傾斜

記事
コラム
傾斜10度の坂道を。

私はまさしく上っているのか、
あるいは、
こんな性格なんだなと納得するか。

毎日書いてる仕事でも、
うっかり、
構成上必要なことをすっとばすことが、
あります。

たくさん書いてると、
毎日毎日、
自分が書いたことを忘れて行かないと、
いっぱいになります。

昔床屋してた時も、
お客さんの顔はすぐに忘れました。
街で会っても誰だか、さぐりさぐり。
でも、
翌月来ていただいた時は、
会話に対応できました。

お客さんお顔が認識できないのは、
飽和の量を越してるんだと思っています。

ただ、
仕事の場合は、ご迷惑かけます。
前日の原稿はきちんと確認しないと、
信用を失います。

仕事は、
悲しい記憶の数ではないんです。
飽和になっても忘れてはいけないんです。


申し訳ございませんでした。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す