絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

新着有料ブログ

【大学生活を劇的に変える!】チャットGPT活用「...
学び
500円
user
AIプロンプ...
「中小企業経営者の成長戦略!50のプロンプト集で...
ビジネス・マーケティング
2,000円
user
AIプロンプ...
「日本の春、静寂の中の和み」
デザイン・イラスト
1,500円
user
RLsyst...
【保存版】家づくりの予算を決める13の項目 Pa...
学び
500円
user
ゆう住宅設計...
30インターン中の信頼関係の構築方法について
学び
500円
user
ここおか
<第三回>マイナス思考は運勢を悪くします
ライフスタイル
3,000円
user
佐々木十郎
🏥✨【施設(医療機関)の清掃業務委託契約書テン...
法律・税務・士業全般
2,500円
user
white_...
🛌💦【寝具類洗濯業務委託契約書テンプレート】...
法律・税務・士業全般
2,500円
user
white_...
🛍️💼【商品販売業務委託契約書テンプレート】...
法律・税務・士業全般
2,500円
user
white_...
🏢💼【建物賃貸借および管理経営業務委託契約書...
法律・税務・士業全般
2,500円
user
white_...
🏥💼【医療用ガス供給設備の保守点検業務委託契...
法律・税務・士業全般
2,500円
user
white_...
🏢✨【不動産コンサルティング業務委託契約書テン...
法律・税務・士業全般
2,500円
user
white_...
4 件中 1 - 4 件表示
カバー画像

競合調査を行うメリットとは?

競合調査は、企業やビジネスにとって非常に重要な要素であり、市場調査の一部として実施することをお勧めします。ではどの様なメリットがあるのか?次に解説します。競合状況の把握:競合調査により、競合他社の製品やサービス、マーケティング戦略、価格設定などを詳細に把握できます。これにより、自社の位置をより良く理解し、競合との差異や利点を明確にすることができます。競合他社の強みと弱みを知ることで、自社の戦略を改善し、競争上の優位性を確立できます。 マーケットのトレンド把握:競合他社の動向を追跡することで、市場のトレンドや変化を把握できます。これにより、市場の需要や顧客の好みを理解し、迅速に対応することができます。トレンドに合わせた製品やサービスの提供は、競争力の向上と市場シェアの拡大につながります。 新たなビジネス機会の発見:競合調査により、自社が未開拓の市場やニーズを発見することができます。競合他社が提供していない製品やサービス、顧客層を見つけることで、新たなビジネス機会を探ることができます。マーケティング戦略の改善:競合調査は、マーケティング戦略の改善に寄与します。競合他社の広告やプロモーション活動を分析することで、成功事例や失敗事例を学び、より効果的なマーケティング戦略を立てることができます。 リスクの軽減:競合調査により、自社のビジネスが直面する潜在的なリスクを特定できます。競合他社の問題や失敗を把握することで、同じ過ちを繰り返さないようにすることができます。また、競合他社の攻撃的な動きや市場シェアの増減を予測し、迅速な対応をとることができます。 競合力の向上:競合調査を通じて得られ
0
カバー画像

【リサーチ】商品企画をするための競合調査のポイント

こんにちは、ノジーです。日々、新しい商品の企画・開発を考えていると、「他の類似商品はどんな感じなんだろう」「他社はどんなアイデアを取り入れているんだろう」と、周りのことが気になることはありませんか?商品企画において、他社の類似商品(競合商品)を知ることは非常に重要です。今回は商品企画を行う上での、競合調査のポイントを記載しましたので、よければご参考ください。競合とするのは「提供価値」が同じ商品にする良いアイデアが浮かび、商品企画の一環として他の類似商品を探してみることは大変有効です。しかし、競合と認識する商品の選定は正しく行えてますでしょうか。例えば、・カテゴリーが同じもの・その商品業界のリーダー企業が出しているものこのような軸で競合商品を考えていませんか?ある意味ではこの軸も正しくありますが、競合調査の対象とする商品は、そのアイデア(商品案)と同じ価値を提供する商品にするべきです。なぜならば、お客さまはそのカテゴリーの商品が欲しいのではなく、今起こっている問題・悩みを解消したいため、その商品を選ぶからです。例えば、新しい懐中電灯を企画しようと考えます。この場合、競合商品は懐中電灯に限りません。もしかしたら高ルーメンのランタンかもしれませんし、スマホのライトを拡張させるハードウェアかもしれません。※アイデアベースで記載しております。お客様がどんな価値を求めていて、そこに対し、同じような価値を届けている商品を競合と認識しましょう。競合調査のポイント次に調査を進めるポイントです。やみくもにインターネットからテンプレートを持ってきて、進めるだけでは良い結果は判明しません。下記のポイン
0
カバー画像

マーケティング分析のサポートをさせていただきました!

こんにちは、ノジーです。 先日、ご依頼いただいたお客様から、またまた大変嬉しいお言葉をいただけたので、嬉しさ共有で書きたいと思います!※前回投稿とは別のお客様です! それがこちら! アドバイザーとして、大変嬉しく、誇らしく思えました。 情報リサーチと分析がご依頼者様のお仕事に貢献できてよかったです!では、せっかくなので実際にノジーがどのようなサポートをさせていただいたのかを記載していきます。 ご依頼の内容 今回のご依頼は、あるブランドをマーケティング分析してほしいとのご要望でした。 企業秘密のため、目的はお伝えできませんが、具体的なご要望とやりたいことは明確にお伝えくださりました。 そんな中で、業務負担を軽減されたいということで、マーケティング分析のご依頼を送ってくださいました。 マーケティング分析の中には分析・考察だけでなく、リサーチなどの時間がかかる項目もあります。今回のサービスで別業務に集中いただけたなら何よりです。サポート内容 実際に行ったサポートは以下の通りです。 ◆対象ブランドの3C分析 →ブランドが属する市場(顧客)・対象ブランド自身・競合の3セグメントを調査し、各々の関連性、対応、環境などをもとに分析を行い、当該ブランドが取るべき戦略要素を抽出しました。◆対象ブランドのSWOT分析 →対象ブランドの強み・弱み・参入市場の機会(チャンス)・脅威を調査し、各項目別の要素を抽出しました。◆対象ブランドのX-SWOT →上記SWOT分析で抽出した要素を掛け合わせ、対象ブランドが今後、どのように事業展開するべきか、どのようにリスク回避すべきかを導き出しました。◆調査・分析
0
カバー画像

他社の商品はなぜ売れている?

こんにちは、ノジーです。商品開発、商品企画、営業担当、経営者の方であれば常々、他社の商品はなぜ売れているのか。というところが気になっていると思います。今回は、あなたの競合他社の商品がなぜ売れているのかを紐解いていきます。理由1:ターゲットを熟知している結論から申し上げます。競合他社の商品が次々売れているのは、ターゲットとなるユーザーのことを熟知しているからです。こういうと、そんなのわかっている!と思われがちですが、他の会社はあなたが思っている以上にターゲットのことを調べており、その結果を商品開発や販売戦略に活かしています。あるコンサルタントの先生から聞いた話なのですが、日用品メーカーのAは商品を企画、開発する際に同一カテゴリーの既存商品をターゲットとなる一般家庭のユーザーに無料で配布し、どういった感想を持つのか、どのような使い方をしているのかなど、ご自宅に伺って詳細までヒアリングしたそうです。その結果、出来上がった商品は爆発的大ヒットを起こし、我々の生活に欠かせないものとなったというケースがあります。インターネット検索で出てきた二次情報だけで判断せず、より細かく、気になったところはヒアリングしターゲットのことを知ることが、売れるための第一歩です。理由2:競合商品の「弱点」を詳細に調べている次に競合他社が行なっているのは、競合商品の徹底的な調査です。商品を企画・開発する際、既存カテゴリーのものであれば、他社商品を見て、その商品の欠点を補完できる、「さらに良い商品」を企画・開発することが望ましいとされます。そのため、競合となる商品を徹底調査しますが、競合他社はその調査に時間と費用を
0
4 件中 1 - 4
有料ブログの投稿方法はこちら