Webサイトデザイン(官公庁・士業)

ホームページのサイトデザイン、UI設計を依頼・相談するならこちら。1からのデザインはもちろん、修正・更新も気軽にお願いできます。DMでの相談・見積りは無料です。

カテゴリタイプを選択

16 件中 1 - 16 件表示
16 件中 1 - 16

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

200種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

Webサイトデザインの評価・感想

2022-09-16 12:24:05
コツコツ会計
by コツコツ会計
要望を汲みつつイメージ以上のデザインを頂けて、とても良かったです。 頂いたデザインデータでサイト構築もスムーズに進めることができました。 ぜひ今後もお願いできればと思います。ありがとうございました!
2022-09-03 19:19:36
よよもも
by よよもも
サイトデザインをお願いしました。 丁寧な対応をしていただき、安心して取引を進めることができました。 こちらが迷っている部分には、デザイナーさんとしての意見をわかりやすく伝えてくださいました。また、状況に応じて複数の提案を用意してくださったので、納得して決めることができました。 この度はありがとうございました。
2022-08-31 17:38:11
abe19
by abe19
デザイン提案もしていただき、非常に信頼しながら取引を進めることが出来ました。 納期よりも早くデザインを見せていただいたことで、希望も伝えさせていただき、最終的にとても満足のいくデザインを受け取ることが出来ました。
2022-08-17 12:46:44
Soon LLC
by Soon LLC
今回もありがとうございました! 提案いただけるデザインテイストの幅ももちろんのこと、サイト内で使われるイラストやあしらいまで丁寧に仕上げていただけて、お客さまからも非常に好評をいただきました! 今後ともよろしくお願いいたします。
2022-08-10 10:02:27
chongyi
by chongyi
大変お世話になりました。色々な方とココナラやその他媒体でお仕事の依頼をさせていただいておりますが、とても気持ちよくやり取りをさせていただき、クオリティに関してもとても信頼しております。今後ともデザイン関連はご依頼させていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

Webサイトデザイン・UI設計カテゴリの概要

Webサイトデザインとは、Web上に表示されるWebサイトのレイアウトやデザインを決めることです。Webサイトはパソコンやスマートフォンなど、さまざまな媒体から閲覧が可能となります。そのため紙媒体とは異なり、どの媒体から閲覧しても問題なく閲覧できるように、工夫を施したレイアウトでなければいけません。このレイアウトを崩さない手法を使うためには、プログラミング言語を学ぶ必要があります。

またUIとは「ユーザーインターフェース」のことで、ユーザーである利用者と商品やサービスをつなげるすべてのことをさします。つまりWebサイトデザインでいうUIとは、サイトのデザインや使用感のことです。このサイトデザインには、画像や文字フォント・メニューボタンの使用感なども含め、ユーザーが目にするものすべてを意味しています。そのため優れたUIとは情報がわかりやすく、かつきれいにデザインされており、操作方法もわかりやすいサイトのことです。

つまりUIはユーザーにとってのサービス品質向上につながり、ビジネスにおいてインパクトを与える存在といえます。ユーザーはサービスの品質に納得がいかない場合、すぐに他のサービスへ移ってしまうことが多く、デジタル化が進む現代では、多くの企業が取り組むべき課題だといえるでしょう。

Webサイトデザイン・UI設計をココナラで依頼するメリット

Webサイトデザイン・UI設計をココナラに依頼するメリットとしては大きく3つあります。

1つ目は知識の全くない初心者でも依頼を行うことが可能なことです。依頼を行う前に要望を聞いてくれるため、知識が0でも資産となりうるWebサイトを作成してくれます。どのようにHPを運用すればいいかわからない方やイメージが明確化できていなくて悩んでいる方でも、気軽に依頼することができるでしょう。

2つ目はデザイナーによって、WordPress・WIX・ペライチなど制作ツールで出品してくれるデザイナーがいることです。作成してもらった後、自分で管理しやすいサイトを選択することができます。そのため自分の使用したいツールによって、出品サービスを選択することが可能です。もしどの制作ツールを使えばいいかわからない方は、相談にのってくれるデザイナーがいるため、事前に相談をしてみましょう。

3つ目は、LPを作成してくれる出品サービスが多数あることです。LPとはランディングページのことで、広告や検索からユーザーが訪れた場合、最初に表示されるページのことをさします。このLPでの内容で商品やサービスの購入につながることもあり、大変重要なものです。そのためこのLPとホームページを合わせて依頼することができるのは、とても大きなメリットといえるでしょう。

ユーザーが使いやすいWebサイトにするためのUI設計

Webサイトをデザインするうえで重要なポイントは、バランスを考えてデザインを行うことです。特に注意したい点が文字・画像・装飾の比重。例えば、右側に画像が集中したサイトよりも、左右バランスよく画像が貼られたサイトのほうが見やすくなる場合があります。このようにサイト全体を見ながら、文字・画像・装飾のバランスを決めていきます。

またその際は余白や行間にも注意しましょう。詰めすぎの文字は見にくく、かつバランスが悪くなります。適度に余白や行間を入れることですっきりとした印象になり、見やすいサイトにすることが可能。迷った際は、よりシンプルで見やすいサイトにすることを心がけることが大切です。

フォントについても、何を選択するかによって、サイトの印象は変わります。例えば明朝体は大人っぽい・上品、ゴシック体は子供っぽい・目立つ、丸ゴシック体はやさしい・ソフトなど、違った印象を与えることが可能です。そのため、サイトに合ったフォントの選択が重要です。

UI設計をより良くするために大切なことは、ユーザーを明確にイメージすることです。誰しもが満足するサイトはありません。ですから、届けたいユーザーを明確にすることで、良いUI設計を行うことができます。例えば30代女性のようなおおまかな選定ではなく、「30代女性・OL・一人暮らし・平均的な年収」など、より細かく選定することが重要です。

またユーザーに伝えたい情報をすべて書き出し、優先順位をつけます。そして優先度の高い情報ほど、サイトの上に記載するようにしましょう。これは、ユーザーは上から順に閲覧していくため、自分にとって必要な情報がないと思った場合の離脱を防ぐ目的や、必要な情報を少しでも早く届ける役割があります。こうすることで満足度の高いサイトへと仕上がるでしょう。

Webサイトデザイン・UI設計依頼時のポイント、コツ

依頼する前には、まず事前準備としてビジネスモデルを決めておきましょう。Webサイトを作成する目的・ターゲット・どのような利益を考えているかなど、サイトについて細かく考えておきます。ここで細かな情報を提示することで、より理想となるWebサイトを作成してもらいやすくなるのです。

そして、それにあった原稿や素材となる画像も用意しておきましょう。デザイナーはその情報をもとにWebサイトを作成します。したがって商品やサービスの紹介文や画像・会社の情報など、掲載してほしい情報を明確にしておくことでスムーズに依頼することができるでしょう。また制作ツールを事前に決めておくことすることで、設計完了後に自分で更新・修正を行いやすくなるためおすすめです。

デザインについてもイメージの色や雰囲気などを、事前に決めておくことで依頼しやすくなります。運営していきたい商品やサービスにあったイメージで選択するとよいでしょう。もしわからない場合は、そういったことから相談できるデザイナーに依頼することで、プロの目線でアドバイスをしてくれます。機能についてもアドバイスをくれるサービスもあるので、自分の作成したいサイトに必要な機能はないか尋ねることもおすすめです。

閉じる
カテゴリから探す