名前の由来を考えます

自分の名前をもっと好きになれるような物語を作成します。

評価
-
販売実績
0
残り
2枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. 基本料金に含まれる内容
    お届け日数
    3日(予定)
    ジャンル
名前の由来を考えます 自分の名前をもっと好きになれるような物語を作成します。 イメージ1
名前の由来を考えます 自分の名前をもっと好きになれるような物語を作成します。 イメージ1
名前の由来を考えます 自分の名前をもっと好きになれるような物語を作成します。 イメージ2

サービス内容

・例 「太郎」 むかしむかしあるところに お爺さんとお婆さんがいました お爺さんは山に芝刈りに、お婆さんは川へ洗濯に すると川に大きな大きな桃が流れてきました あれ? 桃の上に赤ん坊が寝ているではありませんか お婆さんは、その赤ん坊に心太と名付け大切に育てました。 そしてなんだかんだあり、心太は大きくなり 鬼ヶ島へ 鬼ヶ島に着くと、沢山の鬼がいましたが、水の呼吸とかを使って戦いました。 そして、鬼の親玉が出て来ました。その鬼は、自らをカグヤと名乗る美しい女性の鬼でした。 そこで、心太はピンときました。まさか... そうです。あの日あの時あの場所で、心太が拾われた日に お爺さんが山で、竹の中から見つけた女の子だったのです。 そして、なんだかんだ巡り廻って、女の子は鬼になり鬼が島に行っていたのです 二人は惹かれあいましたが、その時代、鬼と人では手をつなぐこともできない定め 1年に一度だけ、鬼退治に行くという名目で、鬼ヶ島に行き、カグヤに会っていました。 しかし、そんな生活も長くは続きません ある年の遠征後、京の帝にこう言われてしまいます。 「お前、鬼退治してなくね?」 京の帝にバレてしまっては、もう会うことはできません。 しかしカグヤのお腹には、心太との子が そして、心太は帝の命により、絵本作家になり、桃太郎という物語を作成することになります。 この物語は、鬼を退治するという話で、京の帝だけでなく、万人に受け、一気に全国に広まることとなります。 しかし、この物語は、暗号になっていました。 「そなたのことを愛しております」 それに気づいたカグヤは、子供に、いつの日か、鬼も人も仲良く暮らせるようになったら 子供に太郎という名前をつけておくれと、子孫に託しました。 そして、まだまだ課題はありますが、法の下、人も鬼も平等になったこの世界で 太郎という名前は、たくさんの子供に名付けられました。 みんな仲良くなりますようにという、希望を込めて みたいな短い物語を作成します。 ミステリーからラブストーリー、神話みたいな話など、ご要望通りに作成いたします。 よろしくお願いいたします。

購入にあたってのお願い

名前(名前を教えたくない方は、言っていただければ、うまいこと書きます) 物語のジャンルなど要望あれば承ります。