今日も月初の買いが見られたようだが・・・ 週末の手仕舞い売りもあって冴えない展開!! 日々是相場-夕刊-

記事
マネー・副業
☆ テクニカル分析 ☆
 日経平均
引き続き25日移動平均線や基準線、75日移動平均線に雲などに上値を押さえられる形となっている。遅行スパンがローソク足の上昇について行けずにローソク足を下回るようであれば、一気に下値を試すことになるのだろう。
 ☆ 相場雑感 ☆
 ニューヨークダウは異様に強いがどこまで続くかということになる。買われすぎとなっている銘柄も多く、徐々に上値の重い銘柄も多くなっており、金利上昇などがみられると一気に調整となるのだと思う。日本株も米国の上昇について行けないが下落には付き合うだろう。
 米国株もバブルではないという向きも多いが株価とすれば明らかにバブルであり、暗号資産や商品相場などを含めてバブルが生じているということだと思う。金融緩和がいつまでも続くということではないのだから、金融緩和の終了がみえたところで株価も調整となるだろう。
 いくら企業業績が好調と言っても買われすぎは修正されると思うし、買われすぎたものは今度は売られすぎまで売られるということになるのだろう。いわば「逆バブル」ということが起こるのではないかと思う。新型コロナウイルスの感染拡大が止まれば景気も企業業績も良くなると思っているし、その際に金融緩和も終わるということだろう。
 金融緩和の終わりがどこで見えてくるかということが問題となりそうだが、株式投資のすすめみたいなことが一般の雑誌などでも取り沙汰され始めており、バブルもそろそろ終わりが近いということだろう。株式投資をしない奴は馬鹿だというような雰囲気が見えれば、そこが天井ということなのだと思う。
株式市況解説動画は1日4回配信中です!

無料メルマガ会員募集中!

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す