絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

【保存版】家づくりの予算を決める13の項目 Part 1

家づくりって決めることが沢山あって、大変ですよね。 これまで多くの家を設計してきましたが、最初のヒアリングで最も重要なのは予算です。 しかし、そんな重要な予算を、細かく想定されていない方が多くみえます。 あなたが提示する予算は、どこまで想定して決められていますか。 あとあと後悔しないために、予算について一緒に考えていきましょう。 家をつくるのにかかる費用として、次の項目が挙げられます。 ① 土地購入費 ② 建築工事費 ③ 設計料 ④ 地盤改良費 ⑤ 外構工事費 ⑥ 植栽工事費 ⑦ 照明器具 ⑧ カーテン・ロールスクリーン ⑨ 空調工事費 ⑩ 上下水道引込工事費 ⑪ 各種申請費 ⑫ 解体工事費 ⑬ 登記費用 Part 1では①土地購入費~⑧カーテン・ロールスクリーンを詳しく説明していきます。
0 500円
カバー画像

家を買う時に実践した方がいい1つの考え方!!…不動産の取引にも「流れ」がある…

最近、仕事をしていて感じることがありまして… それは、業者でもエンドユーザーでも、動いてるなー動いてないなーという、市況の「流れ」を感じるということです。 ハウスメーカーで営業をしていた時、ショールームに来る人が少ないなー、今月は動いてるなーとか、なんとなく人の動きを感じることはありました。 ついこの間までも、なんか市場の雰囲気が静かに感じるな…と思っていたら、ここ新潟県でコロさんの感染者が一気に増えてました。 業者と話していても、家族が感染して家から出れないとか、社員が事務所にいなくて会社から出れないとか、本人が感染、発症してなくても人の流れに影響が出てしまうんですね。 当然、営業マンにとったら、商談のアポイントもなかなか取りづらかったでしょう。 そうなると、不動産会社に来ていた物件への問い合わせも、当然静かになりますよね。 でも、最近思うのは、もっと「大きな」流れの中で左右されてるんじゃ?…ということです。家づくりと経済はつながってる!?当然ですが、「家」は大きな買い物です。 車とか他の物と比べてみても、買うために数千万円もかけなきゃいけないって、なかなかですよね。 しかも、現金で買える人なんてほとんどいないわけで、買う時は30年とか35年とか、途方もない年数の借入期間で住宅ローンを組むわけです。 住宅ローンを含めた資金計画で失敗しないようにするためには、住宅ローンに関する知識や、頭金とか金利のことも勉強しなくてはいけない。 更には、市場や金利に関わる「経済」のことも知っておかないといけないですよね。 でも、けっこうみんな、これをバラバラに見ちゃうんですよ。 家が欲しい ⇒
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら