カテゴリから探す

WordpressのSSL対応作業代行を行います

アドレスバーに「保護されていません」と表示されなくします

5.08件) 販売実績:8
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:要相談 /約3日(実績)
2,000

60ポイント(3%)獲得

サービス内容

サイト運営をしている中で最近結構目にするようになった「SSL」。ご存知ですか?

簡単に説明するとサイトの通信を暗号化して通信中に情報が漏洩するのを防ぐ通信方法のことをいいます。SSL対応しているかどうかはURLが「https:~」で始まっているかで簡単に判断ができます。

SSL対応していないサイトは、例えばGoogle Chromeブラウザでは現状アドレスバーの左にiマークが表示されるようになっていますが、今後「安全ではありません」等の表示がされるようになります(Googleの公開資料より)。

従ってSSL対応させる=個人情報等の保護という本来の目的ではなく、訪問者から「見た目に怪しいサイトと思われてしまう」可能性がありますし、Googleでの検索結果に少なからず影響があるという情報もありますから、個人情報を扱うサイトやクレジットカードなどの情報を入手する必要がないサイトであっても対応しておいた方がいいということになります。

また、SSL対応したつもりでも完全でないこともあります。サイトを開いたとき、アドレスバーの左端はどのように表示されていますか?「保護された通信」と緑の文字で表示されていますか?そうでない場合にはSSL対応できていない可能性があります。

ここでは
・全くSSL対応していないWordpressサイトのSSL化設定
・SSL化したけど「保護された通信」と表示されない場合の対処
・SSL化する過程でうまくいかなくなった場合の対処
についてサービス提供させていただきます。

まずはメッセージまたは見積もり依頼にてサーバー名とサイトのURLをお知らせください。状況やSSL対応できるかなどをお答えさせていただきます。

※基本的には2,000円で対応いたしますが、サーバーの種類や特別な設定が必要な場合には追加料金が発生する場合があります

※お問い合わせ・ご依頼いただく前に必ず【購入にあたってのお願い】【よくある質問】をご確認いただけますようお願いいたします。

購入にあたってのお願い

※SSL対応の作業ができるのは、独自ドメインで運用されているサイトのみです

※作業にはSSL対応するための証明書を取得する必要があります。お使いのサーバーに無料で使えるSSL証明書作成サービスがない場合は取得方法などをご案内させていただきます(詳しくはお問い合わせください)

※Wordpressで運用されているサイトに限らせていただきます

※作業に当たっては細心の注意を払わせていただきますが、万が一サイトに不具合が生じても当方では責任を負いません。事前のサイトファイルおよびデータベースデータのバックアップ等はお客様で行うようにお願いします。

※常時SSL化作業を行った場合でも使われているプラグインやテーマの仕様・環境などによってはすべてのページがSSL化されない場合があります(可能な限り対応はさせていただきます)

※SSL化後アクセス数に影響が出る可能性があり、完全に戻る・増進する確約はできません(より詳しい情報は【よくある質問】をご覧ください)

※環境によってはお受けできない場合がありますのであらかじめご了承ください

一言PR

複数のサーバーでのSSL対応をした経験がございますので、より安全に作業をさせていただけると思います。

よくある質問

サイトをSSL対応できるかが分からない
こちらでお調べしますので、サイトのURL、お使いになっているサーバー名をお知らせください

※お問い合わせ時、場合によってはログイン情報をお預かりして内部の確認をさせていただく場合があります
どの位で作業は終了しますか?作業中サイトにアクセスできなくなることはありますか?
基本的にはお受けする際に作業日時の打ち合わせをして作業をさせていただきます。

すべての作業完了までに1時間程度いただきますが、その間は旧http:~で基本的にアクセス可能ですのでサイトが全く表示されなくなるということはありません(ただし環境によりますので100%とは言えません)
作業後に自身で行う作業はありますか?
作業させていただくのはサイトをSSL通信させるまで(保護されていますと表示されるまで)となりますので、
・Google Search Consoleへのサイト追加
・Google Analyticsなどアクセス解析サイトの登録URL変更
・アフィリエイトサービスやブログランキングなど外部に登録しているサイトのURL変更
などサイト内部とは関係のない設定についてはお客様ご自身で行っていただく必要があります
常時SSL化後にアクセス数や検索順位などへの影響はありますか?
非SSLのサイトとSSLのサイトは検索エンジン上では別のサイトと認識されます。当サービスでは非SSL(http)へのアクセスをすべてSSL(https)へ転送するよう設定しますが、検索エンジン内部で完全にサイト内のページが切り替わるまでの間は検索結果や順位が非常に不安定となります。

これについては検索エンジンの巡回頻度や順位決定のアルゴリズムによるものでSSL化作業そのものとは別の懸念事項となります。

従って、SSLにしたらアクセスアップすると思ったのに逆の結果となった・・などという場合でも当方では責任を負えませんので、熟慮の上ご依頼いただけますようお願いいたします。

※大手検索エンジン運営のGoogleでは自身のブログでSSL化されたサイトを検索結果で優先的に上位表示すると発表していますので、長い目で見れば必ずSSL化は必要となると考えております。
SSL化後に発生するその他の影響はありますか?
外部サイトからの非SSL時代のページへのリンク(被リンク)については継承されませんので、リンクを張ってくださっているサイトやサービスへURL変更の働きかけを行っていただく必要があります。

また、非SSLとSSLのサイトは別サイト扱いのため、SNSの種類によってはシェア数がリセットされることがありますので、復元したい場合はお客様ご自身で対処いただく必要があります。
SSL証明書に有料のものと無料のものがあるのは??
SSL(暗号化通信)を行っていることを示すSSL証明書にはたくさんの種類(サービス)があります。

一般的には無料のものよりも有料のものの方が検索エンジンが評価する上で信頼度が上がるため検索結果に優位となることがありますが明確なことは検索エンジンにしか分かりません。

従って企業などのサイトでなければサーバーなどで無料提供されている独自SSL証明書を利用されても問題ないと思われます。

評価・感想(8件) 5.0

コミュニケーション
  サービスの説明
 
読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス