人生を豊かにする「重たい本」をおすすめします

教養本の紹介・選書! ~読書=小説から離れてみたい方へ~

評価
5.0 (13)
販売実績
14
残り
3枠 / お願い中:0
人生を豊かにする「重たい本」をおすすめします 教養本の紹介・選書! ~読書=小説から離れてみたい方へ~ イメージ1
人生を豊かにする「重たい本」をおすすめします 教養本の紹介・選書! ~読書=小説から離れてみたい方へ~ イメージ1
人生を豊かにする「重たい本」をおすすめします 教養本の紹介・選書! ~読書=小説から離れてみたい方へ~ イメージ2
人生を豊かにする「重たい本」をおすすめします 教養本の紹介・選書! ~読書=小説から離れてみたい方へ~ イメージ3
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    7日(予定) / 約2日(実績)
    初回返答時間
    3時間以内(実績)

サービス内容

おすすめされるのは、いつも「軽い本」です。 小説・ビジネス書・新書は、書店や読書会ではしばしば紹介されています。 平易で、分厚くないし、安価だからでしょうか。 でもその「軽い本」、 あなたの血肉になっていますか?  頭から抜けてはいませんか?  人生の役に立っていますか? 専門書や教養本などの「重たい本」は、なぜ読まれないのでしょう。 専門用語が多いから? ページ数が多いから? 勉強がきらいだから? 私は、年100冊程度本を読みますが、小説などはほとんど読むことがありません。 最近は、遺伝子の本、日本史の本、考古学の本、暗号の本、言語学の本、少数民族の本、評論の本、数学の本、女性心理の本、農業の本、栄養の本、社会学の本、ジェンダー論の本、金融の本などを読んでいます。 わたしのいう「重たい本」とは ・国数英理社のおもしろさを再発見できる本。 ・すぐには役に立たないけど一生廃れない本。 ・先行きのみえない未来の道しるべになる本。 本来、勉強はもっと面白いはず。 本来、読書はもっと体力を使うはず。 あなたの人生が豊かになりますように。 私のお気に入りは 「利己的な遺伝子」 「暗号解読」 「サピエンス全史」です。 (いずれも400p以上あります)

購入にあたってのお願い

一人ひとりとの相性をみて本をオススメしますので、はじめに以下お答えいただけると、スムーズです。 ●自己紹介 (年齢、性別、職業、趣味、本の希望ジャンル、SNSなど、差し支えのない範囲で) ●本で困ってること (小説以外の本を知る機会がない、自分だと選書が偏ってしまう、重たい本を読んでみたいが選び方が分からない、など) ●活用するシチュエーション (仕事のスキマ時間で読むつもり、休日や旅行でしっかり時間を取って読むつもり、個人的な悩みを解決する手がかりにしたい、自身のブログで公開したい、等) ======== その他 ======== ※お届け日は7日以内とさせて頂きます ※コピペやPDFによる回答ではありません ※特別な依頼内容には柔軟に対応します

有料オプション