【思考の転換を意識する】

記事
学び


日常的スピリチュアル、安田です。

思考することができれば
実行することができるので
現実化されるのですが
どのような思考を
するかなのです。
思考したいことを
思考できれば
何の問題もないのですが
思考したくないことを
思考してしまうので
願わないことを
現実化してしまうのです。
思考を上手くコントロールが
できればよいのですが
現実的な環境の影響もあるので
コントロールができそうで
できない場合があります。
転換教育の中で
最初のネックが
思考の転換なのです。
思考の転換ができれば
葛藤しながらでも
実行することができ
実行することで
感情の転換ができるのです。
思考の転換には
徹底的な学びと
無駄な情報
害になる情報を
入れないことが
必要なのです。
基準が上がる学びをしながら
基準が下がる情報を
入れないことで
思考の転換が
できるようになります。
現実の環境の中では
完全完璧にはできないのですが
思考の転換を意識することで
転換するための歩むが
できるようになります。
現実化したい思考が
できるようになるには
現実化したいことを
徹底的に学びながら
良く洗脳されればいいのです。
「思考は現実化する」
というのは
何となくでも
信じることができるのですが
現実の結果の中では
思考した覚えがないことが
現実化されることがあります。
全ての思考が
現実化されるのではないのですが
無意識の思考によって
無意識の実行をしてしまい
良くも悪くも
現実化させてしまうのです。
思考のコントロールが
できるようになれば
感情がどうであれ
思考した通りの
実行ができるのです。
葛藤することがあっても
行きたい方向に
行くことができるのです。
葛藤は感情が転換されることで
小さくなり、無くなっていきますが
感情の転換には
徹底的な実行が
必要なのです。
簡単に言えば
徹底的な学びと
徹底的な実行ができれば
思考も感情も
転換されるのです。
どんなことを目指すにしても
学びと実行は基本になるのですが
この基本的なことが
できていない人が多いのです。
学びと実行は
一時的、一定期間だけでは
意味がありません。
毎日続けて
積み重ねることによって
転換ができるようになるのです。
思考の転換も
感情の転換も
学びと実行によって
誰でもできるようになるのです。
ある意味
科学的な歩みなので
誰がやっても
同じ結果が出るのです。
ただ理屈の結論は
簡単で、シンプルなのですが
感情に支配されてしまうので
簡単にできないのです。
なので
習慣の力が必要なのです。
ごく小さなことから始めて
習慣の力を身につけることで
葛藤しながらでも
続けることができ
続ける中で
転換ができるようになります。
転換は一気には
できません。
一気に転換しようとすると
リバウンドしてしまい
転換しようとする前よりも
悪化することもあります。
なので
一気に転換しようと
しないでください。
時代の流れ
変化が早いので
何となく煽られるので
焦ってしまうのですが
転換は煽られても
焦られても
一気にはできません。
とくに思考の転換が
ネックになっているので
時間がかかるのです。
思考の転換ができれば
葛藤しながらでも
実行することができるので
感情の転換までは
早くできるようになります。
思考を現実化させるには
思考の転換が必要なのです。

今回も読んで頂きましてありがとうございました。
安田 悌
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す