実績なしでも簡単に情報提供&コンテンツを作る方法

記事
ビジネス・マーケティング
これから起業しようとしている人
もしくはすでに起業しているけれどなかなか実績が作れないから
情報提供や、コンテンツを作ることができません

そんな人の悩みをよく聞きます。

集客をするのにもはや
情報提供 GIVEは当たり前になってきました
ビジネスにおいて必須なのに

じゃあゼロベースの人はどうすればいいのでしょうか?
簡単です。

実績を作ることです!!

と言っても、集客もできないのに
実績を作ることなんてできないでしょ?
と思った人も多いはず。

実績と言っても、例えば、ブログをかく
動画を作るなどでもなんでもいいのです。

ここでいう実績はアウトプットのことでもいいのです。
どんなに今、活躍をしている人も
最初はゼロです。

そして、ここで最初に伝えておきたいのは
実績を作ってからアウトプットするのは
帰って良くないということです。

多くの人は、有名で活躍している人がアウトプットをして
いる様子を見ると、この人は、こうやって
実績をあげて経験をしているから
アウトプットができるのだなと思います。

ところが違うのです、よく見ると
例えば、昔の動画を見たり
もしくは。昔やっていたブログを見たりすると
しっかりとやっているのです。それでいて、

ひょっとしたら
今では考えられないくらい
「ヘタクソ」かもしれません。

そうなんです、有名な人でもやっぱり下手な
時代がかならずあります。

もし、あなたが、全く知らない人が
実績を見せてこれだけの効果が期待できますとなったらどうでしょうか?

よく動画や、コマーシャルでこんなのありませんか?
たった2週間で痩せた。たった数ヶ月でお金もち

こんな広告
であなたがいうことは次の一言でしょう

「怪しい。。。。」

そうなんです、
怪しい、本当?嘘っぽいとなるわけです。

そう、実績ができてから
いろいろアウトプットをしていくと怪しくなるのです。

とはいえ、実績もないのにどんな内容をアウトプット
情報提供をしていけばいいの?

その方法は次の3つです

①これからやっていくこと、すでにやっていること



あなたがすでに今チャレンジして取り組んでいることがあれば
包み隠さずに、アウトプットをしていきます。

失敗も含め、うまく行ったことを含めです。
その中で、その内容を読んでいる人に向けて

学びにつながる教訓や、あなたが気がついたことをシェアをする
これをすることで、相手にとっては、ありがたい情報なのです、

なぜなら、同じようにこれからやっていこうと思っている
人にとっては
転ばぬ先の杖」になるから
あなたが代わりに失敗や成功例を出してくれたから道ができた
と思ってくれるのです。

②あなたが情報を得たものの学びや気づきのシェアをする


あなたがインプットしたもの、例えば本などで、学んだもの
をあなたなりの解釈、フィルターを通すことで
あなたの世界観を保ちながら

それを読んだり、聞いたり、見たりした人が
学びや気づきを得られるものです。


例えば
よくあるもので、有名芸能人がやっている
本の内容をわかりやすく説明しているものや
池上彰さんのような、わかりやすいニュースの情報などがそれにあたります

これは相手がなかなか理解に苦しむようなものをわかりやすく
まとめて整理したりすることで
相手にストレスなく学びを与えることができるありがたい存在
になることができます


③身近な人の悩みを解決をする

いきなり、誰かの悩みを解決しようとすると
心のハードルが高くなります。

しかし、友人や家族、仕事の人などの悩みであれば
気軽に聞いて、解決できることもあるはず

インターネットの世界では同じような悩みを持っている
必ず人がいます。
あなたが今まで解決できたことをコンテンツとして発信すればいいのです。

まだという人は
過去のあなたでもOKです、。
乗り越えたこと、克服してきたことでも同じことが言えます。


最後に大事なことを踏まえてわかりやすく動画にしています
こちらもご視聴ください。







サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す