絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

夜泣きとは? 2(薬物療法とは?)

 引き続き「夜泣き」についてお話します。 繰り返しになりますが、「これを行えば治る」という確立された治療法はありません。 しかし、「対症療法(その日その場しのぎ)」として薬物療法が有効です。【西洋薬】 主に、発達障がい向けの西洋薬やてんかん向けの西洋薬があります。しかし、多くが「神経を鈍くする」もので、その'代償'として「ひどい眠気」、ないし「睡眠障がい(食う寝るだけの人生)」も覚悟しないといけません。当然、車の運転は「危険運転致死(飲酒運転と同じく重罪)」に当たるため、なお難しいです。・リスパダール(リスペリドン)・エビリファイ(アリピプラゾール)・ビバンセ・コンサータ・ストラテラ(アトモキセチン)・インチュニブ・抗てんかん薬など… ただし、'脳みそ'のことなので「原因療法(根本療法)」による完治(寛解)の見込みはありません。これは、吃音障がいやトゥレット症候群(チック症)も同じです。【漢方薬】 まだ研究はされていませんが、私の最近の経験上、少なくとも「安全上」に向いた薬物療法かもしれません。 即効性がないものがほとんどで、少なくとも1ヶ月以上の継続服用が必要です。それでも、副作用が弱い(完全にないものはありません)ため、「安全上」に向いています。・抑肝散(よくかんさん)(ツムラ製54番)→最もメンヘラ(精神)系でポピュラーな漢方薬。「抑肝散」の「肝」は「癇(かん)」という意味で、「かんしゃく」に効くと言われています。虚実判定(体質判定)で「実証体質(がっちり系など)」の人に向いていますが、赤ちゃんにも服用可能です。赤ちゃんや子どもの夜泣き、いらいらなどのストレス、認知症のお
0
カバー画像

抗うつ薬の体験談【エビリファイ】

当病歴は7年になります。18歳で高校を卒業後、初めて勤めた会社で業務オーバーフローして、うつを発症しました。 初めて心療内科・精神科を受診した時はカウンセリングだけでしたが、1ヶ月経っても症状が改善されないため、エビリファイから処方されました。それから、症状の改善に向けて、薬の量や種類はドンドン増えました。 以下が私が服用している薬です。「フルニトラゼバム」、「フィコンパ」、「トリプタノール」、「エビリファイ」、「ラモトリギン」、「テトラミド」、「トピラマート」以上です。 朝4錠、昼3錠、夜4錠、睡眠薬はなんと13錠!「発作を抑える」「意欲を向上させる」「眠りに入りやすくする」という作用がある薬ばかりです。これほどの薬を飲む必要が出てきたのも、2年前からです。 最初の仕事を辞めたのは6年前。5年間はアルバイトを始めては体調を崩して、辞めてしまう生活を繰り返してました。 いよいよ医師から「鬱を伴う気分障害が見られます。障害者手帳を取得して、自立した生活を送るために必要な支援を受けませんか?」という勧めをもらい、1年前に障害者手帳を取得しました。 それから就労移行支援事業所という「障害者が一般企業へ就職することを支援するために事業所」で、職場を想定したオフィスでの訓練から、日常生活の改善まで取り組みました。 その一つに、医師による薬の調整もありました。そして、前記のような薬を飲むことが当たり前の生活は1年ほど続いています。おかげで症状は出ておらず、障害者雇用枠で就活中です。しかし、確実に自立した生活を送るための活動はできている反面、普通の感覚で言えば信じられないような量の薬を、日常
0
カバー画像

抗うつ薬の体験談【エビリファイ】

20代後半の男です。2010年に社会人として、初めて働き始めました。 自分の夢に近い仕事であったため、非常に意欲的でした。 上司や同僚たちも、そんな私を見て「素晴らしい!君にならどんどん仕事を任せよう。どんどん経験を重ねて、どんどん出世してくれ!」と良い評価をもらいました。 これが所謂「ワーカーホリック」の始まりでした。 仕事で良い評価をもらえることでのみ、自己肯定感を得ていたのです。 取憑かれたように朝7時と夜7時の会議に出席して話に食らいつきました。 ですが、私はまだまだ新人。分からないことや失敗、ケアレスミスなども経験として重ねていくのは当たり前のはずです。 当時の私は(これじゃ会社のお荷物だ。なんで給料をもらっているのかわからない。これじゃだめだ。もっと貢献しなくちゃ。)と焦り、空回りだけを始めていたのです。 「自分で成果をあげたい」という思いから、だんだんと報連相もおろそかになり、自己判断によるミスや失敗が多くなるばかり。そしてまた(これじゃ会社のお荷物だ。なんで~)という悪循環に陥っていくのです。 もう、死神は私の首に鎌を掛けていたのです。自己肯定感は失われていく一方で、あっという間に希死念慮に支配されました。 2013年10月ごろ、実際に自殺企画までいき、一歩手前でした。 その後、すぐに上司に報告して精神科で受診することを勧められました。 最初はエビリファイのみから始まりましたが、服薬による症状改善がなかなか見られず、現在はトリプタノールやフィコンパなど計7種類の薬を、朝、昼、晩、寝る前に服用しています。 2019年1月頃、障害者手帳を取得して、就労移行支援事業所
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら