カテゴリから探す

高校生の「就職」に関する相談をお受けします

「進学」ではなく「就職」を選んだ高校生・保護者の皆様へ

  • 評価
  • 1
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 残り 9
    無料お試し枠
  • 3
    お届けまで(予定)

サービス内容

高校卒業後、進学ではなく「就職」を選ぶ生徒の割合は約16%。現代の日本では少数派といえます。
そして、高校生は原則学校経由での職業紹介となるため、学校の進路指導担当の先生による手厚いサポートが受けやすい環境です。
ですから、市販の解説書等も少なく、高卒就職の支援サイトも決して充実しているとはいえません。

しかし、なんらかの事情で、第三者のアドバイスが必要な場合はないでしょうか?
履歴書の書き方、就職活動のルール、志望動機の作成・添削、面接のコツ、作文の書き方等は、高校生が苦労する点です。

ひとりで悩むより、ひとまず、相談してみませんか?
ご本人でも保護者の方でもご相談をお受けします。

※大学生の就職や社会人の転職については、ココナラでも多数のサービスがありますので、そちらをぜひご活用下さい。

サービスのサンプルがご覧いただけます。
サンプルをすべて見る
サンプルをすべて閉じる
トークルームでの回答サンプル(1)

就職試験の項目に「作文」があります。ぶっちゃけ、作文は大嫌いで、何を書けばいいかさっぱり分かりませんし、当日もきっと困って書けないと思います。何かコツはないでしょうか?

作文のテーマにもよりますが、こんな作戦はいかがですか?
作文を3つに分けて書く方法です。

(1)最初の部分
出されたテーマが「とても大切」「重要なこと」「素晴らしいこと」だと断言する。言い切る。
(2)真ん中の部分
テーマに関係する学校生活の思い出、アルバイトの経験など、自分の体験談を書く。
※ここの部分は、書かなければいけない作文の文字数に合わせ、増やしたり減らしたりする。
(3)最後の部分
会社に入ったら、(2)を活かして、(1)を頑張りたいと書く。

テーマによっては使えない作戦(例/3年間の思い出)ですが、こういう書き方は比較的文字数を増やしやすいですよ。ご検討下さい。

トークルームでの回答サンプル(2)

ズバリ、面接のコツを教えてください!

高校生の就職試験でしたら、以下の3つです。

(1)大きな声で。
それが一番難しい!と怒られそうですが、やっぱり注目されるポイントです。
実際に出ているかどうかではなく、できるだけ大きな声を出そうと頑張る姿が、きっと会社の方に伝わります。

(2)しゃべる前に「はい」をつける。
「朝ごはんは何を食べましたか」→「× 納豆です」「◎ はい、納豆です」
「好きな果物は何ですか」→「× メロンです」「◎ はい、メロンです」
・・・「はい」をつけることで、メリハリがついた受け答えになり、かつ、「え~と」「あのー」と言いにくくなりますよ。

(3)ロボット人間になる。

(文字数制限のため省略します。)

購入にあたってのお願い

※一両日程度での回答を心がけますが、できるだけ余裕をもってご依頼いただければ幸いです。
※無料お試し枠をご活用ください(何度でも利用可能です)。

一言PR

求人側・求職側双方の立場を少しずつ(ふつうの企業のサラリーマンとして、地元求人紙編集者として、合同企業説明会の主催団体のメンバーとして「求人側の立場・考え方」を、そして学校教育関係の職歴から「採用される側の立場・考え方」を)経験していることで、高校生のお役に立てるかもしれません。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス