サービスを探す

プロとして通用する小説の書き方のコツをお教えします

プロの作家として書くために(初級編)。

販売実績:15
現在お願い中:0 残り受付枠:10 お届けまで:3日(予定)/1日以内(実績)
10,000

100ポイント(1%)獲得

サービス内容

小説の書き方は自由なようにみえて、実は一定のルールがあります。
このルールを守るだけで、ぐっと好感度が高まります。
特に、公募作品などは、ルールが守られていないと、内容がよくても一次予選も通過しない、といった悲劇が起こります。

初級編では、次の3つの項目に沿って学びます。

①まず小説とは何か? 絶対に犯してはいけないNG集

②魅力的なキャラの立て方と理想的な登場人物の配置の仕方

③舞台設定の重要性と意表を突くストーリーの組み方

具体的には、こちらがテキストを提示し、質疑応答を重ねるという内容になります。
期間としてはおおよそ一ヶ月の指導となります。

読ませる文章やプロット立てなどのコツをマンツーマンで納得するまで、お教えします。

有料オプション

このサービスには、10,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

エラそうに高所に立った考えを押し付けるのではなく、いい小説とは何かを一緒に考えていきたいと思っています。



一言PR

とにかく、書くこと。書き続けることが、文章の上達につながります。

よくある質問

①の項目の内容が大ざっぱで分かりにくい。
補足します。

個人の楽しみとして書いているのであれば問題はありませんが、楽しみの延長線上として書いている限りプロとしては通用しません。この辺りの事情を勘違いしている人が多いため、敢えてこの項目を設けました。また、少しの心掛けで治るNGを犯しているため、一次選考通過すら逃している人が多いので、注意事項を述べました。
プロってなに? あんたは、いったい何者?
現代では、「自称小説家」を含め、インターネット小説などで1円でも稼げば「小説家」と名乗っている人が多くいます。いっぽうで、筆だけで暮らして行けるプロの小説家は、小説家全体の中で一割にも満たないと言われています。上田秀人さんのように歯医者を続けながら売れっ子作家である人もいるし、プロの定義は難しいのですが、①大手の新人賞を受賞し、小説を発表している②コンスタントに作品を名のある出版社から発表している、というところになると思います。
このうち、わたしは①のほうです。
小説の書き方は、市販されている本や無料のインターネットでも得られる。それらと何が違うのか?
本はまだしも、インターネットの情報は玉石混交です。平気で本当のような嘘が書かれていることもまま見受けられます。あふれるほどの情報から、何が自分に適しているのか見つけ出すのは非常に困難だと感じています。
その点、このサービスでは私が、あなたに必要な情報をチョイスし、不明点は質問できるので、その点が全く違います。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス