絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

見えない仕事をしよう。

 みなさんこんばんは。筋トレに目覚めた千冬です。もう腕がパンパンでございます。 人間はエゴイストです。生まれながらにそうなっているものです。嫌われるより好かれたいし、褒めてもらいたいし、認めてもらいたいと思っているものです。 脇役より主役になりたいものです。私も「さすが千冬さん」と言われたいです。それが人の心の真実です。 私は人が見ていないところで働くことが好きです。誰も見てはいないので、何とも言われないことが多いです。でも私はそれを続けています。  例えば出勤を6時半にして、給湯室でお湯をわかし、コーヒーメーカーでいれたてのコーヒーを飲めるようにしています。もちろん誰がやったことかわからないので、感謝されることもありません。 今日は会議室の掃除をしました。無駄なテーブルやコード類をまとめ、机の配置を変え、箒でゴミやほこりを集め、ごみを捨てました。 上司が「会議室を掃除してくれてありがとう」と部署の人たちに話していても、そのまま反応をせずそっとしておきました。 上司に見られたい、同僚に言われたいという気持ちはあんまりないです。私は神様に見てもらっていることで、エゴイズムを満たしています。人は見てませんが、神様や先祖のみなさん、亡くなった祖父母、父、叔父が見てくれていると信じています。 数年前の私はもっとアピールをしましたが、今はそんな気持ちはありません。エゴイストですから自己満足で納得をしています。 ネジが緩んだらしめる、開きの悪い扉を直す、壊れた板を張り替える…自分の技術でできることはすべてやります。やらないと気持ち悪いんです。ごみが落ちていたら拾わないと気持ちが悪いのです。
0
カバー画像

赦そう。

 みなさんこんばんは。おいしいワインを見つけた千冬です。 今日は「赦す」です。許すは認めるといった意味でつかわれますので、そちらの許すではありません。 人間は過ちをする生き物です。間違ったことを反省せずに繰り返すのは、私は赦せませんでした。 岸谷五朗さんがまだ俳優として駆け出しのころのドラマで「同じ過ちを繰り返すのは人間ではない」というセリフがありました。しかしながら、生きているといろんなことが起きますので、ついうっかりはつきものなんです。 「赦す」というのは他人だけではありません。自分に厳しすぎる人は、自分を赦すことが上手にできません。特に完璧主義の人には難しいことです。だから他人にも完璧を求め、期待してしまうのです。 私も相手には相手の事情があると思っていますが、つい赦せないことがあります。私は自分のミスを見つけた時「あぁ他人にそんなに冷たい態度で接したのに、自分がミスするなんて。赦せない」と自分にも赦すことができないときがあります。 自分に厳しく、他人に優しくと言いますが、自分を赦せない人間は他人を赦すことはできません。自分に厳しい=他人に厳しいというパターンが多いです。 人間は未熟な生き物なんです。みんなミスをしています。自分を赦し、他人も赦せるように心がけるといいでしょう。 ミスしたら「ごめんね~」と素直に謝るのです。そしてミスした自分を赦してあげましょう。他人のミスも同じように赦してあげましょう。 人間は生まれつきエゴイストです。他人も自分も赦せる人になれると、もう少し生きやすい世の中になると思います。 スクールウォーズに出てくる名言、「人を信じ、待ち、赦すこと」を
0
カバー画像

人の成功をサポートしよう。

 みなさんこんばんは。今日はしっぽり飲みたい千冬です。 最近は説教じみたブログが多かったのを反省しております。不快に思われた方は、大変申し訳ございません。海より深く反省してます。 気分一新して、今日は「人の成功をサポートする」です。 人間は生まれつきエゴイストとして存在します。しかし、相手の失敗を望むと、自分の成功もあり得ないです。 上司には上司の、部下には部下の成功があります。どの人の成功にも役に立たなければ、自分の成功は遠くなります。  「情けは人のためならず」ということわざの通りです。自分のために他の人が成功するようにサポートすることが大切です。このことわざは勘違いされている方がいます。人に情けをかけてはいけないのではありません。人に情けをかけることで、自分のためになりますよという意味のことわざです。 タイガーウッズがプレイオフになったとき、相手のパットが外れることを祈りませんでした。後にタイガーはこう語ります。 「外れることを祈れば自分のときも同じことが起こる。マイナスの戦いは自分のためにならない」 勝てば何億というプロゴルフの世界で、タイガーほどの男は相手の失敗を祈りませんでした。  一流は一流であるべく、人徳や叡智というものを持っているものです。まぁ彼には多少の失敗はありましたけどもね。  我々はエゴに支配されてはいけません。他人とともに成功へ向かうのです。そして一流になりましょう。一流になったら、もっとたくさんの人に成功してもらうべく、働くのです。 あ、結局また説教になってました。すみません。では、お風呂に入ってラム酒を飲みます。ほどほどに…。          
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら