絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

7 件中 1 - 7 件表示
カバー画像

既存事業とのシナジーを考慮した新規事業開発

企業が新規事業を展開する際、既存事業とのシナジー効果を最大限に活用することは、成功の鍵となります。シナジーとは、相乗効果とも呼ばれ、異なる事業や部門が連携することで生み出される価値の増大を意味します。この記事では、シナジーを考慮した新規事業開発の重要性とその具体的なアプローチについて解説します。シナジーの重要性既存事業とのシナジーを活用することで、以下のようなメリットが得られます①コスト削減:既存のリソースやインフラを新規事業に活用することで、初期投資や運営コストを大幅に削減できます。②ブランド価値の向上:既存のブランド力を新規事業にも波及させることで、消費者の信頼を迅速に獲得できます。③市場参入の加速:既存の顧客基盤や販売チャネルを活用することで、新規事業の市場参入がスムーズに進みます。④イノベーションの促進:異なる視点や技術の融合によって、新たなアイデアや製品が生まれる可能性が高まります。シナジーを考慮した新規事業開発のステップ①既存事業の分析:まずは、既存事業の強みや弱み、資源、スキルセットを詳細に分析します。これにより、新規事業にどのような形で活用できるかを明確にします。②市場調査:新規事業がターゲットとする市場を徹底的に調査します。市場のニーズやトレンドを把握し、既存事業のリソースがどのように活かせるかを検討します。③シナジーポイントの特定:既存事業と新規事業の間でシナジーが期待できるポイントを具体的に特定します。これには、共通の技術やプロセス、顧客基盤などが含まれます。④パイロットプロジェクトの実施:シナジーの効果を検証するために、まずは小規模なパイロットプロジェク
0
カバー画像

写真館・カメラマン向けビジネスアイデアの卵

ちょうど新規事業やビジネスチャンスを検討・模索している、 「写真館・カメラマン」経営者(中小零細・個人事業主)に向けて、 「第三者(中立)」と「お客」の二つの視点から、 ビジネスアイデアの考え方(作り方)、事例なども交えて 8,000文字超に纏めました。 (社会人や商売の経験は計30年ほどありますが、) 業界と無関係の人間だからこそ、いろんな先入観・制約なく、 しがらみも知らない状態ですから、 仮説や検証の前段階のビジネスアイデアとなります。 出来る限り「既存事業を活かして、投資が少なく済む」形での ビジネスアイデアをメインに考えています。 いわゆる「0⇒1」の中でも、「0」や「0.1」部分のビジネスアイデアです。 取引先が「写真館・カメラマン」で一緒に何か新規事業しようと検討中の経営者、 これから「写真館」をM&Aで買うことを検討している経営者、 コンサル先が「写真館」で、立て直しに苦戦している経営コンサルタント、 これから「写真館・カメラマン」として起業を検討している方、 にも充分参考になる内容となっています。
0 10,000円
カバー画像

フードロス0(ゼロ)且つ広告宣伝費0を目指せる集客アイデア(スーパーマーケット向け)

日本のカロリーベースの食料自給率は38%、円安も相俟って物価も高騰している。SDGsもあるが、災害の多い日本で食品の廃棄は、SNSの普及も相俟って、より問題視されるようになってきた。本来、大食い・早食い、フードファイターなどは「百害あって一利なし」で時代と逆行し過ぎている。時代はサステナブル、ホワイト化社会へ向けて動いている。そして以前は、日本はポイントカードが増えすぎていたが、今はアプリが増えすぎている。ふるさと納税や、野菜や食材・総菜の定期便、宅配弁当・ウーバーイーツなどのサービスも増えてきて、価値観や働き方も多様化してきている今、スーパーの競争相手は、スーパー以外に大きく広がってきている為、アプリで告知できるメリットが減り、個人情報を抱えるリスクが増えている。かと言って、折込みチラシも、新聞購読者数が減り続けている今、厳しい状況に変わりない。そこで、
0 3,000円
カバー画像

№1 価値観の違いから問題意識の違いに進化しよう

皆さんこんにちは タイラです お元気ですか。僕はマイペースでやっています。まずはじめにこの話題を持ってきたのは、すべての人間関係、社会の問題の基礎になるからです。ただ社会の問題は話がでかいので割愛します。今回は人間関係の話に特化していきます。では、さっそくいきましょう。まず皆さん人間関係の問題って価値観の違いだと思いますか?違いますねー。もちろん価値観の違いもありますが、それは人間関係の問題の一部です。ではなにが問題かというと、ほとんどの問題は問題意識の違いです。問題意識のズレ、もしくは問題意識がある者とない者との摩擦、トラブル、問題です。問題意識がある者同士、もしくは問題意識が同じくらいの者同士であれば、例え価値観がどれだけ違っていてもいてもすぐ話が通じます。それこそ、5分、10分位で通じます。長くて20分位話せばだいたい通じます。どうしても通じなければお互いに距離を置き、いったんその話題からお互いに離れることができます。これが問題意識のあるもの同士のやり取りです。それが本来の建設的なやり取りです。方や問題意識のない者同士は、軽い話、遊びの話だけであれば問題いのですが、大事な話や真剣に話さないといけない話になるとすぐにトラブルになります。それこそ、殴り合いのケンカに発展するレベルです。そして最後に問題意識のある者と問題意識のない者とですが、この状態ではほぼ一生話はかみ合いません。これが社会生活では一番やっかいになってくるのではないかと思います。あきらかに相手の問題意識がないことが原因であって、価値観の違いではない。ではこの場合どうするか?一番いいのは、はじめから問題意識のある
0
カバー画像

  自 己 紹 介  は じ め に

    皆さん初めまして タイラです。これから自分自身の日々の生活や、皆さんが抱えておられる問題、また社会問題や趣味の話、楽しい話など皆さんにとって有益な情報を発信していきます。画像は苦手なんですが、その辺はまた勉強していきます。簡単な自己紹介ですが、幼少期は一般家庭で生活してましたが、まだ昭和の時代だったので結構ケンカとかいじめとかもあり、結構巻き込まれてましたね。まあーそれが当たり前で立ち止まっている暇もなかったので、なんとかやってこれた感じですね。いいこともありましたのでバランスはとれていたと思います。中学、高校はバレー部で本格的にスポーツをやりだしました。特に中学のバレー部の先生は厳しく、当時の先生は絶対でした。でもそおかげで今の自分の基礎ができました。そこからホテルの専門学校にいき勉強しましたが、同時にアウトドアに目覚め学校以外は正直アウトドアや自然のスポーツばっかりやっていました。一番本格的にやていたのはスノーボードで社会人になってからもしばらくやっていました。20代前半くらいまではそんな感じで、仕事もサービス業や営業、工場勤務などのどちらかというと体力系の仕事中心でした。そこからは、一転してインドア派になり、趣味も読書中心になりました。仕事もコールセンターの仕事とかになっていきました。人って変わるもんですね。それ以降は職場のストレスとかが何年か続き、現在は精神疾患を患い精神科に通ています。同時にココナラビジネスと簡単なアルバイトとかをしながら一人暮らしをしてます。社会生活とかしていてそれなりの問題とかもありますが、目の前のことを一つ一つやっていくことでなんとかやっ
0
カバー画像

【7つの習慣】の学習を終えて

先日、〝7つの習慣〟の全ての学習を終えた 全ては《インサイドアウト=自分の内側》から始まる      〜私的成功〜【第1の習慣】主体的である【第2の習慣】終わりを思い描くことから始める【第3の習慣】最優先事項を優先する   〜公的成功〜【第4の習慣】win-winを考える【第5の習慣】まず理解に徹し理解される【第6の習慣】シナジーを創り出す            〜最新再生〜【第7の習慣】刃を研ぐ   主体的でなければ終わりを思い描くことができない終わりを思い描けなければ、最優先事項を優先することができない私的成功していなければ、公的成功はできず、第1〜5の習慣ができていなければシナジーは生まれない そして最新再生しなければ螺旋の成長はできない螺旋の成長をすることでたくさんの人を巻き込んで永続的に成功と幸福を味わい、そして社会に良い影響を与えることができる   =流れを変える人になる=全ての習慣は繋がっていて、どれも欠かすことは出来ない習慣である   そして、また次のレベルのインサイドアウトから始まる一生涯、螺旋の成長をしていくことができる 探求に終わりはなく、完全にできることはない習慣だと理解した 
0
カバー画像

黙って人の話を聞く

「黙って話を聞く」、本当に難しい。特に自分に経験があり知識も増えていくとつい相手のことを思ってやってしまっている。これも伝えたほうがいいとか勝手に思い込んでやってしまっている。「黙って話を聞く」スキルは意識して身に付けたいスキルである。自叙伝的反応を止めて相手の身になって話を聞く。どんな素敵な言葉よりも相手を癒すことができるだろう。自分の治したいことを「自覚」できたことは大きな収穫である。「黙って話を聞く」スキルを磨き、身に付けた時のことを想像する。例えば、相手は僕のことをとても信頼してくれて僕の話を聞きたいと思ってもらえる。そこで初めて自分の経験や知識を少し伝えるようにする。そうすることでその空間には大きなシナジーが生まれ、一人では考えも付かなかった「第3の案」が見つかる。次に人が心を開いて話してくれたときには良心に従い、強い意志を持って実践しようと思う。
0
7 件中 1 - 7
有料ブログの投稿方法はこちら