さすがに31,000円前後では下げ止まると思うのだが・・・ 売りが売りを呼ぶ展開に・・・

記事
マネー・副業
 おはようございます。

 今朝は雨が降って昨日以上に涼しい朝となっている。それにしても暑かった夏もようやく終わったということなのだろう。株式市場は世界同時株安という状況で大きく下落しているが、さすがにそろそろ下げ渋りとなるのではないかと思う。懸念材料も多いがこれまでもある程度想定できていた懸念材料であり、改めて売り直さなければならないということでもないのではないかと思う。これまで通り、売られすぎ銘柄、割安銘柄をしっかりと買い下がるということでいいのだろう。

 米国での経済指標の発表などが相次ぐがあまり神経質に反応する必要もないのではないかと思う。スタグフレーション懸念が根強いし、金利上昇での信用収縮、そして日銀の金融緩和の終了なども取りざたされるのだろうし、地政学リスクや中国の景気動向なども気になるということで買えない状況は続くのだろうし、こうなると戻りれば売りというような状況になるのだろう。ただ、割安銘柄がさらに割安となるところまで売られる場合には買い場ということになると思う。

夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物が31,000円を割り込んでおり、さすがにここで下げ渋り、下げ止まり感が出てくると思う。5月に保ち合いとなった水準でもあり、31,000円を挟んでの保ち合いとなるのではないかと思う。

米国株が大幅安となったことで夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物が大きく売られ、本日の日本市場も売り先行となりそうだ。指数に影響の大きな銘柄の空売りも減少しており、買い戻しが入りにくい状況で大きな下落となりそうだ。特に足元で売り急ぐ個別の材料があるということでもないのだが、信用収縮で買われすぎ銘柄から売られるということで大きな下落となるのだろう。売られすぎ銘柄の買いでどこまで下支えとなるかどうかということになる。

詳しくは無料メルマガや無料動画をご覧ください。(売り買いのシグナル銘柄一覧が見られるようになりました)


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す