「勝てればなんでもいいです」

記事
マネー・副業
ご無沙汰しております。すっかり寒くなってきました。
こちらは紅葉シーズンですが、作業タスクが多く、開発とトレーディングに時間を割いておりました。

HFTやアービトラージ、レイテンシーに関する話題などをお話して、昔あった指標トレードなんかもご提案した結果、
「勝てればなんでもいいです」とお話を頂いたのですが、そうですね。勝てればなんでもいいかもしれません。夢のようだ。

多くの時間と熱意をかけてトレードシステムを開発する人もいれば、可能な限りレイテンシを抑制するために、何千万とコストをかけてるひともいます。
勝つのは簡単だけど、勝ち続けるのは難しいと思う派なので、そんじょそこらの努力ではなしえないかも。

マーケットがだいぶ落ち着いてしまいましたね。
為替も指数も、11月の大統領選待ちの様相を呈しています。

イベント待ちってボラがでないわ、イベントも織り込み済みの動きになりがちなので、常時動いてくれる方が嬉しい派。とはいえ相場は水物なので、今の時点での値動きに対処せねば、勝てるものも勝てなくなりますから、そこはうまく切り抜けたいところ。