案外値持ちは良いかと思ったが・・・ 最近は後場になると売りが多くなる感じだな!

記事
マネー・副業
☆ テクニカル分析 ☆
 日経平均
底値圏での保ち合いということだ。急落後の下げ渋りとなっており、いったん戻す場面もありそうだ。
 ☆ 相場雑感 ☆
 本日も月初の買いが見られたことで総じて底堅い展開となった。ソフトバンクGが大きく指数を押し下げたというように買われすぎ銘柄の上値の重さ、手仕舞い売りを急ぐ動きが出ているということだろう。月初の買いの対象とならないものが売られているという面もありそうだ。
 単純に日経平均が買われているということではなく、月初の買いに買戻しが交じっている。さらに空売りが積み上がるようであれば、28,500円程度まではあっさりと戻すのではないかと思う。ただ、その先は米国の金融緩和の終了などでの信用収縮の流れが止まらないと戻しきれないと思う。
 お金の流れを考えればオミクロン株での大騒ぎもあり、信用収縮の流れなのだろう。リスクの高いものから徐々に外していくということになるが、どこまで信用収縮が続くのかで相場の下落幅も変わってくるだろう。2018年の暴落や2015年の暴落を想定しておくと良いだろう。
 いずれに暴落もいったん止まったかに思われたあとからさらに大きく売られるという状況であり、今回もここからさらに大きく売られるという懸念もある。まずは下げ渋りとなったが、まだまだ警戒は怠らない方が良いと思う。
株式市況解説動画は1日5回配信中です!


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す