絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

7 件中 1 - 7 件表示
カバー画像

「フラットアースは真実だった?!」

「は?地球が平(たいら)って、ほんまに?」「地球は丸いでしょ~!ウソはダメよ~!」「でも、世界のパイロットが証明してるもん」「・・・まさか!?・・・信じられない。」ということじゃ。(^^;;まあ、おそらく「都市伝説」じゃろ~とは、思うのじゃが、これが、何か「無視」できないのじゃ。だって「実際に確かめた事」無いもん。ボクも飛行機には乗ったことアルけど、そんな風に「地球が平?」なんて感じたことないよ。ただね~、おそらくじゃけど、あの「50年以上前?のアポロ計画の月面着陸映像」って、「偽造?」とか言われてるじゃん。ボクもね~「何かあやしいぞ~。」って思ってた。だって、月なんてなかなか「到着困難?」ではないかな~?って疑問をずっと感じていたのじゃ。当時の技術で「月面着陸」なんてできる?というのがボクの子供のころからの疑問じゃった。今でもかなり「有人月面着陸」ってできるのかい?という感じじゃ。月面探査装置さえ「簡単に月面到着」できないじゃん。それなのに「月面で旗まで立てて」しまうという。やっぱ「ハリウッド制作?」なのかな?ま、あれはね~「エンタメ?」ということでエエのじゃ。しかし未だに、ボクの「もしかして地球はタイラなのか?」との「疑問」がずっと、ボクの脳裏(のうり)に焼ついている。それにやっぱ「パイロット」の多くが「あ~、そうだよ!地球はフラットなんだ!もう、いいだろ?そういう事だ!」とほとんどの「パイロット」に聴いても、みんな同じ答えなのじゃ。「パイロットってウソつきなの?」って思うくらいじゃ。ま、彼らにしたら「ナニを当たり前の事を何度も聞いてくるのかな?やはり学校の教育がウソを教え
0
カバー画像

テクノロジー「人を作るAI」

【EOMのAI能力】 中国のアリババグループが 顔画像と音声を組み合わせて IAが自動で動画を作ってくれる EMOと言う物を開発しました。 EMOを使えば写真や絵やアニメの人に 好きな声で違和感なく喋らせられて 会話をしたり歌を歌わせたりもでき モナリザに演歌を歌わす事も出来ます 当初AIで顔写真から動くアニメにする 研究をしてましたが更に進化させる為 声を追加して喋る事が出来る AI開発を始めました。 ただ喋らせるだけでなく声のトーンや 歌の抑揚に合わせて首を動かしたり 眉を動かし目や瞼も違和感なく動き 自然な表情を作り出す事もできます 簡単に言えばEMOと言うAIは 写真や絵の顔に好きな声を合成して 完璧な口パクをさせられる画期的な AIという事になります。 しかもEMOでAI化に必要なのは 一枚の顔画像と一つの音声のみで 従来の様な顔の動きの動画を撮り それをPCで3D化する必要が無いのです 研究チームはEOMに映画や番組や会話 歌やダンスの映像を250時間以上集め その動画をAIに見せて学習させ 大量の情報を入れました 〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓 【善と悪】 AIに動画を見せて 人が会話したり歌う時にどんな表情や 頭の動きをするのかを学んでもらい 人間の特徴を知ってもらいました そして顔の静止画の特徴を分析し 動画にした時あらゆる表情の時の 頭の動き頬の動き口まつ毛まぶた等 全ての動かし方を理解させたのです これを拡散プロセスと言う 波形にした声で音の高さや強さや 抑揚などAIに理解させその音を元に 動く顔の動画を作って行きます こうやって開発されたEOMは 1
0
カバー画像

テクノロジー「動画を作るAI」

【AIソラ】 文字を入力するとその意味を理解し 自動で動画を作ってくれる「Sora」 と言うAI技術が発表されて 全世界でとても話題になってます 文章から動画を作るAIが普及すれば YouTubeで特別な知識や技術なしに ハイクオリティの作品を簡単に 制作できるようになります。 これを作ったOpenAIがSoraについて 「まるで魔法のようにテキストから 動画を生み出すAIで初の文字から 動画を作る物です」と言います。 作れる動画の長さが60秒まで可能で 細部までこだわり抜かれたシーン カメラワークの鮮やかな動き 感情豊かなキャラたちを生みます 今迄のAIだと質が悪くて動画と言えず それを考えると動画の長さはもちろん その質においてSoraがこれまでのAIを 圧倒しています。 更に複数キャラや特定のモーション 物や背景の細部まで人が命令した 文字を分析してそれらが現実世界で どんな風に存在するかまで理解します 質の高い動画を作り出すためには 多くの時間や資材が必要でしたが 今後高度な動画を自分1人で作れる 新時代が来るかもしれません。 〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓 【動画制作方法】 このAIが文字から動画を作る方法が 最初モニターをキャンパスとした時 そこに無数の色の絵の具を適当に たくさん出してまき散らします 次に指示された場面の動きを キャンパスにまかれた絵の具を使い 動画として動かしながら絵を作り 特殊な処理で完成させます なのでこのIAが取ってる方法は 文字の意味を理解しながら まかれた絵の具で動画を作る 同時作業を行ってるのです AIを動かす機械を作ったNVID
0
カバー画像

「SLIM~日本初の月面探査機成功!?」

ありゃ~?何なの?「探査機」がひっくりかえっているじゃん!その体制では「太陽光」の受信はムリじゃ。でも、2体の子機?が活躍じゃ。「母船?」が反転しててもね~「しっかりと写真」は撮影されておるぞよ。「でも・・・なんか(恥ずかしい姿?)」じゃ。「JAXA」も「イマイチ?」の判定じゃね。でも、実績としては「月面に到着させた5番目の国家=日本」じゃ。堂々としていいぜよ。すごいことじゃ。(^^しかも目標にかなり接近しての「ほぼ成功?」という結果じゃからね~♪すごいよ。うん。だけど「60年ほど前?のアメリカのアポロ宇宙船」って、あれは「フェイク?」ニセモノなのかい?「撮影所での贋作(がんさく)?」なのかい??「月着陸船のそばでひらめいていたのは(ニセ旗?)」なの??「ソ連」に勝ちたくて、ついた「ウソ」?なの??ま~、今となっては、どうでもイイのかもしれないけど、まさか今でも「月面着陸は無理?」なのかな??「原子爆弾」も「アポロ月面着陸」も「ウソ=フェイク」だったらね~、ボク泣いちゃうかも・・・(これは、ウソじゃ)^^;・・・でも、国家が「ウソ」ついたらね~・・・「ダレを信用するの?」って事じゃ。・・・「やっぱり国家は、信用第一」じゃ。これからは「地球」から「宇宙」じゃ。もう「偽装?」はヤメテ「国家も信用スコア」を上げてくださいまし!よろしくぅ~♪(^^「あれ?さっき、ラジオでね~(太陽光の発電OK)」とのことじゃ。ということで、「ひっくり返った機体が、元に戻った?」のかな??まあ、一安心じゃ。(^^;;では、「月面」には「何がアルのか?」をじっくりと拝見させてもらうぜよ。楽しみじゃね。では
0
カバー画像

皆様、〇〇ニュースには用心してください!

皆様いつもありがとうございます。 今回は、 【〇〇ニュースには用心してください】 というテーマについて お話ししたいと思います。 あなたは コロナ初期に発生した マスクの在庫に関する 騒動を覚えていますか? この騒動は TwitterなどのSNSで マスクの備蓄が無くなるという 内容の投稿が頻繁に行われ、 その結果、 多くの人がドラックストアなどへ マスクを求めて殺到し 店頭からマスクが姿を消しました。 政府や販売店が マスクの備蓄は十分にあると 繰り返しアナウンスをしても、 なかなか騒動は収まらず 最後には店舗での販売が一時中止になる という事態に発展してしまいました。 なぜこのような騒動が 起きてしまったかというと SNSなどへ投稿された、 【フェイクニュース】 が原因として考えられます。 フェイクニュースには 悪意があるものもあれば 善意で拡散されているものもあり そのため そのニュースがフェイクなのか 見分けることは難しく、 多くの人が無自覚のうちに フェイクニュースを信じてしまい 行動を起こしてしまいます。 特に仮想通貨などの投資の世界には 多くのフェイクニュースが 日々発表されています。 実際にそれを鵜呑みにして 損をする人も少なからず 存在しています。 フェイクニュースに 惑わされないためには、 ・様々な角度から情報の  裏どりをするよう心がける ・人ごとではなく自分も騙される  可能性があることをしっかりと意識する といったことを意識する必要があります。 特に、 今の自分が考えにマッチするニュースは 信じてしまいやすいので 注意をしてください。 フェイクニュース
0
カバー画像

「ネッシー大捜査」・・・夢いっぱい。^^

もう~、50年ぶり??あのスコットランドの「ネス湖」の「ネッシー」の大捜索じゃ。^^;今年は、かなり降水量が減って、例年の30%くらいとのこと。^^;それに「水をかなり吸い上げた」からね~「今年は、さすがに’ネッシー’も頭を出すんじゃ~ないの?!」っていう、アホのような話題で持ち切りじゃね。(^^;あのねえ~、もう数十年前?かな??「あれは、恐竜の模型でネス湖にちょいと浮かべただけのフェイク(うそ)写真」ですよ~、ってオッちゃんが、証言?したじゃんか~。(^^;もう、それで「終了」でしょ?!え、まだやりたいの??アンタも好きねぇ~♪^^まあ、でも「30年ぶり?」位の低水位だし~、「なんかネス湖にはある?」かもしれないので、ボクも実はちょっと興味あるぜよ。^^数十年前に発見された「シーラカンス」だって「存在」してたんだから~、まあ、期待するぜよ。^^だけどね~、まだ、日本だって鹿児島の「イッシー」とか~北海道の「クッシー」なんてのもいるからね~、期待できるぞ!え?「イッシー」って、’おおうなぎ?’え?「クッシー」って、’人食い魚?’まあ、なんでもええのじゃ。この広島だって「ヒバゴン」とかっていう「類人猿?」とかが話題になったりね~、そういえば「ツチノコ」っていうヤツもいたね。^^へえ~~。ま、「ヒバゴン」ってわかんないけど、「ツチノコ」はありゃ~、「ヘビが動物でもパクって」食べた後の姿?じゃ~ないのかい??ま、ど~でもいいけど。古(いにしえ)にあった「人面魚」・・・もう、あれも「ただの斑点?」だし。^^みんな「ヒマ」ねぇ~♪はい、ボクも。では、また次回も「UMA」でいくか?じゃね
0
カバー画像

ある日突然歩けなくなった僕 1

※フェイクをもりもりに盛り込んでおります。A太くん、10歳。彼は2歳年上の兄と4歳年下の妹の3人兄弟。お母さんは元気で明るく、フルタイムで働きながら祖母の介護も兼任しているような忙しい毎日を送っていた。お父さんは優しくて穏やか。子煩悩で日曜日はめいっぱい子供と遊んでくれるような人柄。そんな家庭で育ったA太君は少しやんちゃで活発な男の子。兄の影響でサッカーを始めて、足も速く運動会ではいつも一番だった。4年生の運動会で大活躍した翌週のことだった。その日はまだまだ暑く、A太くんも半そで半ズボンで小学校に登校した。少し先に行ってしまった兄を追いかけて家を飛び出した。家を出て最初の交差点。それは突然だった。車がハンドル操作を誤って歩道に突っ込んできた。つづく
0
7 件中 1 - 7
有料ブログの投稿方法はこちら