33,000円を超えるかどうか・・・ 超えないと売り直されそうだが・・・

記事
マネー・副業
 おはようございます。

 今朝は空が明るいのだが、小雨が降っている。乾燥する時期なので雨はありがたいがあまり効果はないのかもしれない。株式市場は欧米での利下げ機運が盛り上がっているが、景況感が悪いということで冴えないものが多い。利下げがあるから景気が良くなるだろうということで買われてはいるが、買戻し一巡となったものから売られるという面もあり、やはり景気が悪い、業績が悪いと言うことであれば買えない状況なのだろう。

 日本では金融緩和が継続するということも好材料ということなのだろうが、逆に言えばそれだけ景気が良くないということでもあり、円安効果で好調な業績と言うことであれば、米国金利の低下が円高となり、円安効果が期待できないということになる。いずれにしても欧米の利下げがそれほど株式市場にとって良いことだとも思えないし、利下げを織り込んだということであれば、買戻し一巡となったものから売られるということになるのだろう。

33,000円の水準をあっさりと割り込み、下値の節目と見られた32,800円水準まで下落となった。こうなると戻しても33,200円と言うような雰囲気になってくるのだろうし、まずはすぐにでも33,000円台回復となるのかどうかということになる。夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物でも33,000円に届かなかったので、上値が重いとなると再度売り直されて32,200円~300円あたりまで下落ということもあると思う。

米国株はまちまちだが、昨日の大幅下落の反動もあり、夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物が高かったことで本日の日本市場も買い先行となりそうだ。ただ、空売りがそれほど積み上がっているということでもないので寄り付きの買戻しが一巡となったあとは上値も重くなるのだと思う。買戻し一巡となるところでさらに空売りが積み上がるのかどうかということで指数が振らされることになるのだろう。戻りが鈍いとなると再度売り直されて下げるということもあると思う。

詳しくは無料メルマガや無料動画をご覧ください。(売り買いのシグナル銘柄一覧が見られるようになりました)

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す