月足0.66301↑豪ドル買 豪ドルが強く逆相関のドルがちょっと弱いので、ユーロドル決済しました。ご参考までに。
0
カバー画像

6/17(月)ドル円 指値 買

🍊ドル円 指値 買 156.239  ■157.5    0.5 155     ■157.5 0.64 損切一律-50pips ※JPYX713.8↓ クロス円買
0
カバー画像

ドル円、ポンド円 買継続/豪ドルドル 決済

ポンド円、ドル円 買継続 🍊GBPJPY 指値買(buy limit) 0.37ロット 指値価格:199.95 ■200.5 🍊USDJPY 指値買(buy limit) 0.37ロット 指値価格:157.888 ■158.588 🍊EURGBP 指値価格:0.8488 売 0.25ロット ■0.8438 🍊EURUSD 指値価格:1.079 売 0.25ロット ■1.074 結局やはり現状、円が最弱です。 ユーロも弱いです。 🍊豪ドルドル 決済 豪ドルがちょっと強くなってきてるので、 豪ドルドルは決済しました。 ご参考までに。
0
カバー画像

豪ドル円 成行 買■103.5

豪ドル円 成行 買■103.5
0
カバー画像

豪ドル円、ポンド円(クロス円全般)買 継続

豪ドル円、ポンド円(クロス円全般)買 継豪ドル円■105.3 ポンド円■202 JPYX710.5↓売■704
0
カバー画像

5/28(火)ポンド円 買継続■201.5

5/28(火)ポンド円 指値 買■201.5 200     8h足ダウ 199.73    8h足ダウ2 199.48   日足ダウ  199.23   8h足MA20 損切:198.9
0
カバー画像

5/20(月)豪ドル円 指値 買

豪ドル円 指値 買 ■104.8日足+2σ 104.052     1h足ダウ 103.85🍊     8h足ダウ ★103.614🍊🍊   日足ダウ ※日足ダウ103.464までの押し目あり。
0
カバー画像

【夢への軌跡_FX_6通貨_相場環境認識・備忘録_20240505】

5月5日 日曜日です。 おはようございます。 快晴の空を確認できる南関東です。暑くなりそうなので体調管理に気をつけて過ごしたいと思います。 さて、先週は為替介入の影響でクロス円は激しく動きました。 介入の条件が色々と騒がれていますが、GDPの2%半年に1回72時間以内は1回と考えるなどなど情報が錯綜しています。 そもそも論として上記の条件はドル買いに当てはまることで円買いには当てはまらないということのようです。 そして、日銀の米ドル資産は現時点で30兆円となり10兆円/回となるとまだまだ、可能性はありそうですね。 神田財務官のほくそ笑む姿が思い出されます。     では、確認していきましょう。日足の閉じたタイミングでの本数となります。   【EUR/USD】月足 21本目週足 第3サイクル 31本目/13週ボラ 162 pips日足 第4サイクル 14本目/144HC 第2サイクル 16本目/14と捉えています。 米ドル安へ促したのはFRBが金利を上昇させたくないから。ということも考えられます。 テクニカル的には日足が切り替わり4HCも第2となっているので10822が日足高値と考えられそうです。  【EUR/JPY】月足 17本目週足 第3サイクル 22本目/21週ボラ 754 pipsHPC 第2サイクル 40本目/364HC 第3サイクル 28本目/16LTと捉えています。 USD/JPYに左右されており、今週はEUR/USDに左右されるかもしれないなぁと考えています。  EUR/USDが日足高値を示しUSD/JPYが上から圧力があるとEUR/JPYは下降していくというシナ
0
カバー画像

【夢への軌跡_FX_6通貨_相場環境認識・備忘録_20240421】

4月21日 日曜日です。 おはようございます。曇り空の南関東です。午後からは雨予報なので手取り早く、モッコウバラの処理を行いたいと思います。 満開なんですけど。このタイミングで処理をしておかないと後々、花びらがチリチリになってしまうので。そろそろ、米ドルの力発揮というところでしょうか?じっくりと見ていきましょう。では、確認していきましょう。日足の閉じたタイミングでの本数となります  【EUR/USD】月足 20本目週足 第3サイクル 29本目/13週ボラ 88 pips日足 第3サイクル 48本目/18LT4HC 第4サイクル 82本目/33LT or4HC 第5サイクル 22本目/13or日足 第4サイクル 4本目/34HC 第1サイクル 22本目/13と捉えています。 いくつかのシナリオが浮上してきますが、個人的には4HC第5で延長かなぁ?と有力視しています。  日足起点となる1.0694が気になるラインとなるので超えずに下降ダウとなると下目線で攻めたいと考えています。 【EUR/JPY】月足 16本目週足 第3サイクル 20本目/16週ボラ 224 pips日足 第3サイクル 30本目/84HC 第3サイクル 32本目/31と捉えています。下ヒゲの長い4HCとなります。今後、USD/JPYの影響を受けずにリスクオフでドル高・円高となると下目線が可能となります。下位足に落としてダウをしっかりと確認したいところです。【USD/JPY】月足 16本目週足 第3サイクル 17本目/17週ボラ 168 pips日足 第2サイクル 31本目/284HC 第4サイクル 5本目/5と捉え
0
カバー画像

【夢への軌跡_FX_6通貨_相場環境認識・備忘録_20240331】

3月31日 日曜日です。 快晴の南関東です。非常に暖かくて過ごしやすい日中となりそうです。  さて、四半期末のリバランスも終了してやはり、米ドルが次第に力をつけてきたようです。 明日1日はイースターマンデーとなるのでほぼほぼ動かないと考えられます。 東京市場での短期トレードであれば可能性はあると思いますが、無理なく静観でも良いと思います。         では、確認していきましょう。日足の閉じたタイミングでの本数となります。   【EUR/USD】月足 19本目週足 第3サイクル 26本目/13週ボラ 96 pips日足 第3サイクル 33本目/18 4HC 第3サイクル 51本目/12LTと捉えています。 4時間足チャートではEMA200を交えてのパーフェクトオーダーを形成しています。下目線が継続されます。 上昇トレンドの際の押し安値となる1.0793辺りがカギと考えられます。 2日以降でしっかりと確認したいと思います。       【EUR/JPY】月足 15本目週足 第3サイクル 17本目/16週ボラ 148 pips日足 第3サイクル 15本目/84HC 第2サイクル 30本目/14LTと捉えています。 4HC第2からの起点割れと見ています。EUR/USDが下降してUSD/JPYがヨコヨコとなるとEUR/JPYは下へ動き出します。 1日月曜日の東京市場は上昇する可能性が高いと見ているのでどこまで上昇するかがポイントと考えています。     【USD/JPY】月足 15本目週足 第3サイクル 14本目/14週ボラ 94 pip日足 第2サイクル 16本目/144HC 第2
0
カバー画像

FX 日銀はどう出るか 追記 12:50

【現状】昨夜のAM2:00に日経からの記事。「YCCを0.5で据え置きつつ、0.5%を容認」は?って感じだと思いますが、現状、日銀は「長期国債を0.5%以上にならないよう、もし0.5%超えたら無限で日銀が買い支えます」という無限指値オペをやってるんですが、これって「0.5%超えたら絶対に日銀買うんでしょ?じゃぁそこ狙っちゃおうぜ!」という海外勢に散々狙われてきました。この要因は「0.5%で買い支える」ということを公表してるからなので今回の修正で「0.5%で買い支えるときもあれば、容認して買い支えないこともあります」という曖昧さを持たせる修正をするってことです。これにより海外勢は0.5%へのアタックをしても日銀が買うかわからないので以前のような買い方はしにくいし、日銀としても0.5%を死守するかはその時の状況で判断したり、0.5%を超えた時に次はどの段階から市場の債券買いが入ってくるか見極めるテストも出来るので曖昧にしておきたい。こんなニュアンスが記事になったと思います。特別驚くことでもなく、粛々とやってほしいとこですが、この記事とYCCは意味合いが違うのでそこは気をつけたほうが良いです。あとは、「この修正はあくまで修正であり、緩和路線は変わらない」と会見で伝えていくのがパターンかなと。もしサプライズになるとしたら、YCCの撤廃。あとはサプライズではないけどインフレ率の見通し修正くらいがポイントかな。【トレード】まず昨日のブログで書いたように>逆に言えばユーロ円のチャートを見ても >154円をしっかり割れればテクニカルが長期的に変わるので >私はクロス円をしませんが、取引する人に
0
カバー画像

クロス円が動きそうですね

昨日の為替市場は、米国市場がプレジデントデーで祝日だったこともあり、やや動意に欠ける展開となりました。先週のマーケットを振り返ってみると、ドル円は、127-133のレンジから 132-137円台前後のレンジに移行したように思います。つまり、ドル高・円安トレンドの継続です。一方、ドルインデックスを見ると、上値を試して失敗した形となっています。個別の通貨でみると、ユーロドルなら1.0650ドル、オージドルなら0.6850のサポートを一旦割り込みましたが、ダマシとなり反発。ポンドドルは1.1900のレンジブレークに失敗した形となっています。ブレークの失敗です。こうなると相場は戻りを試しやすそうです。ドル・円が円安方向で、他のストレートが対ドルで戻りを試しやすいとなれば、クロス円が上昇しやすくなります。クロス円を見回してみると、ユーロ円、ポンド円ともにレンジをブレークした形となっています。豪ドル円もほぼブレークした形となっています。あくまで、目先の話ではありますが、クロス円のロングに妙味がありそうに思います。
0
カバー画像

ユーロ円 サイクル理論での相場分析方法

0
13 件中 1 - 13
有料ブログの投稿方法はこちら