事業計画の作成・サポート(IT・テクノロジー)

会社経営や事業計画に関する相談はこちら。事業計画書の書き方や店舗経営・新規事業立ち上げのノウハウなどが集まっています。もし周りに相談できる人がいないのなら、会社経営のお悩みを気軽に相談してみては。

124 件中 1 - 60 件表示
124 件中 1 - 60

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

450種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

事業計画の作成・サポート(IT・テクノロジー)の評価・感想

2024-02-26 17:46:00
アップシフトLLC
by アップシフトLLC
はやさぽ様と初めての取引でした。 ・リクエストへの理解の早さ ・提案力 ・納品時間 以上3点が抜群でした。これからも難しい案件含めて ご相談させていただくことにしたいと計画しています。 今後とも、よろしくお願いいたします。
2024-02-26 15:40:37
男性
by 男性
行政に提出する収支計画書の作成を依頼させて頂きました。 返信も早く、とても丁寧な対応をして頂きました。 また、必要な時があればぜひともお願いしたいと思います。 この度は依頼をお受け頂き、ありがとうございました。
2024-02-13 9:21:20
こころの銭湯
by こころの銭湯
士業の方は、専門性が高くどこか心無い方が多いイメージでしたが、アットホームで寄り添っていただけながら、欲しい情報を丁寧にくださりました。これからも繋がらせて頂きたいと思える社労士さんです!ありがとうございました。そして今後ともよろしくお願い致します。
2024-02-08 0:46:05
michinori76036954
by michinori76036954
とてもレスポンス良く、こちらが分からないところも丁寧にご対応いただきました。やり取りを進めていく中で自身があやふやな部分も明確化できました。面談ではこう話せばよいというポイントを交え、それを計画書へ落とし込んでくださいました。自分ではこんな計画書はできなかったですし、プロに頼んで正解でした。r行政書士様へ頼んで良かったです。ありがとうございました。
2024-02-07 16:48:47
男性
by 男性
この度は事業計画書の作成を承っていただき心から感謝申し上げます。tuorr2003様にお願いした事業計画書は、私たちの期待を遥かに超えるものでした。計画書は非常に明確かつ詳細で、私たちのビジョンを完璧に表現しており、融資審査の際に大きな強みとなります。計画書は非常に説得力があり、この計画書があれば、融資審査においてもより自信を持って臨むことができます。ありがとうございました。

直近で購入されたサービス

「プロが使用する事業計画書雛形一式を販売します by OPENfor OPENfor 」が購入されました。
「1枠∥ものづくり補助金の事業計画書を作成します by Math Consulting Math Consulting 」が購入されました。
「小規模事業者持続化補助金の計画書の作成を支援します by nara consultant nara consultant 」が購入されました。
「カウンセラー★持続化補助金採択書類をお譲りします by 補助金サポーター【補助金申請支援】 補助金サポーター【補助金申請支援】 」が購入されました。
「実績280件突破!銀行向け事業計画書を作成します by tuorr2003 tuorr2003 」が購入されました。

事業計画の作成・サポートカテゴリの概要

事業計画書はビジネス上の夢を「現実」にするためのロードマップです。経営者が頭の中に描いているイメージを形にしてまとめることで、それが実現可能かどうかの客観的な判断を下す材料にもなります。

そのため、できるだけ具体的な行動を盛り込んだ計画書でなければなりません。事業計画書を通して、他者に自社の存在意義を知ってもらい、自社を取り巻くさまざまな環境や進むべき方向性を示すことができるのです。

とりわけ金融機関や投資家から融資を受けるためには、事業計画書の中身が大変重要となってくるのです。しかしながら、実際にどのような作り方をすればよいのか迷うことや、わからないことも多いでしょう。

ココナラでは、国や銀行に提出する事業計画がまとめられず悩んでいる場合や、新規事業を立ち上げる準備の最中、あるいは会社の経営が停滞しているような場合に、起死回生を図る融資を引き出すための、事業計画の作成・サポートの出品サービスがたくさん提供されています。

たとえば、事業計画書作成そのものを代行してくれるサービスや、新規の起業をする場合の新規事業計画作成のサポートをしてもらえるサービス、あるいは自社の経営を安定させるための補助金申請書の作成をサポートしてくれるサービスなどです。

事業計画の作成・サポートをココナラで依頼するメリット

事業計画の作成・サポートをココナラで依頼するメリットとしては、大きく3つあります。

1つ目は、具体的な数字に落とし込んだ、誰が見ても客観的に評価されやすい事業計画書が作れることです。事業計画書作成実務のプロである中小企業診断士や、MBA取得者である実力がある出品者からのサービスでそれが実現可能となります。これから金融機関などに、融資の相談のために事業計画を提出する予定の人にとっておすすめの心強いサービスといえるでしょう。

2つ目は、不慣れな人には作成や準備が非常に煩雑な、さまざまな補助金申請を支援してくれるサービスを受けられることです。実際に行政関係で仕事をしている、補助金申請やコンサルティングを本業としている出品者のサービスがあります。自社でも利用できる補助金を申請したいけれど、申請の仕方がわからない人におすすめできます。

3つ目は、購入者が訳あって急ぎのオリジナル事業計画書の作成が必要な場合にも、対応できるということです。3日などの短期間でオリジナルの計画書の作成代行をしてくれる、書類作成のスペシャリストである出品者にお願いできます。一刻も早く事業資金のスポンサーを見つけたい人におすすめです。

人を説得できる事業計画作成に盛り込むポイントと注意点

事業計画書というものは、必ずしも書き方が決まっているわけではありません。例外的に日本政策金融公庫では、事業計画書や創業計画書の様式が定められていますが、書き方が決まっていないケースはたくさんあります。

ただし、様式は大した問題ではありません。事業計画書で大事なことは、経営に関わる疑問の解消が求められていることです。

「何の事業か」「どうやって収益をあげるのか」「収益見込みはどれくらいか」「その裏付けは何か」などを見極められるのが事業計画書なのです。

したがって、絶対に伝えなければならない項目や全力でアピールする箇所は、事業計画書の様式に関係なく、おのずと決まってきます。事業計画書に盛り込むべきポイントはおおむね以下のようなものです。
●事業内容の詳細
事業の目的や経営の理念やビジョンなど、展開している事業の全体像を記載するものです。
●財務の現状
企業会計に関して、事業資金の借入れや資産の状況について記載するものです。
●取扱商品およびサービスの内容
商品やサービス具体的な内容やターゲット、顧客層、セールスポイントなどについて記載するものです。新しいビジネスは、儲ける仕組みがわかりにくいこともあるので、理解を促すイメージ図などの補足資料も添付するとよいでしょう。
●経営者のプロフィール
学歴や職歴、資格などを記載するもので、読み手はこの人が事業を成功させられる見込みがある人かどうかを確認します。
●取引先情報
販売先や仕入先、外注先などの名称やシェア率などを記載するものです。
●競合の分析
商品やサービスが、計画している事業で収益化できる根拠を示す項目といえます。マーケットのニーズは当然として、競合他社と差別化ができていることや、独自のアイデアで付加価値を高めているかを盛り込む部分です。 ●収支計画 計画している事業の、一定期間の収支を予想して記載するものです。現在の収支を記載した横に、一定期間後の予想を記載するのが一般的といえます。

事業計画の作成・サポート依頼時のポイント、コツ

ココナラで事業計画の作成・サポートを出品者に依頼する際の、注意しておきたいポイントについて触れておきましょう。

まず、書類作成を依頼するにあたって、購入者の会社が手がける事業内容や決算書、収支計画のできるだけ具体的な資料を準備しておきたいものです。事業計画の作成を代行するプロフェッショナルの出品者にとって、ビジネス上の具体的な数値を含む詳細な資料があればあるほど、作成する事業計画書にリアリティが出るのは当然です。

また、各種補助金の申請代行や申請書類作成サポートに関しては、申請期限よりもできるだけ早めに依頼することが大切です。というのは、どのような補助金制度も申請期限1ヶ月前くらいになると、その方面の出品サービスに書類作成の依頼が非常に増えるので、納期に間に合わなくなるおそれがあるのです。

ほかには、せっかく事業計画書の作成支援や作成代行をしてもらっても、補助金申請そのものが採択されなかった場合も考えておかなくてはなりません。いくら書類作成のスペシャリストがサポートしたとしても、あるいは丸ごと作成してもらったとしても、それで申請が採択される保証はないのです。いざという時の資金繰りの対策を取っておくことが必要です。

閉じる
カテゴリから探す