絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

11 件中 1 - 11 件表示
カバー画像

影を付けて印象をかえましょう!!

アパレル系のレタッチ第三弾は影付けです。アパレル系に限らず、切り抜き商品に影を付けるというのは、よく見かけますね。今回は影の種類をいくつか、シミュレーションしてみたいと思います。では、こんな感じのフリー素材から作ります。まずはこのカバンには、もともと影が付いていますので、この影を生かした影を作ってみます。まずはAタイプとでもしておきましょう。この影の作り方は、切り抜きのカバンの下に、切り抜いていない元画像を置きます。それをモノクロにして影以外を白くするだけです。あとは不透明度を好みにの濃さにかえて完成です。カバンの接地面に、黒で軽くブラシを噴いてなじませるとリアルになりますよ。次はBタイプ。こんな感じのも、たまに見ますよね。この影の作り方は、切り抜いた画像をミラー反転して作ります。あとは接地面を少し濃くして、下の方は段々消えていくように、白くしてあげればOKです。画像によっては、少し画像を作らないといけないので、少し手間がかかる影です。最後はCタイプ。これが一番お手軽な影です。切り抜いたパスかマスク、どちらでもよいのですが、影っぽく変形して塗りつぶして、不透明度を好みに変えるだけです。これも接地面に、黒で軽くブラシを噴いて、なじませるとリアルになります。更に味付けで、接地面から遠くになるほど、ボカして影の濃度を薄くしても良いかもしれません。影付けに関しては、こんな感じです。影付けのポイントは、商品と影の境目の「接地面」を、どれだけ上手くなじませるかだと思います。それではまた。
0
カバー画像

切り抜いてカラーバリエーションを作る

アパレル系のレタッチ第二弾は、これもよくある作業の、切り抜きと色変えです。切り抜きはweb用などでは自動切り抜きでOKなのでしょうが、私の様な印刷からのレタッチャーは、未だにパス切りが基本なのではないでしょうか?たしかに自動の精度は上がっているのですが、解像度350dpi以上の世界で戦っている者達には、まだまだ甘すぎるというのが現状です。自動切り抜きの愚痴はこの辺にして、スタートです。例によってフリー素材からこんな服をチョイスしました。今回はシワはとりませんよ。まずは切り抜きたいと思います。その前に、ハンガーを少し消しておきます。ハンガーの上の方は切り抜いてしまうので、そのままです。この様な背景でしたら[コンテンツに応じた塗りつぶし]で一発でしょうが。こんな感じで切り抜いて色を変えてみました。実際の仕事ではカラーパッチという紙の色見本や、洋服の現物が送られて来る場合もあります。現物見本は見る場所によって色が変わるので、できれば現物見本よりもデータ見本の方が良いですね。色変えの方法は色々ありますが、やる事は「情報」のパネルで数値をあわせる事です。しかし数値をピッタリあわせても、色見本とピッタリあうわけではありません。画像は濃い部分や明るい部分が有るので、印象が変わるためです。私のやり方としては、まず数値を合わせて、見本と比べて印象を微調整をしていく流れです。「色変え」は私のココナラの商品でも取り扱っております。お気軽にご相談を!
0
カバー画像

【Photoshopの使い方】切り抜き講座-商品画像編

WEBショップやオークションサイトを運営する際、商品写真を切り抜いて使いたい方の為の切り抜き講座です。 初心者でもできるようになるべく簡素にご説明します。準備 切り抜きたい写真を用意してPhotoshopで開きます。今回はこちらの女性用化粧品のリップを題材にすすめていきますね。  題材の写真は下記リンクより無料ダウンロードできます。ステップ1 まず右下のレイヤータブで背景画像をコピー背景画像は比較のためにロックを解除せず触らないようにします。(基本) こちらの写真のようにコピーしたら次のステップです。ステップ2 切り抜くための選択範囲を作成現在のPhotoshopはAI機能などかなり性能がよくなっています。 今回は時短の為にPhotoshopの機能に思いっきり頼ってみます。 画面上部タブの【選択範囲】>【被写体選択】をクリックします。 そうすると被写体だけを選択範囲の破線が囲ってくれます。 (写真のピントが合ってない写真はこれだと難しいかもしれません)試しにこのまま選択範囲を別レイヤーに複製してみます。 画面上部タブの【レイヤー】>【レイヤーを複製】をクリックします。 ※複製のショートカットはこちら Windows(ctl+j) Mac(command+ctl)  そうすると側面部分がガタガタになっているのがわかると思います。 気にならないレベルであればこれで完成です(はやっ!)もっとこだわりたい方は次のステップへ! ステップ3 選択範囲を拡張まず現状だと選択範囲の破線が被写体の内側に入ってしまっているので 選択範囲を拡張します。 画面上部タブの【選択範囲】>【選択範囲を
0
カバー画像

カンコツダッタイ

切り抜き屋さんです。最近このような言葉に出会いました換骨奪胎 かんこつ-だったい他人の詩文の語句や構想をうまく利用し、その着想・形式をまねながら、自分の作としても(独自の)価値があるものに作ること。 創作・アイデア・企画・提案などのいろんな考え方のヒントになりそうな言葉です。
また、このような言葉もあります 『新しいアイデアを手に入れる方法はただ一つ
 それまでにもっていた二つ以上のアイデアを組み合わせたり結びつけたりし、
以前は気づかなかった関係が見いだせるような新しい並べ方にすること』                    by フランシス・H・カルティエ どれだけ自分が素材を持っているか、持っているだけではなくいかにそれを組み合わせると面白いと思える発想が新しい発見に繋がるのでしょうね。切り抜き屋さんでは、画像切り抜き / 色調補正 / 画像加工など承ってます。お試し価格やサブスクもありますので、ご相談やご依頼お待ちしておます♫
0
カバー画像

修正と修整の違い

切り抜き屋さんです。色々見ていると間違った使い方しているのを、ちらほら見るので今回は修正と修整の違いについてお話ししようかと思います。まず「修正」とは「よくない点を改めること」とあります。そして「修整」は「手を加えて、直し整えること」とあります。もう少し噛み砕くと、「修正」は「正しくない点、間違っている点を直す」ことであり、「修整」は「(画像などに)手を加えて、(きれいな状態に)直し整える」とことです。「修正」の場合は間違いを正す、そして「修整」はきれいな状態に直す意味があり、二つの言葉には明確な意味の違いがあります。・このレポートの間違っている部分を「シュウセイ」するこの場合は「修正」が正解です。間違っている、良くない点を正すのですから「修正」が正しい使い方になります。・アプリを使って画像を「シュウセイ」するこの場合は「修整」が正解です。画像に手を加え、よりきれいな状態に直すという意味で「シュウセイ」という言葉を使用する際には、「修整」が正しい使い方になります。私みたいな画像関係での出品説明文やトークルームなどでの購入者様とのやりとりの場合は「修正」ではなく「修整」が正解となります。まぁ予測変換で時々「修正」になってしまってる時もありますが笑次に「シュウセイ」という言葉を使う場合は、自分がどちらの意味で「シュウセイ」という言葉を使用するのか考えながら使ってみてはいかがでしょうか。切り抜き屋さんでは画像の切り抜きや色補正や画像加工を出品しております。☆一度ご覧になってくださいませ☆
0
カバー画像

目の見えない人に『色』をどう説明するか?

切り抜き屋さんです。生まれつき目が不自由な人に色を伝えたいときに、なんと説明するか?そう疑問に思い、「赤、青、緑を言葉で説明されたことのある人」の例をネットで見つましたので紹介したいと思います。赤:太陽の下に私を立たせ、その感じている熱は赤だと言われた。
熱から燃える感じ、恥ずかしい感じ、そしてまた怒りも赤であると説明された。青:私の手をプールにつけて、泳ぐときのセンセーション、そして常に感じる涼しさが青であると説明された。青はリラクゼーションのように感じると。緑:やわらかい葉っぱや濡れた芝生を手にした。緑は生を感じるものと言われた。そのときからお気に入りの色である。色を説明することの難しさがわかります。感性や体験によって色の説明は変わるものかもしれません。今ちょうど色変えの依頼を受け作業中です。どんな画像加工もお受けいたしますので、一度ご相談ください。切り抜きや色補正も是非ご依頼くださいませ。
0
カバー画像

はじめまして

Sunnyです。最近、アドビのアプリを自宅で使えるようにしまして、ですが、子供の勉強用の地図を加工したりテストを作ったりしてます。子供が視覚優先なので、色を使い分けて作ったりしました。こんな感じでお勉強させたりしてます。看板屋さんのお仕事を長くしてまして、CSになる前から看板屋さんのオペレーターで今はパートに出たりしてますが、使えるアプリを増やしてみようと思ってます。よろしくお願いいたします。
0
カバー画像

画像の切り抜き

こんにちは。みっくす☆べりーです。私にとっての写真の切り抜きは、パズルをやっているようで漫画やイラスト作成とはまた違う楽しさがあります!写真の解像度が高いほど細かく切り抜くことが出来るので、仕上がりの満足度上がるのですよ!!例えて言うなら、大掃除をした後のような満足感?笑いらないものが全くない状態って感じです。家の掃除も切り抜きのように楽しく思えたらいいのにな〜
0
カバー画像

とっとこコバ太郎

こんにちは。そして初めまして!みっくす☆べりーと申します。主に漫画・イラスト作成と写真の切り抜き等を行なっています。本日は、写真と漫画を組み合わせたものです。初の試みだったのですが、なかなか上手に仕上がったかなと思います。
0
カバー画像

Photoshop被写体一発選択

ネットのPhotoshopの広告を見ていて、被写体一発選択を知りました。早速試してみました。この機能は、クイック選択ツール(自動選択ツール)なっていると使えます。上向きの赤い矢印の「被写体を選択」をクリックすると、この画像のように、対象の被写体が範囲選択されます。先のボタンの横にある「選択とマスク」をクリックすると、微調整ができます。選択範囲を微調整してカットすると、このような感じになります。複雑な被写体の切り抜きも、容易になったと思います。
0
カバー画像

レタッチとは...

切り抜き屋さんです。先日レタッチの依頼があり 
レタッチをさせて頂きました。 その方からの修正の指示はこうでした。  「この日はモデルの○○さんの体調が悪かったみたいなので体調が良い感じの肌にしといて欲しい」  たったこの一文でも私はとても嬉しかったです。 この指示は体調が良い時のモデルさんを知っていないと
理解出来ないのですし。撮影の立会いに何度も行ってモデルさんと会っていたからこその指示でした。  私にとってのレタッチとは 依頼主の一言から読み取る事。また其れを一枚の写真で表す事だと思うのです。
0
11 件中 1 - 11
有料ブログの投稿方法はこちら