絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

1 件中 1 - 1 件表示
カバー画像

多頭飼育の犬同士のケンカは止めるべき?

ワンちゃんを多頭飼育されていると、ワンちゃん同士でケンカが始まってしまうことは多いかと思います。プロレスのような取っ組み合いを見てしまうと心配ですよね。。。では、ワンちゃん同士のケンカは止めるべきでしょうか?どちらかというとケンカを止める必要のないケースの方が多いため、まずは仲裁する必要のないケンカからご紹介していきましょう!ケンカを止める必要がない理由①実は、ワンちゃんのケンカは遊びの延長であることがほとんどです。プロレスのような取っ組み合いに見えても、ワンちゃんにとっては遊びかも知れません。噛み付いているように見えても、甘噛みかも知れません。とくに若いワンちゃん達に多いですが、お互いにじゃれて遊んでいると次第に興奮してしまいケンカのように激しく発展してしまうことがあります。ケンカを止める必要がない理由②また、遊びの範囲を超えたケンカに見えても飼い主のみなさんがすぐに仲裁に入る必要はありません。ケンカが若いワンちゃんの社会化にとっても重要だからです。攻撃を受けている側が許容できる範囲を超えると反撃をします。あるいは突然一喝して攻撃していたワンちゃんを制します。ここで若いワンちゃんは、反撃や一喝を受けることで「やり過ぎのライン」を知ることができます。しかし、飼い主さんがケンカを見るや否や仲裁に入ってしまうと怒られる機会を失い、どこからがやり過ぎてしまっているのか分からなくなってしまいます。ケンカを止めるべきケース一方で、ケンカを止めるべきケースも存在します。お互いにケガをしてしまうほどケンカがエスカレートしてしまった場合です。通常は、遊びの延長であればどちらかがケガをするような
0
1 件中 1 - 1
有料ブログの投稿方法はこちら