ロゴ作成・デザイン

4,995 件中 1 - 60 件表示
4,995 件中 1 - 60

無料のロゴ作成ツールで、おしゃれなデザインは作れるのか

 ロゴというのは、自社・組織の顔といえるもので、第三者の目に触れる一番はじめの入口といっても過言ではありません。ロゴから受ける印象で会社や組織へのイメージはガラリと変わりますし、ロゴのインパクトがブランドネームの認知を左右することもあります。

 

また、ファンの獲得や自社へのロイヤリティ向上にも大きく寄与する場合があります。AppleやNIKEのロゴなど、ロゴマークの存在感がそのブランドへのファン獲得に影響を与えるケースも少なくありません。会社の信頼度や安心感に影響を与えるとも言われています。

 

 会社や組織にとって、それだけ大きな影響を与えかねないロゴデザインですから、デザイン作成の仕方もかなり重要になってきます。会社の目指したいブランディングや方向性、または、現在の会社や組織の個性や独自性、優位性といったキャラクターを正確に反映することが大事だからです。ロゴデザインは、それだけでもインパクトや印象を与えることができますが、同時に、会社や組織にうまくフィットしていることでさらなる相乗効果が見込めるのです。

 

 ただ、近年は、ロゴ作成の無料ツールや無料アプリが普及したことで、お金をかけずにロゴ制作をする方が増えているようです。しかもデザイナーによるオリジナル制作ではなく、自動生成ツールで簡単作成しているようです。これは果たして効果的なのでしょうか。デメリットとして3つ考えられるかと思います。

 

 1つは、「無料自動化ツールによるデザインの同質化」です。自動生成ツールは、あるパターンに沿っていろんな色や図柄の組み合わせでロゴデザイン案を抽出します。つまり、出てくるロゴデザインはすべてフォーマットに則って生成されたもので、そうなると各所で似たような構図のロゴが出現してくる可能性が高まります。結果、ロゴが同質化してきてしまい、本来は相手のインパクトや印象を与える役割のはずが、どこにでもありそうなデザインになってしまうことで印象を与えられず、ロゴとしての役割が失われてしまうことに繋がりかねないのです。

 次に、「柔軟に組み替えられない自由度の低いロゴデザイン」になってしまうことです。ロゴというのは、複数の要素の組み合わせで作られることが多いです。社名のイニシャルを2文字とってそれを模したデザインだったり、社名と社名のキャラクターの絵柄を組み合わせたデザインだったり、業種の特徴を表現したデザインだったりと、様々なパターンがあります。つまり、1文字のみのロゴというのはほとんどなく、いろんな意味や要素を組み合わせてロゴ全体としてのデザインを成します。その際に、それぞれのパーツや配置には意図や意味があって作られるため、その意図や意味を理解することで、ロゴの印象や構造を変えることなく、修正や組み換えができるようになります。ロゴというのは、掲載する場所や面によって、配置の仕方を変えることがあるため、修正や組み換えができるかどうかというのはかなり重要なポイントになってきます。

 最後は、「権利の所在が不明確」という点です。誰が作ったか、という事実が非常にあやふやなため、正式なロゴとして採用するにはリスキーです。デザインしたのは誰か、所有権や商標権は誰に帰属するか、というような問題をクリアするには、デザイナーに直接相談するのが最も早くて確実な方法です。無料でロゴを作って、会社や組織のロゴとして正式に採用してからこのような問題が勃発してしまうと、関係各社に大きなストレスを与えるとともに、やりたいことがスムーズにできなくなってしまうかもしれません。そのようなことがないように、デザイナーとしっかりコミュニケーションを取りながら、構造や意図のしっかり反映されたロゴデザインを作ることが、まずは会社や組織としての第一歩なのかもしれません。

ロゴ作成・デザイン制作の相場とは

ココナラではロゴ制作・デザイン作成がいろんな価格帯で発注できます。会社・企業でのロゴ作成や、ショップ、個人のサイト、名刺にのせるロゴなど様々な用途でご利用できます。一般的な制作会社にロゴ作成の仕事を依頼すると、後からものすごく高額になったり、見積もりにすごく時間がかかったりします。また、クラウドソーシングなどコンペ形式で発注するタイプのサイトでは、5〜10万ほどの金額感でロゴ発注することができるようですが、これらのサイトではデザイナーを自由に選ぶことが難しいです。つまりココナラは、相場よりも比較的安価に、かつ明朗会計で分かりやすい値段設計でありながら、ポートフォリオを見ながら理想のデザイナーを指名して発注することができる、コストパフォーマンスに非常に優れた外注サイトであることが分かります。

ロゴマークの依頼のポイント・コツ

ロゴマークを作成するにあたってどういう思いをこめたいか、ロゴをどういう風に使用するかなどをデザイナー・クリエイターに詳細に伝えましょう。より詳細な情報があればデザイナー・クリエイターとのコミュニケーションがスムーズに行くはずです。飲食店やサロンのロゴならばターゲットの性別・年齢などを伝えるといいかもしれません。ロゴのデザインを依頼する際に以下のことに気をつけてください。納品物のファイル形式が、jpegファイルの画像形式かAI・PSDなどのファイル形式かをチェックしてください。その後ロゴデザインを修正・加工する際にAI・PSDファイルなどのファイル形式の方が修正が容易です。デザイナー・クリエイターはIllustrator や PhotoShop を使ってロゴをデザインする方が多いようです。 PSD・AIファイルの場合はオプション価格となっているデザイナー・クリエイターもいますのでしっかり確認しましょう。また、サービスの購入にあたっての記載などチェックしてください。修正が何回まで可能かなど記載されている場合が多いようです。価格、ファイルの納品形式、修正回数、この3つをチェックして発注すればスムーズなやりとりが可能です。ぜひココナラのクリエイターとあなたにぴったりなロゴを制作しましょう。

ロゴ作成・デザインの注目の検索キーワード

カテゴリから探す