取材・インタビュー(不動産)

取材の代行やインタビューの実施、まとめ記事の作成など、すべてオンラインでお願いできます。全国のライターが登録しているため、遠方への取材やインタビューもお気軽に依頼可能。また、電話取材を代行してくれる方やビデオチャットを使ったビデオ取材も可能ですので、ぜひ依頼してみてはいかがでしょうか。まずは無料で会員登録。

6 件中 1 - 6 件表示
6 件中 1 - 6

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

450種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

取材・インタビュー(不動産)の評価・感想

2023-05-29 15:06:29
inc unlimited
by inc unlimited
とても柔らかい方なので、どなたでも安心して話せると思います。 初めてインタビューを受けましたが、話の汲み取り方や引き出し方がとても上手いので、スラスラと話せました。 納品物も非常にいいので、おすすめできます!
2023-05-23 0:28:40
横・山・
by 横・山・
3人組ユーチューバーをインタビューした録音データから、インタビュー原稿を作成していただきました。 音声だけでは誰が話しているのかわかりにくく、キャラクターも捉えにくかったと思いますが、取材時の面白さを思い出す高いクオリティの原稿に仕上げていただきました。 また、締め切りよりもはるかに早くいただき、追加の修正等もなくスムーズに進めることができました。ありがとうございました。 次回もぜひお願いしたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2023-03-29 16:51:19
女性
by 女性
とても丁寧なご対応で、最後まで安心してやり取りが出来ました。 利用自体が初めてだったので、こちらに至らぬ点も多かったのですが、 ご依頼から納品までスムーズに行えて大満足です。 また機会がありましたら、よろしくお願いいたします!
2023-02-18 0:50:42
nkrayu0627
by nkrayu0627
伝えたい事を、伝わる形に変えて下さるプロです。 世の中に、わかりづらいインタビュー記事が多い中で、1つの記事から背景を分かりやすく想像させてくれる文章、読み手がどんな心づもりで読めば良いか明確で、読み終わった時に心に残る文章です。納期もきっちり叶えて下さり、終始、安心できました。大変にありがとうございました。
2023-02-06 16:28:11
すー のん
by すー のん
終始丁寧なご対応を戴き、安心しておまかせ出来ました。 インタビューの際の柔らかで話しやすい雰囲気に加え、作品世界に深く寄り添い、巧みな文章力で依頼に応えて戴きました。 インタビュアーとしてもライターとしても、素晴らしい技能をお持ちでいらっしゃいます。 また次の機会も宜しくお願い申し上げます(^^)

直近で購入されたサービス

「海外ビューティー系サイトに口コミ記事を掲載します by ミニー3588 ミニー3588 」が購入されました。

取材・インタビューを依頼するならココナラ

近年では、自分の会社をPRする際にテレビだけではなく、ブログなどと言った媒体を利用する人が増えてきました。また、SNSの飛躍的な普及に伴い「テレビより早く伝えたい」という情報を簡単に伝えられるようになっています。しかし、そのような「簡単に伝えられ、見られる」という形態だからこそ、周りとの差をつけにくくなっているのが現状です。さらに、取材・インタビューの目的が新作商品へのPRなどにつなげたいときには、誰かに見られないと取材・インタビューの時間自体を無駄にしてしまいます。最近では、企業をする方も増加していることから「自分の会社を知ってほしい」という方も増えているので、取材・インタビューのデメリットが顕著に出てしまうと、今後の展開にも大きな影響を与えてしまうこともあります。

そのようなデメリットを少しでも無くすためには、ココナラで取材・インタビューのプロに頼むことがオススメです。プロに頼むことで「目的・伝えたいユーザー」を的確に捉えることができ、当事者たちでは気がつかなかったユーザー目線での疑問点も、取材・インタビューのプロによって引き出されていきます。

<目次>
1:取材・インタビューとは?
2:取材・インタビューの流れ
3:取材・インタビューの成功に欠かせないポイント
4:取材・インタビューをココナラで依頼するメリット
5:取材・インタビューをココナラで依頼する方法

取材・インタビューとは?

「取材」と「インタビュー」の意味をイメージしても、言い方を変えただけと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、この2つの意味を履き違えてしまうことで、依頼者から受けた際の準備も大きく変わっていきます。

◯取材とは?
取材とは、何かイメージしている制作物などのために「材料」となるものを人から聞き出して集めていくことを指します。取材の「材料」をわかりやすくいうと、ニュースなどが挙げられます。ニュースは、特定の物事を伝えるために近隣の住民や常連さんなどに話を聞いて、情報を集めていきます。特に、ゴールデンウィークのニュースや事件などがそれに該当しています。

◯インタビューとは?
一方で、インタビューとは、特定の個人。つまり、依頼者に質疑応答をしながら情報を集めて、さらに深堀をしていくことです。そのため、取材のように「これを完成させたい!」というゴールが決まっておらず、依頼者の方にいろいろなことを聞き出していくスキルが必要になっていきます。

このように、些細な違いから「取材」「インタビュー」の意味が分かれているのです。イメージ的には、取材という方法の1つにインタビューが属している形となっています。また、取材ではゴールが決まっているため、何を聞き出せばいいのかをイメージすることができます。しかし、インタビューでは、自らが「何を聞けばいいのか」とリストアップをしてリサーチしていき、知りたいことを決めておく必要があるのです。ただ、取材・インタビューのどちらもブログなどの媒体で公表することが多く、その公表するタイミングに合わせて「新作の発表」などを行うことが一般的です。そのため、企業の特徴や想いだけではなく

● 特色
● 人柄
● ユーザーが気になる点

など、しっかりと構成を立ててから聞き取ることは共通しています。

取材・インタビューの流れ

ココナラを利用して、取材・インタビューが完成するまでの全体的な流れは以下の通りです。

1.事前に「どんな内容」で「着地点は、どのようにしたいのか」のすり合わせを行う
2.基本の支払い金額にプラスして、オプションが必要かどうかを話し合っていく
3.全てのすり合わせが完了したら、サービスを購入していく
4.トークルームが開いたのを確認し、出品者に必要な「取材・インタビュー内容」などを、再度添付する
5.正式な納品日程を再度確認する
6.ビデオチャットで、取材を行う
7.仮納品の確認を行なっていく
8.もっと文字を増やしたい場合など、相談していく
9.修正による別途費用はないか確認する
10.データ納品をしてもらう(Word・テキスト・Googleドキュメント・PDF)

「⑧もっと文字を増やしたい場合など、相談していく」ときには、基本的に有料オプションとなることが多いので注意しましょう。また、追加で作業をお願いする場合は、その時点で料金を先払いすることが条件になっている場合があります。納品後の修正を行なっている方もいますが、別途の料金がかかってくるため、サービスを購入する前にしっかりと疑問点・不安点を解消しておきましょう。

特に、取材・インタビューでは、その場のヒアリングが大切になってくるので、修正をお願いするときにも「どのように・着地点はどうするか」や「追加して欲しい情報提供」を詳しく添付することが大切です。あまりにも曖昧な表現やその場の雰囲気感でしか書くことができないものは、難しいと表記されているものもあるので確認することがオススメです。

取材・インタビューの成功に欠かせないポイント

ココナラで初めて取材・インタビューを依頼する際、依頼する側もその概要を知っておくことでより良い取材・インタビューが仕上がります。そこで、ここからは「取材・インタビューの準備」と「取材・インタビューのやり方」について、ご紹介していきます。

1.インタビュー・取材の進め方【準備編】
取材・インタビューを行う際にも、事前準備が必要となります。なぜなら、事前の準備を行わなかったことで、グダグタと取材・インタビュー時間を伸ばしてしまったり、最終的に「何が伝えたいことなのか、分からなかった」という事態が起きてしまうからです。事前準備に必要なものとして、以下のようなものが挙げられます。

・取材・インタビュー相手について、知ること
・取材する名目を決めておく
・取材する内容を相手に提出する
・取材する名目を書いたシートを共有
・必要な画像などを準備しておく

詳しく説明していきます。

<準備編:インタビュー相手について、知ること>
取材・インタビューと聞くと「相手の話を一方的に聞く」思いがちですが、取材・インタビュー相手のことを知ることで、こちらから質問をすることができます。また、相手のことを知っていれば、より深い質問を聞くことができるため「質の高い納品物」を納めることも可能です。

一般的に、事前に聞いておくことは「肩書や活動内容」「目指したいものなど」「その他の伝えたいこと」などが挙げられます。人物を事前に知っているだけでも、仕事面での情報や興味がある分野など、質問の幅を広げることもできます。

<準備編:取材する名目を決めておく>
取材・インタビューをする際には「何を聞くか」「どのような順番にするか」を決めておくことで、スムーズに取材・インタビューをすることができます。また、執筆に取り掛かる際に目的などを準備して書いておけば「なんだったっけ…」となることも防ぐことが可能です。依頼者によっては、投稿する媒体が違ってくるため書き方も異なってくるため、確認することが大切です。インタビュー後から見直しても「自分が理解できる」方法で、取材・インタビューの名目を決めておくことで、お互いの時間を無駄にすることなく気持ちのいい取引を行うことができます。一般的に、準備する段階での内容は以下の通りです。

・取材・インタビューをする目的
・掲載媒体
・取材する時間帯やその他の決め事

最低でも上記の3つを書いておくことで、自分が見直したときにも分かりやすくなります。また、執筆が滞ってしまった時でも取材・インタビューをしたときのイメージがしやすくなるなどのメリットも存在します。さらに、過去に同じような取材・インタビューをした実績がある場合には、事前にどんな流れで行われたのかを依頼者の方に話すことで、よりスムーズに進めることが可能です。そのため、時間がかかる取材・インタビューの場合は、積極的に利用していきましょう。

<準備編:取材する内容を相手に提出する>
依頼する内容をイメージして書き込むことができたら、取材・インタビューをする依頼書を書いていきます。これは、依頼者の方に向けての依頼書となりますので、丁寧に書いていきましょう。その中でも重要になる内容は以下の通りです。

・目的の齟齬がないように確認する
・趣旨や媒体の掲載を確認する
・依頼者の方の活動内容の確認

依頼者によっては、初めて取材・インタビューを受けるのが初めての方も多いため、事前に「何を質問するのか」を添付することがオススメです。この依頼書があることで、依頼者の方も安心してビデオチャットの際にスムーズに答えることができます。

<準備編:取材する名目を書いたシートを共有>
提出した後、取材・インタビューする当日に改めてシートの共有を行っていきます。ここの段階で、より深い質問を引き出せるように質問を増やしておきます。前段階で「質問内容に問題がない」とされているものでも、当日では「やっぱり答えられない」という場合も...。また、前段階ではなかった質問内容も増えている可能性もあるため、事前にお互いが確認できるようにしておくことがオススメです。

<準備編:必要な画像などを準備しておく>
依頼者の方によっては「画像もつけて欲しい」などのオプションを頼んでくれる方もいます。そのため、取材・インタビューシートを共有した際に写真も共有しておくことで、内容とのイメージがずれていないか確認しておくことが大切です。また、アポの時間がズレたときの対処方法もすり合わせを行っておくこともオススメです。

2.インタビュー・取材のやり方【当日編】
事前の準備も大変ですが、当日の進め方も細かく決めておくことが大切です。当日準備に必要なものとして、以下のようなものが挙げられます。

・取材・インタビュー時間の目安
・依頼者の方の緊張をほぐす

詳しく説明していきます。

<当日編:取材・インタビューの時間を決める>
あまり少ないですが、依頼者の方の中には「急用が入って…」という方もいます。そのため、事前準備だけではなく、当日にも取材・インタビュー時間を確認することがオススメです。例えば、通常なら30分程度かかる取材・インタビュー時間が、10分しか取れなかった場合。30分で作っている取材・インタビュー依頼書を見ながら「どこが大切なのか」「ここを聞き出せば、もう少し深い話を聞ける」箇所を決めておくことが大切です。

一般的な取材・インタビュー時間は、30分から1時間前後とされています。ココナラの場合には、最低でも10分、最長で75分前後となっているため「平均時間」の把握もしておきましょう。

<当日編:依頼者の方の緊張をほぐす>
取材・インタビューをする方も緊張してしまいますが、取材・インタビューされる側もかなり緊張をしてしまいます。そのため、緊張をほぐしてあげるのも取材・インタビューをする側の仕事なのです。緊張状態の中でいきなり質問をしてしまうと、用意していても答えることができなかったり、思いついたことを喋れなかったりします。そこで、内容に入る前に「何気ない季節のネタ」や「仕事に関するネタ」など、相手の緊張をほぐしながら、相手の喋りが乗ってくるのを待ちましょう。また、本当の内容と前置きをハッキリとしておくことで、本題に入る際のメリハリにも役に立ちます。

3.インタビューをするときのコツとは?
取材・インタビューをする際にも質問項目だけを聞けばいいのではなく

・相手に伝わりやすいように
・すぐに答えられる質問内容
・難しい単語を使わない

このようなルールをしっかりと守りながら進めていく必要があります。その他の注意点は、以下の通りです。

・追加質問もしていく
・相手の話に頷きながら集中する
・2つの質問形式を利用していく
・答えにくい質問を避ける

詳しく解説していきます。
<コツ①追加質問もしていく>
基本的に取材・インタビューは、事前に共有しているシートの通りに進めていきます。シートを準備しておけば質問を考える必要もないため、スムーズに進めることがメリットです。しかし、場合によっては、回答を得られた場合に「もっと詳しく聞く」「疑問を投げかけてみる」ことも大切です。なぜなら、取材・インタビューをする側が「気になる」という箇所は、基本的に読者が気になっている部分でもあるからです。また「話題に出てきたから、順番を変える」というのも重要で、違う質問を間に挟んだ後に2つ前の質問にかかるようなことを言ってしまうと、答え方や同じ説明をしなくてはいけないときがあります。このような臨機応変にできるのも、取材・インタビューするときのコツです。

<コツ②相手の話に頷きながら集中する>
取材・インタビューをしていると、ついメモを取ることに集中してしまいます。しかし、メモを取るよりも「相手の話に集中する」「うなづいていく」などをしていくことで、依頼者の方が話しやすい環境を作り出すことができます。相槌などを打つことを「アクティブリスニング」と呼びますが、これをするだけでもアクティブリスニングする側も相手に興味を持つことが可能です。そのため、メモをするよりも録音に切り替えながら、その場の空気感ごと記録しておくことがオススメです。

<コツ③2つの質問形式を利用していく>
取材・インタビューする方は、常に「オープンクエスチョン」と「クローズドクエスチョン」を意識することがオススメです。この2つを意識すれば、質問などをしやすくなるほか、自然と相手から情報を引き出すことができます。また、相手に不快を感じさせない質問形式をとることが可能です。

オープンクエッションとは、決まったことを求めずに「○○さんは、どう感じますか?」などを指します。一方で、クローズドクエスチョンとは原手して質問をしていき「AとBどちらですか?」などの2択で答えを求めることを指します。オープンクエスチョンは一般的に使われていますが、事実関係を確認したいときにはクローズドクエスチョンを使うことが多いでしょう。

<コツ④答えにくい質問を避ける>
取材・インタビューを行っている最中に「いや…」「その…」などが多くなる場面も存在します。このような場合は、相手が答えづらいと感じていたり、あまり答えたくない話題を振っている可能性があります。特に、今まで順調に話してた方が口ごもるような動作を見せた場合に、あまり突っ込んでしまうと気分を損ねてしまうこともあるため、注意が必要です。そのようにならないためにも、しっかりと相手の反応を確認しながら質問を行っていきましょう。取材・インタビューの依頼シート通りに行っていても、前述したように「途中で疑問点が浮かぶ」ことがよくあります。また、「自分の感情を整理している」「言葉選びに困っている」という方も、口籠ってしまいます。そのため、助け舟として「〇〇って感じでしょうか?」と聞くこともオススメです。

取材・インタビューをココナラで依頼するメリット

1:自分だけの本格的な内容を作ることができる
取材・インタビューを自分で考えるときには「何かを参考にする」ことがほとんどです。そのため、同じジャンルの取材・インタビュー記事とあまり変わらないようになってしまいます。内容があまり変わらないと「読まれない記事」となるだけではなく、周りとの差をつけることができません。そこで、プロにお願いすることで今までにはない質問の切り口や当たり前と思っていた情報をより詳しく深掘りしてくれたりしてくれます。こうした質問が繰り返されれば、会社の特徴だけではなく、特色や人柄なども感じさせることができる内容に変化させることができます。

2:自分の悩みを素早く解決できる
取材・インタビューに重要なのは「深掘りしてくれる質問」「自分の思いを汲み取ってくれるか」のため、一人で考えるのは厳しいものがあります。例えば、一人で質問を考えて答えたとしても「見た人が気になる箇所」が分からなかったり、「自分の思いを書きすぎて共感されない」など、デメリットが多くなってしまいます。そこで、取材・インタビューのプロにお願いすることで、ユーザー目線で質問項目を考えてくれるため、ユーザーの興味を引く取材・インタビューを受けることができます。また、自分では当たり前に使っていた単語が「実はユーザーに理解されづらいものだった」という新たな知見を得ることができます。このように、個人的に取り組んでいくと質問と答えを考えるのに、膨大な時間がかかる取材・インタビューですが、その道のプロに頼むことで「質問内容+a」を得ることができるのです。

3:リーズナブルな値段で発注ができる
取材・インタビューを外注する際には、平均で5万円前後と言われています。しかし、ココナラでのサービスによって、2万円前後や文字単価10〜50円前後で取材・インタビューをプロに依頼することができます。また、取材・インタビューのプラスアルファとして必要とされている

・写真
・アポの日程調整
・場所とり
・追加時間

このようなプラスアルファが付いているサービスも存在します。また、ブログ記事の執筆も行っている方もいるため「そのままブログに投稿したい」という方にとっても非常にお得となっています。ココナラ以外で頼んでしまうと、上記のようなプラス要素を追加することで金額が加算されていきますが、一定価格で依頼でき、安心取引できるのもココナラで依頼するメリットの1つです。

4:ココナラの仲介で安心取引
ココナラでは、お金のトラブルを防ぐために購入・販売まで全てココナラが仲介してくれます。そのため、最後まで安全に取引をすることができます。また、購入したサービスを利用中にトラブルがあった場合にも、トークルームから「ヘルプで疑問を解決する」「運営に問い合わせる」などの365日の運営サポートがあるため、安心して依頼をすることが可能です。

取材・インタビューをココナラで依頼する方法

取材・インタビューをココナラで依頼する際には、依頼の全体的な流れや事前に用意しておくものを分かっていることで、スムーズにやりとりを行うことができます。

1:ココナラで依頼する人を探す
検索ボックスやカテゴリ選択から、自分が求めている依頼する人(出品者)を探しましょう。以下にある絞り込み機能を使っていくことで、さらに求めている依頼する人(出品者)を探すことができます。

<絞り込み機能一覧>

・ランク
・金額
・基本内容
・基本対応範囲
・お届け日数
・手法
・スタイル

また、疑問点・不安点などの質問があれば、サービスを購入する前に依頼する人(出品者)と直接やりとりすることができます。

<コピペOK!依頼文のテンプレ>
具体的には、納期・料金・画像の有無・企業情報など不明な点を相談していきましょう。

(例) ○○(イメージ)を考えており、〇〇様にぜひお願いしたいと考えております。お届け予定日数には○日との記載がありますが、できれば○月○日までにご対応していただけることは可能でしょうか。 また、○○(オプションに書かれているもの以外)もお願いしたいと思いますが、その際のお値段などを詳しくお聞きしたいです。よろしくお願いいたします。

また、企業情報を見てもらい対応できるジャンルかも確認しておくことが必須です。

2:サービスを購入する
依頼する人(出品者)を決めることができたら、出品者の指定サービスをクレジットカードなどで事前に決済をしていきます。クーポンなどの利用がある場合は、きちんと購入する前に選択しているか確認しておきましょう。

3:依頼する
サービスを購入した後、トークルームと呼ばれるサービスを基にしたチャットスペースを利用できます。メッセージは、サービス購入前のすり合わせなどに使われていくので、しっかりとトークルームか確認してから、依頼内容を細かくすり合わせしていきます。

<事前に用意しておくといいもの>
・自分の情報
・企業情報
・ 掲載する媒体のURL
・画像サイズや枚数
・取材・インタビューのイメージ

<分かっていれれば、決めておくといいもの>
・目的
・ ターゲット
・画像の有無
・対象のサイトURL
・納品データ形式
・ご希望の納品日
・オプションで頼みたいもの
・デザインイメージの参考
・ページに掲載したい内容

4:正式な納品を確認する
何度かすり合わせを行った後、出品者の方から正式な納品物が送られてきます。しっかりと自分の要望通りになっているかを確認した後「承諾」を選択していきます。このときに、送られてきた納品物が予想と反していた場合には「差し戻し」を選択し、出品者の方にどこを改善して欲しいのか伝えていきましょう。

5:評価を入力する
無事に納品を確認した後は、購入したサービスの評価・感想を入力していきます。全体の評価(総合評価)は全部で5段階あり、出品者には総合評価のみ公開されます。ただ、細かな評価「要望の分かりやすさ・コミュニケーション・納期/スケジュール」も入力することができるため、自分の中でのサービス評価をつけることが可能です。

基本的な全体の流れは、たった5ステップですますことができるため、プロの手によって短時間でホームページが生まれ変わります。ココナラでは、新規会員登録(無料)で300割引クーポンをプレゼント中。ぜひ、この機会にご利用してみてください。

<ココナラとは?>
ココナラとは、ビジネスからプライベート利用まで「知識・スキル」を気軽に売り買いすることができる日本最大級のスキルマーケットです。専門のプロが集結していることから、悩みをすぐに解決することもできます。

1:さまざまなサービスを比較できる
ココナラは、200種類以上のカテゴリからサービスを簡単に比較することができます。納品形式〜デザインジャンルなどの細かな提供方法も比較することができ、プロフィールの情報と評価からも比較することで、サービスをお得に利用することが可能です。

2:時間に縛られず、オンラインで完結
サービス提供や細かなやり取りまで、全てオンライン上で済ますことができます。また、サービス形式も「テキスト・ビデオチャット・電話・コンテンツ」と幅広い対応ができるため、時間や場所を気にせずに利用することが可能です。

3:365日サポートで安心・安全
初めてココナラを利用する方の不安要素となる「お金のやり取り」は、購入・販売まで全てココナラが仲介するため、安心して利用することができます。また、何かトラブルがあった際にも365日運営でのサポートを利用することが可能です。

<ココナラの購入者ができること>
1:出品サービスの購入
200種類以上の出品サービスを比較しながら、自分の悩みに沿ったサービスを購入することができます。購入時の決済手段は、以下の通りです。

・クレジットカード
・キャリア決済
・コンビニ決済
・電子マネー(Bit Cashのみ)
・銀行振込
・こんど払い(1ヶ月分お支払いを翌月に)
・ポイント(1ポイント1円)
・ココナラコイン
・請求書払い(Paid)
・Apple Pay
2:見積り依頼

出品者のプロフィールやサービス情報をもとに、自分が依頼したい内容と比較しながら購入前にメッセージで見積もり依頼やカスタマイズ相談をすることができます。細かなすり合わせの打ち合わせのほかにも、イメージの錯誤を購入前に防ぐことができるため、気になる点がある場合は相談するようにしましょう。

3:提案を募集する
出品されているサービスを見ても、自分が欲しい内容が見つからないときや探す手間を省きたいときには、仕事の依頼内容を投稿することができます。投稿期限も選択することができ、仕事の依頼内容を細かく書くほど自分に合った提案をもらうことが可能です。また、購入者側がフォローできる場合には「初心者OK」などを選択することで、より多くの提案を貰えることも…。

4:ブログ・記事の閲覧と購入
ココナラブログでは、出品者の方の知識や動画・音声などのコンテンツを見ることで、商品サービスの魅力を知ることができます。また、出品者が書いている記事を参考にすることで人柄もイメージすることができ、サービス購入を検討することも可能です。

閉じる
カテゴリから探す