最後は買戻しもあって高値引け! ほぼ全面高の割には上値重いが・・・ 日経平均も28,000円回復!!

記事
マネー・副業
☆ テクニカル分析 ☆
 日経平均
まだまだ底値固めという域を出ず、底値圏での保ち合いという雰囲気だ。28,500円あたりまでの戻りは期待される。
 ☆ 相場雑感 ☆
 引き続き月初の買いも見られたようだが、本日は東京エレクトロンやファーストリテイリング、ソフトバンクGが下落しただけという感じだった。買われすぎ銘柄が売られるという状況であり、米国での金融緩和の終了を織り込む動きと同じ状況だ。
 ここからは業績相場となる前の調整が続くのだろうし、まずは金融緩和の終了を織り込みにいかなければならないだろう。信用収縮がみられると思うので割高銘柄などが売られるということになりそうだ。新規公開銘柄が多いので小型銘柄などは値動きの悪いものから売られることになるだろう。
 新規公開ラッシュということで塩漬け銘柄の見切り売りなども多くなりそうだ。業績面からみて買われすぎている銘柄は新規公開ラッシュの影響や年末ということ、そして金融緩和の終了を意識してますます買えないということになるだろう。
 買われすぎ銘柄が買えないとなると値動きが悪くなり、値動きが悪いと売られるということになりそうで、日経平均に影響の大きな買われすぎ銘柄の売りが続くことになりそうだ。日経平均の上値は重いということだ。
株式市況解説動画は1日5回配信中です!


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す