【転換目的で学んでいる】

記事
学び

日常的スピリチュアル、安田です。

学びには目的が
必要なのですが
転換するために
学んでいるのです。
過去の時代は
情報が少なかったので
他の人よりも
知っていることが多いと
有利に立つことができましたが
今は情報はいくらでも
検索することができるので
知っていることが多いだけでは
有利に立つことはできません。
検索力が弱い
情報弱者の人には
有利に立つことができますが
それでは
発展的な歩みは
できないのです。
今は知っていることを
自慢する時代ではなく
悟っていること
感じていることを
提供する時代なのです。
悟っていることや
感じていることを
提供するためには
転換されている
必要があります。
人の心霊基準が
上がっていくことで
同じようなことを
教えていたとしても
伝えられる場合もあれば
伝えられない場合もあるのです。
心霊で感じる境地というのは
理屈ではないので
感じさせる何かがなければ
感じさせることはできないのです。
教育には目的が
必要なのですが
教育をする人も
教育を受ける人も
転換の目的を持つことで
今の時代に合った
教育ができるのです。
暗記教育時代は
終わっていきます。
これからは
転換教育時代になり
転換目的で
教育するようになり
教育されるようになります。
転換というのは
一気にはできないので
積み重ねが必要なのですが
積み重ねる歩みをするために
習慣の力が必要なのです。
転換と言っても
気合い、根性、意志の力で
無理に転換するのではなく
自然に転換ができるような
仕組みや環境をつくる
工夫ができるように
導ける教育が必要なのです。
転換する努力は
一人一人でやるしかないのですが
転換する努力ができるように
導ける教育が求められるのです。
時代に合った
教育をしていかないと
教育されればされるほど
時代遅れになり
合わなくなってしまうのです。
転換するために
学んでいるとなると
転換されていなければ
学びの必要性を感じられるのです。
できないこと
できそうもないことを
繰り返し学び続けることで
脳と意識が転換されて
実行することができ
実行することで
感情が転換されるのです。
脳と意識の転換ができれば
実行することができるので
感情の転換までは
早くできるのです。
どんなことでも
最初の一点突破が大変なのです。
一点突破ができれば
その後はスムーズに
事が進んでいきます。
できないこと
できそうもないことを
できるようになるまで
繰り返し学ぶことで
転換することができるのです。
今の時代は多くのことを
バランスよく学ぶのではなく
極論、一つのことを
極端に学ぶことで
転換につながる学びが
できるようになります。
現実的には
一つのことだけを
学ぶというのは
簡単ではないのですが
意識的には
一つのことに集中して
学ぶようにしてください。
転換というのは
バランスを崩すことで
できるようになるのです。
バランスを取ろうとすると
中途半端になってしまい
何一つ極めることが
できなくなります。
転換することを
目的にしていくことで
今何を学ぶべきなのかが
自然に分かるようになります。
そして、学ぶべきことに
集中することができ
投入することができます。

今回も読んで頂きましてありがとうございました。
安田 悌
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す