カテゴリから探す

代理出産アテンドのプロが現実的な方法を提案致します

ー生まれつき子宮がない人や子宮摘出された方以外でも可能です。

販売実績:1
現在お願い中:0 残り受付枠:10 お届けまで:2日(予定)
1,000

10ポイント(1%)獲得

有料オプション

サービス内容

ジョージア(グルジア)代理出産ジャパンの横須賀と申します。
ジョージア(グルジア)での代理出産プログラムをコーディネートしています。

代理出産で有名なアメリカの半額程度の予算で代理出産でお子様を得ることができます。
日本の法的な問題もあり、48歳を超えていなければ間に合います。

考えているだけでは先に進みません。
この機会にまずご相談から始めませんか?

このサービスは打ち合わせをビデオチャットで行うことが可能です

有料オプション

このサービスには、1,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

代理出産はひとそれぞれ背景が違いがありますので、あなたの希望に合わせやジャストフィットの代理出産プログラムを作成致します。
作成に当たって個人情報をお聞きすることになりますので、この点を御理解の上ご用命下さい。

一言PR

詳しくは以下のサイトをご参照下さい。
ジョージア代理出産ジャパン:http://www.georgiasurrogacy-japan.com/

よくある質問

なぜ48歳という年齢制限があるのでしょうか?
48歳を超えた女性がパートナーの場合は出産時に50歳を超えてしまう可能性があります。

50歳を超えた女性が母親として記載された出生証明書を日本の役所に提出した場合、届けを受理してもらえない場合を想定しているためです。

出生届を受理してもらえない場合は戸籍が作れないため、子供は無国籍になってしまいます。

結果として日本国籍もパスポートも作れないことになりますので、ジョージアから出国もできなくなります。

このような状態が起こることが想定されるため48歳を超えた女性のいるカップルの代理出産はお受けしていないのです。
ジョージアの代理出産は合法でしょうか?
もちろん合法です。
法律で依頼者と代理母の権利が保障されています。

病院や役所から発行される出生証明書の父母欄には依頼者の名前が明記されていますので、日本で出生届も通常の出産と何ら変わらず出して頂けます。
ウクライナの代理出産と比べてジョージアの代理出産のメリットは何ですか?
ジョージアの法律で代理母に親権が無い事が明記されています。
代理母との契約もこの法律に準じて記載内容となっています。
従いまして、親権に関して出産後に別途契約書や弁護士を使う必要が無いことが最大のメリットです。

一方のウクライナでは契約時と出産後の2回、親権に関する取り決めをする必要があり、出産後代理母がゴネると親権移譲が上手く行かず最悪の場合は親権が取れない可能性があります。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス