サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
この出品者は最終ログインから時間が経っています。

ドローン事業者必携の年間パス「包括申請」手引します

1年間いつどこで飛ばすもOK!包括申請マニュアル完全版を提供

販売実績:0 残り:6枠(お願い中:0人)
  1. お届け日数 3日(予定)

サービス内容

このサービスの「包括申請」とは、1年間、国土交通省の許可が得られる状態にするための申請手引書(マニュアル)のDL提供になります。

ですから、ドローンスクールに通わなくても、ドローンを持っているなら、あなたもドローンパイロットとして、事業者として、副業にできるかもしれません。

例えば、出先に持参していた「ドローン」を見た人に、飛ばしてみせてほしいとせがまれた時に、「直ぐに飛ばせる許可はあるのですが事業者なので、無料では飛行させられない」旨を伝えれば、いくらかの収入を見込めるかもしれません。

*「趣味」での包括申請はできません。必ず業務として申請する必要があります。

2015年、航空法が改正され、ドローン(無人機)を飛行させる空域および飛行の方法などのルールが制定されました。

要するに、ドローンの飛行が規制される空域や時間帯には 国土交通省の許可が必要となりました。
そして、国土交通省の許可が得られる状態にするためには「包括申請」の必要があります。

許可は、意外と簡単に取れてしまうのですが、「包括申請」という単語が出てきます。

この「包括申請」とは、1年間、国土交通省の許可が得られる状態にするための申請を指し、通常の国土交通省の許可は、一時的に「◯月◯日に○○のルートで飛ばす」というもので、その都度事前に申請しなければなりません。かなりの手間を要します。

しかし「包括申請」では1年間、どこで飛ばしてもよいため、頻繁にドローンを飛ばす人には必須の許可となります。

すべて読む

購入にあたってのお願い

機体スペックの高低は別としても、安全にドローンを操作できるレベルは必須です。

すべて読む

関連サービス