絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

13 件中 1 - 13 件表示
カバー画像

【特別支援学級元担任がぶっちゃけます!】情報アラカルト「特別支援学級の見学」

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今日は「特別支援学級の見学」をテーマにお話しをします。今の時期は、教育相談・就学相談をうけたり、学校や特別支援学級の見学を考えてみえるかもしれませんね。というわけで、特別支援学級の見学を考えてみえる方に単なる特別支援学級を見て終わらせない!特別支援学級の見学ポイントをお話しします。それは!特別支援学級すべての授業を参観する特別支援学級のクラス分けは、障害種別ですが、特別支援学級全員で行う授業も数多くあります!というわけで、特別支援学級、各クラスの授業をすべて参観してください!特別支援学級の子供たち全員の様子はもちろんのこと。特別支援学級の担任全員、どんな先生なのか。↑これはかなりのポイントです!ここだけの話!指導できない教師や学級崩壊させた教師が特別支援学級の担任になっていることが多いです。(私の経験+ご相談より)特別支援学級の授業はどんな感じで進めているのか。プリントだけやらせている先生もいます。(経験+ご相談より)子供たちは、特別支援学級の担任を信頼して、授業を受けているか。もし可能なら、特別支援学級各クラスでの授業と、特別支援学級全員で行う授業を参観してみてくださいませ。そして、気になる所があれば何度でも学校に足を運び、校長など先生たちに質問してください!単たる見学で終わらせないためにも、特別支援学級で、お子さんが輝くことのできるのか!それとも、通常学級の方が、お子さんが輝くことができるのか!
0
カバー画像

【小学校・中学校・特別支援学校の元担任より】どんな感情を持ってもいいんだよ♡

【どんな感情も持っていいんだよ】学校や家庭においてネガティブな感情より、ポジティブな感情を持つ方が好まれますよね。これは大人になった今、職場の人間関係などでもそうかもしれません。学校でも家でも職場でも、友達でも恋人でも家族でも、いつも明るい!いつも楽しい!いつも前向き!そんなあなたしかイヤ!認めない!!!そんなこと言ったって・・・。暗くて、辛くて、悲しくて、苦しくて、そんな思いの時あります。学校でも家でも職場でも、友達でも恋人でも家族でも、ネガティブな感情を持たない方が良いとか、ポジティブな感情が好まれるとか、「どんな感情も持っていいんだよ」うれしかったこと楽しかったこと悲しかったこと苦しかったこと困ったこと辛いこと特別支援学級担任の時、みんなで「ほめほめノート」を作りました。まず最初に、自分の良いところ、すごいところ、好きなところなど褒めることを書いて、次に、クラスの子一人一人の良いところ、すごいところ好きなところなど褒めることを書きました。そして、自分の事を褒めて書いたものはもちろん、クラスの子も褒めてくれたメッセージを「ほめほめノート」としてまとめました。「やさしい」「字が上手」「ダンスが上手」「ものしり」「いつも〇〇してくれてうれしい」なんでもいいよ〜。すると「ぼくに良いところなんて1つもない!」「だから書けない!」「みんなもそう思っているよ!」と大号泣の子が!特別支援のお子さんは、生まれてからずーっと他のお子さんより怒られたり注意されたりする事が多いです。だから、自分には1つも良いところが無い、すごいところなんて無いって思っちゃったんだね。我慢していた感情が大爆発した
0
カバー画像

【小中学校・特別支援学校元教師がこっそり教えます】就学時健診のウラの裏!

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今日は「就学時健診」をテーマにお話しをします。就学時健診を超簡単にいうと、小学校入学前に行う健康診断です。入学の前年度、11月30日までに行われます。各学校で日時を決めて、就学時検診を行いますので、同じ市内でも、日にちが違っていたりします。住んでいる地域の小学校での就学時健診となります。すでに特別支援学校に入学すると決めてみえるお子さんも、住んでいる地域の小学校で就学時健診を受けることになります。特別支援学校の幼稚部に通ってみえ、特別支援学校小学部に入学すると決めて見えたお子さんの対応させていただいたことがあります。『就学時健診の内容』健康診断と知能検査を行います。・内科検診・歯科検診学校医さんが学校に来て行います。・視力検査・聴力検査・知能検査小学校の先生たちで行います。知能検査は簡単なものです。知能検査では、再検査のラインがありますので、再検査になるお子さんもみえます。その場合は、詳しく知能検査し、知能指数(IQ)も出します。就学時健診後、学校は話し合いをして、特別支援学級や特別支援学校への就学が適している判断した子を、教育委員会に報告します。その後、教育相談、就学相談が行われ、最終的な判断は親さんの判断になります。就学時健診や、就学のことで、心配していること、困っていること、通常学級か、支援学級か、支援学校か、学校どうしよう〜!誰かに相談したいけど、誰に頼ったらいいのかわからない方、どうぞお気
0
カバー画像

【小中学校・特別支援学校元教師がこっそり教えます!】嫌いなもの食べなくても良いの?

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今日は「嫌いなもの食べた方がいい?」をテーマにお話しをします。順天堂大学医学部・小林弘幸教授が自律神経についてお話ししていて思わず、びっくりしたことなんと嫌いな食べ物を無理して食べたら、 ストレスになって、 自律神経のバランスを崩す!ひえーー!衝撃的事実(゚д゚lll)【嫌いなものを食べなくていい理由】嫌いなものを無理して食べる↓ストレスで自律神経のバランス崩す(T . T)↓胃腸の動きが悪くなる(-。-;↓消化吸収しにくくなる(・・;)↓腸内環境の悪化(><) 特に特別支援のお子さんは、偏食のお子さんが多いですよね。苦手な食べ物は無理して食べず、好きな食べ物から栄養を取りましょう!  結論! 嫌いなものを食べても、消化吸収しにくくなるだけ!しっかり栄養を取るためにも、好きなものから栄養を取ろう!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/学校や子育てなどお困りごと、心配ごと、誰に相談したら良いのかわからない時は、どうぞお気軽にご相談を。困った時は占いでも解決しております!あなたの身近なご相談相手。かずみん教授でした。 
0
カバー画像

【小中学校・特別支援学校元教師が教えます】教室でパニック!クールダウンの場所どうする?

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今回は「クールダウンの場所について」をテーマにお話しします。☆☆☆小学生のお子さん。パニックで、落ち着かなくなると、大きな声を出したり、暴れたりします。授業中、暴れ始めると、周りの子にも迷惑になるし、落ち着かない子から目が離せないし、どうすればいいの?このような話し、先生からよく相談されました。 私が小学校の先生時代。落ち着かなくなる子が、落ち着いている時に、教室内で落ち着く場所を探してもらっていました。 例えば、給食の配膳台の下。教卓の下。教師の机の下。廊下(教室の出入り口付近)。など。 落ち着く場所を決め、子どもがパニックになった時、その場に居たら、クラスの子は、声をかけない。先生も声をかけない。ということにしました。 クラスの子たちには、「そっとしておくのも やさしさ」の話をしました。誰でもイライラ怒っている時に、話しかけられると、うれしいけれども・・・「うるせー!」と怒っちゃうよね〜。という話しをすると、小学生の低学年でも「わかる!」「あるある!」って言いますよ。そっとしておくのも優しさです♡大きな愛で♡学校や子育てなどお困りごと、心配ごと、誰に相談したら良いのかわからない時は、どうぞお気軽にご相談を。あなたの身近なご相談相手。かずみん教授でした。 
0
カバー画像

【小中学校・特別支援学校元教師が語る!】子どもが悪い事をすると思わず〇〇してしまうこと!

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今回は「悪い事をしてしまった時の子供のようす」をテーマにお話しします。私が小学校で担任していた時、 自分が悪いことをした!と思うと、「悪いことをしたから、給食いりません!」と自分に罰を与える子がいました。(けっこういますよ) ーーーーー悪い事をした自分↓ダメな自分↓ごはんを食べる価値が無いーーーーー となるようです。ダメな自分=価値がない子供ながらに思ってしまうんですね。 「給食食べません!」と言っていても、給食が始まると、「やっぱり、食べる!」って、食べますけどね(笑)かわいい!!(思わず笑ってしまいます)そういうところもイイところです^o^自分に罰を与えるお子さん、結構います。「給食いりません!」っていうお子さんも1人だけじゃありませんでした。また、自分を叩く(自傷)して、自分に罰を与える子たちもいました。そんなことしなくていいんだよ。自分に罰を与えなくていいんだよ。悪い事をしてしまおうが、良い事をしてしまおうが、ありのままを愛してるよ〜ですよね。学校や子育てなどお困りごと、心配ごと、誰に相談したら良いのかわからない時は、どうぞお気軽にご相談を。あなたの身近なご相談相手。かずみん教授でした。 
0
カバー画像

【特別支援元担任が語る学びの新常識!】どうする計算?オキテ破りの〇〇使おう!

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今回は「特別支援のお子さんの計算」をテーマにお話しします。繰り返し計算のやり方を勉強しても、全然覚えない。というご相談、たくさんいただきます。たし算ができるようになった!↓ひき算ができるようになった!↓たし算忘れてる〜!このようなことはよくあるお話しです。計算が、できなかったら、  ズバリ! 計算機を使って計算をする!計算機許可します! 大人になって、筆算で計算しますか?計算機使うのがほとんどじゃないですか?なので、計算機を使えるようになるのも大事だと思います。 計算機を使って、お金の計算。子どもたちは大好きですよ そして、九九が何度やっても覚えられない子も、計算機を使えばOK!としましょう!計算機を使えば、わり算だってできますよ。例えば、わり算の勉強。 わり算は、なぜ、わり算を使うかを教えるます。 10個のから揚げをを、〇〇君、○○さん〇〇先生〇〇君○○ちゃん、、、、、の、5人で分けまず、から揚げは一人何個食べられますか? 「2個」 「少なすぎる~」 なんて話しながら、 計算機を使って計算します。※太字の部分は、お子さんの好きなもの。名前は、お友達の名前を使うと盛り上がりますよ!  大人だって計算は計算機を使いますもんね。  できないことは、簡単にできる方法を教えてあげることも大切ですよ! 特別支援のお子さんの子育て、特別支援のお子さんの支援など、お困りごと、心配ごとなど、わからない時は、どうぞお
0
カバー画像

【特別支援元担任がこっそり教えます】特別支援 絶対やってはいけないこと

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今回は「特別支援のお子さんにやってはいけないこと」をテーマにお話しします。それは「子どもがパニックになっている時に怒る」です。ぎゃ〜!って叫んだり、大声で泣いたり、ジタバタしたり、暴れているのは、子どもたちからのメッセージ!訴えなんですよ。暴れるのは必死で訴えているんです。特別支援の子たちは、うまくしゃべれないので変なことしちゃったり、暴れたりするんですよね。暴れるのは、先生や親さんが受け止めてくれるってわかっているからします。【暴れるのを防ぐ方法】落ち着くまでやり切らせる。そして、落ち着いてから、気持ちを聞きます。周りの安全を確保して、やり切らせる。同じことを繰り返ししちゃう子も、やり切らせる。やるだけやると少し冷静になるので、その時に「困っているよ。」と声をかけます。「ダメ!」「やめなさい!」って怒ってもそれこそ「ダメです!」(笑)必死に何か訴えている状態の時、その途中で「静かにしなさい!」と怒ると、その一言で、「あー理解してもらえない!」ってまた怒り出します。言葉が伝わらない子にはジェスチャーで伝えましょう!先生や親さんは見守る感じですほんと〜〜〜〜〜に、忍耐力がいります。特別支援のお子さんの子育て、特別支援のお子さんの支援など、お困りごと、心配ごとなど、わからない時は、どうぞお気軽にご相談を。あなたの身近なご相談相手。かずみん教授でした。
0
カバー画像

【特別支援元担任がこっそり教えます!】早わかり!特別支援学校のクラス分け!

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今回もよくいただく質問シリーズ!以前「特別支援学級のクラス分け」をお話ししましたが、今回は「特別支援学校のクラス分け」をテーマにお話しします。特別支援学校のクラス分けは、障害種別ではありません!障害種別関係なく、毎年クラス替えを行います。どのように行ったのかというと、 特別支援学校のクラス編成は、地域の小中学校と同じように、 リーダーを決め、この子とこの子を一緒にすると喧嘩になるなど、クラスのバランス見ながらクラス決めをしていきます。私は2つの県の特別支援学校で、先生をしていましたが、同じようなクラスの決め方でした。(もしかしたら、このような決め方をしていない学校もあるかもしれませんが、、、)ご参考にしてくださいませ。【まとめ】特別支援学校は、毎年クラスがえをします。特別支援学級は、毎年クラスがえはありません!特別支援学級の就学に向けてのお悩み、特別支援学級のお困り、発達障害、グレーゾーン、お子さんの心配ごとなどご相談にのっております。誰に頼れば良いのかわからない時は、どうぞお気軽にご相談くださいませ。
0
カバー画像

【特別支援元担任が告白!】特別支援学級は〇〇の場所ではない!

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^今回は「通常学級→特別支援学級の転級」をテーマにお話しします。【結論】通常学級→特別支援学級の転級できます!通常学級で勉強するより、少人数で勉強した方が落ち着いて勉強できる。大人数で勉強すると、気が散って、授業に集中せず、分からないと授業中暴れることもあるので、国語・算数は、少人数の特別支援学級で勉強させたい。などなど。発達障害などがあり、お子さんにとって、少人数で勉強した方が効果的だと感じましたら、特別支援学級への転級はとても有効的だと思います。特別支援学級への転級は可能です!前回のブログでお話しましたが、特別支援への入学、転級について、最終決断は親御さんになります↓特別支援学級に良いイメージがある親さんがみえる一方、特別支援学級にネガティブなイメージを持ってみえる親さんがいるのも確かです。というわけで、私が特別支援学級の担任をしていたとき、実際にあった例をお話しいたします。【本当にあった例】通常学級に在籍の小学4年生のお子さん。ADHDの判断はありますが、療育手帳は無しです。 親御さんは、小学2年生の時、特別支援学級へ転級を考えました。理由は、通常学級での授業を受けると落ち着かず、集団での学習が難しかったからです。 このとき、1週間だけ、特別支援学級での、お試し入級もしましたが、 転級せず、そのまま小学3年生も通常学級で学習することに親さんは決められました。 実は、この親さんは、お子さんに向かって、「うるさかったら、特別支援学級に
0
カバー画像

【特別支援元担任がこっそり教えます!】早わかり!特別支援学級のクラス分け!

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今回もよくいただく質問シリーズ!今回のテーマは「特別支援学級のクラス分け」です。みなさんの小学校、中学校には、特別支援学級を設置していますか?  特別支援学級とは、障害のある子ども一人ひとりに応じた教育を行うため、小中学校に設定された、障害種別ごとに編成された少人数の学級をいいます。 (詳しくは学校教育法81条をご参考に〜)  注目していただきたいのは、ズバリ!「障害種別ごとに編成された」ということです。 というわけで、特別支援学級は、「障害種別ごと」にクラスが分かれます。↓↓↓〇知的障害〇肢体不自由〇病弱・身体虚弱〇弱視〇難聴〇言語障害〇自閉症・情緒障害  私が担任していた時の特別支援学級は、〇知的障害〇自閉症・情緒障害〇言語障害 と、3クラスに分かれていたり、◯知的障害◯自閉症・情緒障害と、2クラスに分かれていたりしました。編成されているクラスは、学校によって違いますので、ご確認くださいませ。 特別支援学級の上限定員は8人と定められています。 あれ?入学しようとしている小学校、中学校の特別支援学級に、お子さんの障害種別が無い!という場合は、1人でも特別支援学級を設置してもらうことができますよ。例えば、「うちの子、肢体不自由なのに。肢体不自由の特別支援学級がない!」という場合は、肢体不自由の特別支援学級が1人でも設置されますのでご安心くださいませ。特別支援学級の就学に向けてのお悩み、特別支援学級の
0
カバー画像

【特別支援元担任が語る学びの新常識!】どうする?漢字の読み書き!

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^読んでいただきありがとうございます。今回はよく質問をいただく、特別支援の学習方法についてお話しいたしますね。というわけで今回のテーマは「特別支援の読み書き解消!」です。結論はズバリ!漢字は、形が合っていればOK!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/というわけでまず「漢字の書き」について発達障害のお子さん、特別支援のお子さんは、漢字の書き順を覚える事が難しい! なぜなら、漢字を形としてとらえているからです。 例えば、「礼」という漢字。 私が担任したお子さんは、 カタカナの「ネ」とひらがなの「し」を合わせたものとして、覚えています。  「ネ!」「し!」と繰り返し叫びながら漢字を書いていました^o^  最初私には、「メシ!メシ!」と聞こえてしまい^^;「お腹が空いたの?」ってまじめに質問すると、「違うよ!ネ!し!って言って漢字を覚えているんだよ!!」って子どもに言われました(^◇^;)確かに「ネ+し=礼」ですね「ネとし合体!!」子どもに漢字の覚え方をお任せしたほうが早く覚るな〜と感じます。書き順なんて気にしない方が漢字おぼえますよd(^_^o) 「漢字の読み」の場合 読めない漢字は先生または親さんが読み仮名をふって、読むことができればOK! 音読や教科書、好きな本を読んでいると、同じ漢字が何度も出てきて、自然に漢字を覚えていきますよ。担任していた子は、大好きな社会や理科の教科書に出てくる漢字から、漢字を覚えて、自然に読めるようになって
0
カバー画像

【特別支援元担任が語る特別支援あるある】大混乱!衣替え!

みなさん こんにちは小学校・中学校・特別支援学校元教師のかずみん教授でございます。通常学級、特別支援学級、特別支援学校で担任をしておりました^ ^来月は衣替えの時期ですね。というわけで今日は、「特別支援の衣替え」をテーマにお話しいたします。学校でも、制服がある学校は「衣替え」が始まりますよね。 中学校や高校は 「衣替え」の移行期間があって、その間に衣替えをします。この「衣替え」特別支援の子は大変なんですよね。 特別支援あるある。 特別支援学校ので担任していた時は、〇制服の衣替え〇体操服の衣替え親御さんと副担任と担任の私。3人で連携をとりながら、行っていたくらいなんですよ。なぜ特別支援のお子さんは衣替えが苦手なのか。 それは、突然!衣替えの日から、「昨日まで着ていた服はダメ!」ということが納得できない。「何でダメなの?」となります。  なぜなら、衣替えの移行期間があっても、 「昨日と今日、気温が同じじゃないか~」「今日は絶対、半そでの方が良い気温じゃん!」 ↓「何で、昨日までの服がダメなの?」 と大混乱になりますよね。 うちの子は何で衣替えできないの?なぜ自分は衣替えに納得できないの? そんなこと思わなくて大丈夫です。 ちゃんと理由があります。 「前日までよかったことが、今日、突然ダメと言われても、知らんがな!」ですよね。 ホント、その通り!お子さんは好きで、大混乱になっているわけじゃないですよね。 衣替えの時期ですが、 子どもの気持ちに寄りそい、子どもの気持ちを尊重し、衣替えしていきましょう。特別支援や学校、子育てのお悩みお困りごと。ココナラのビデオチャットや電話相談の方でご相
0
13 件中 1 - 13
有料ブログの投稿方法はこちら