株式投資必勝のトレンドラインを教えます

勝率を上げたい株式投資初心者が身に着けるべき手法

評価
-
販売実績
0
残り
10枠 / お願い中:0
株式投資必勝のトレンドラインを教えます 勝率を上げたい株式投資初心者が身に着けるべき手法 イメージ1
提供形式
PDF・各種定型ファイル
お届け日数
2日(予定)

サービス内容

新NISAが始まり、株式投資初心者が増えています。 しかし、買う銘柄やタイミング、その根拠が分からず、買えないままでいる投資家は少なくありません。 ずばり結論を申し上げると、トレンドラインの手法を身に着けることこそ、株式投資初心者が勝てる投資家になる唯一無二の方法です。 世界中に無数の個人投資家がおりますが、パーフェクトな個人投資家はいません。 少なくとも3年以上株式投資を続けている個人投資家であれば、狙う銘柄のタイプや買う根拠を持っています。(場当たり的な投資家は1年以内に退場しているでしょう) トレンドラインは買う根拠になる手法であり、そのトレンドラインを頼りにして、エントリーする個人投資家もまた多いのです。 だからこそ、株価がトレンドライン近辺に差し掛かると、トレンドラインを意識した動きになりやすく、それを習得している個人投資家の勝率が上がりやすいのです。 しかし、悲しかな「ダマシ」というものもあります。 下落傾向の株価がトレンドラインに近づいたので、そろそろ上がるだろうと思い買っても、そのトレンドラインを株価が割り、継続下落してしまうケースです。 なぜそういうケースがあるのかと言えば、ヘッジファンドや機関投資家等の莫大な資金を運用する投資家が買い注文が増えたのをチャンスと見て、信用取引で売り注文を出してくるのです。 それにより、株価が下がり、含み損を抱えた個人投資家は売り注文を出します。 そして、待ってましたと言わんばかりに、ヘッジファンド等が今度は買い上げてくるのです。 そして、結果的に株価ローソク足は長い下ひげの陰線でトレンドラインで下げ止まった状態になり、次のローソク足では陽線が続くといったこともあったりします。 このサービスでは、実際に私が買った銘柄のチャートや、買ったタイミング、その理由等が説明されております。 過去2024年の取引事例も豊富に掲載しております。 必ずやお役に立てると信じております。 株式投資を始めた時、私はトレンドラインを知りませんでした。 以前にデイトレをしていたことがり、移動平均線等のテクニカル手法は知っていましたし、Youtubeやラジオで学んだりもしましたが、うまく行きませんでした。 しかし、トレンドラインを学んでから、それが必勝法だと確信に至りました。 ぜひ、トレンドラインを学び、勝てる投資家になって下さい!

購入にあたってのお願い

当サービスは長期保有で年20%の含み益を目指す個人投資家にご満足いただける内容になっています。 短期・急騰の銘柄を探す等の方のご購入はお控えされることをお勧めします。 勿論、私の経験で急騰した株はいくつもありましたが、それは飽くまで結果論と考えております。 投資資金ですが、最低30万円ご用意されることをお勧めします。(現金も同額で) 当サービスは、一つの銘柄に絞るのでなく、複数銘柄を保有することで勝率が上がると考えています。 保有銘柄が多ければ多いほど、リスク分散ができ、心に余裕ができます。 その結果、一喜一憂での売買がなくなり、株式投資が楽しくなります。 また、ページ数に対し高額に思わる方がおられるかも知れません。 しかし、私がトライ&エラーを繰り返し体得したノウハウを凝縮して説明したサービスです。 ここまで辿り着くには、相応の授業料(損切・含み損)を払ってきました。 何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。