Facebook広告のコンバージョン設定はイベントマネージャ?カスタムコンバージョン?

記事
ビジネス・マーケティング
Facebook広告の相談をよく受けることがあります。その中で、コンバージョン設定についてお悩みの方が何人かいらっしゃいました。

Facebook広告にはコンバージョンの設定方法として、イベントマネージャからする方法とカスタムコンバージョンでする方法があります。

どちらがより正確にコンバージョンを計測できるかは、ご存知でしょうか?

今回は、Facebook広告のコンバージョン計測については、イベントマネージャが良いのか、カスタムコンバージョンが良いのか、その理由を紹介します。

Facebook広告のコンバージョン設定はイベントマネージャが良い


タイトルを見て、ええ?!と思ったかもしれません。Facebook広告のコンバージョン設定をするとき、カスタムコンバージョンではなく、イベントマネージャからイベント登録をすることをおすすめします。

理由は2つあります。

1つ目は、設定が簡単にできるからです。
イベントマージャから設定するだけでできるので、だれでも簡単に設定することができます。

ページを見ながら設定することができるので、設定に間違いがないんですね。

2つ目は、クッキーの問題でコンバージョンが取れにくくなっているからです。
昨今のブラウザの設定のより、クッキーの取得が難しくなりました。Facebookでも同様です。そのため、従来使っていたカスタムコンバージョンでは、計測できない場面が出てきています。

イベントマージャのピクセルであれば、計測できるので、こちらで設定することをおすすめします。

Facebook広告のイベントマネージャの設定方法について

Facebook広告のコンバージョンを計測する方法は、イベントマネージャから設定することができます。

イベントマネージャのイベントの追加を選択し、ピクセルを選択すると、URLを入力するところが出てきます。

URLには、Facebook広告のピクセルを設定したURLを入力します。

そうすると、指定のページが開きます。

ここで、どこをコンバージョンとして計測するかを設定します。

まとめ

Facebook広告でコンバージョンの設定をする場合は、イベントマネージャから設定するとより正確なコンバージョンを計測することができます。

設定ができないという方は、画面共有しながらサポート致しますので、下記のサービスよりお申込みください。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す