サービスを探す

「ファーフリー」(毛皮は扱わない)運動と、中国のアンゴラウサギの悲劇!「社会の裏側」44を半額で提供

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:3日(予定)
500

5ポイント(1%)獲得

この出品者は最終ログインから時間が経っています。

サービス内容

最近、ファッション企業たちが、こぞって「ファーフリー」(毛皮を扱わない)方向へ動きだしました。なぜだと思います?中国でのアンゴラウサギの実情が明かになったからなんです。これは凄まじい。


こんにちは。この「社会の裏側!」シリーズは、アマゾンではすべてが電子書籍になっております。レートにもよりますが、各巻は585円前後。しかし、「PDF版」でのご希望がかなり多いため、当事務局では特別に「PDF版」を作成してお譲りしております。その場合の価格は、各巻が1000円ですが、今回、ココナラ限定で、「500円」で提供することにいたしました。企業名や商品名なども公表し、とてもマスコミでは報道できない内容ですので、今後の人生にお役に立てば、幸いです。すべて短文で、しかも楽しい文体です。ぜひお楽しみください。詳しくは下記をご覧ください。→ http://goo.gl/PVR8lE

購入にあたってのお願い

★多くのかたのお役に立てば、幸いです。

一言PR

★多くのかたのお役に立てば、幸いです。

よくある質問

簡略でいいので、目次を教えて下さい。
(第1章)つまり、隣の中国では、「アンゴラウサギ」の毛皮を、生きながら剥(は)いでいる……。もちろん、麻酔(ますい)などはしません。そのウサギは、「むしり取られるたびに」悲鳴を上げて……。
(第2章)ほら、あなたがいま首に巻いている、その温かそうなマフラーもひょっとして……。PETAという組織が、この滑(なめ)らかな長い毛を引き抜くというアンゴラの生産方法に対する抗議活動を、いよいよ開始しました……
(第3章)だけど、そのような「ファーフリー」を宣言する企業が、一つずつ増えてきたのは事実です。たとえば、ZARA(ザラ)とか、無印良品とか、HUGO BOSS(ヒューゴ ボス)とか、H&M(エイチ・アンド・エム)とか、ブランド名を実名で挙げておきます……
PDF作品の頁はどれぐらいですか。
26頁ほどです。それほどの分量ではありませんし、しかも楽しい文体ですので、「いまの問題」がサッと理解できるかと思います。多くの読者から喜ばれておりますので、ぜひご覧下さい。
ただし、現在の本作品の価格は、ご存じのように、専用ブログで公開している価格の半額です。そのため、ほかのかたの手前、いつまでもこの価格で提供するつもりはありません。
また、ほかにも、「社会の裏側!」シリーズを山田はたくさん執筆していますので、順次、それらを一つずつこの場所で、すべて「半額」で提供して、社会にお知らせして行こうかとも思っております。
そのため、何度も言いますが、本作品の価格については、「ココナラで公開している期間だけ」とさせて下さい。よろしくお願いします。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス