仮歌・歌入れ(女性ナレーション)

仮歌・歌入れを募集・依頼したければこちら。コンペ用楽曲の仮歌や、オリジナル楽曲への歌入れなどココナラで募集・依頼ができます。実績のあるシンガー・ボーカル、コーラスやハモリが得意な歌い手など、あなたのイメージにあった声が見つかります。

930 件中 1 - 60 件表示
930 件中 1 - 60

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

450種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

仮歌・歌入れ(女性ナレーション)の評価・感想

2024-02-26 21:17:21
ytomoko0506
by ytomoko0506
結婚披露宴用のレターソング制作でお世話になりました。こちらの要望を上手く汲み取ってくださり、素晴らしい作品を作ってくださいました。英語の歌詞をたくさん使った歌詞を使っての楽曲制作を依頼したため、英語の発音などについて色々と要望を出してしまいましたが、きめ細やかに寄り添ってくださり、コミュニケーション能力とプロフェッショナル意識の非常に高い方だと思いました。
2024-02-25 17:22:37
tekka
by tekka
初めてご依頼させていただきましたが、本当に素晴らしかったです。 迅速で丁寧で誠意のある対応、ボーカルは完璧ですし、 録音も大変綺麗に収録されてます…。 いただいたボーカルでインスピレーション受けるので、作業が楽しかったです。 ありがとうございました!!!
2024-02-23 11:04:54
manulani
by manulani
ジャンルに関わらず無理な依頼を受けてくださり感謝しています! UTAIさまの美しい歌声がイメージがピッタリで今回は伴奏にミックスをお願いさせていただきました。とても素晴らしい仕上がりになり大満足です! 今後とも宜しくお願い致します!ありがとうございました!
2024-02-22 20:11:44
akikohatayama
by akikohatayama
このたびは仮歌を引き受けていただきありがとうございました。 納期よりも早く仕上げていただいて、歌を聞きながらアレンジやミックスができます。 歌い方を工夫していただいたのが伝わってきました。 ありがとうございます。
2024-02-22 3:22:55
Ryo071
by Ryo071
2回目の依頼でした。 修正含めて急ぎ対応本当にありがとうございました。 急ぎでお願いしてるにも関わらず申し訳なく思いながら前回より細かい所を拘りました・・・。最後までお付き合いくださり助かりました。お陰で良い曲になりました。 次の曲もお願いしたいです。

直近で購入されたサービス

「最安値!生き生きとしたボーカルパートを提供します by 夜桜まいみ 夜桜まいみ 」が購入されました。

仮歌(歌入れ)を依頼するならココナラ

音楽活動、特に作詞家・作曲家としてデビューしたい人にとって必要なのがデモテープです。そのデモテープに歌を吹き込むことを「仮歌」と言いますが、どんな人に頼むべきなのでしょうか。仮歌の役割と依頼する理由、依頼先の選び方について詳しく解説します。

<目次>
1:仮歌(歌入れ)とは?
2:仮歌(歌入れ)を制作する人
3:仮歌(歌入れ)の利用シーン
4:仮歌(歌入れ)を依頼するときに必要な費用
5:仮歌(歌入れ)を依頼するときのポイント、コツ
6:ココナラで仮歌(歌入れ)を依頼するメリット
7:ココナラで仮歌(歌入れ)を依頼する方法

仮歌(歌入れ)とは?

仮歌(かりうた)と聞いても、ピンとこない人もいるでしょう。 音楽関係の人でなければ知らないことも多いのですが、実は作詞家・作曲家を目指す人にはなくてはならない存在なのです。どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

・仮歌とはデモテープに入れる仮の歌のこと
仮歌とは、デモテープと呼ばれる、これからリリースする前の楽曲に仮で吹き込む歌のこと。そのまま世に出ることはないのですが、「こんな曲を世間に出したいんです」「こんな音楽が書けます」と言ったときに使えるものです。表には出てこない存在ですが音楽シーンではとても大事な役割になります。もちろん作詞・作曲をした人が自分で歌える場合は自分で声を入れても問題ありません。しかし、歌に自信がなかったりすると仮歌を歌ってくれる人が必要です。そんな時に代わりに歌ってくれる人が吹き込む歌を「仮歌」と言います。

・デモテープとは
別名デモ音源。第三者に自分の作った楽曲を評価してもらうために作った、制作途中の曲のことをいいます。作曲家などが自身の曲を評価してもらう際に使用されます。そのためよいデモ音源を作ることができれば、高い評価を得ることができ、理想の音楽を作っていくことができるでしょう。よいデモ音源を作るためには、まず楽曲のイメージにあった歌い手に依頼を行うことが大切です。作曲の段階では歌詞がついていないこともあるので、可能であれば歌詞をつけておきましょう。歌詞をしっかりと作りこんでいることで、より高い評価を得やすくなるのでおすすめ。歌詞で使用されているワードなどが、より楽曲のイメージを引き立ててくれるため、聞く人に思いを伝えやすくなります。つまり自分の作曲した曲をより良いものに仕上げるためには、仮歌を行う歌い手を誰に頼むか大変重要です。楽曲にイメージに合わせたキーで歌える・声が楽曲のイメージに合うなど、楽曲と歌声の相性をよく見極めていきます。デモ音源で評価してもらうことができれば、作曲の依頼が増えるでしょう。使っている楽器やアーティストの歌声、ジャンルの方向性などの要望を聞いて、作曲をすることができるようになります。

仮歌(歌入れ)を制作する人

仮歌はその性質上、作詞家や作曲家とタッグを組みます。実際に歌手にレコーディングしてもらう前にデモテープとして作成する際に、仮歌を吹き込みます。また、歌手に歌のイメージを掴んでもらうときにも仮歌は使われます。つまり仮歌は、世間に楽曲が発表される前の大事な工程なのです。決して世間には出ないとしても、仮歌を吹き込んだその楽曲のでき次第では世に出ることなく終わってしまうものもあります。仮歌は、私たちが新しく耳にする楽曲にはほぼすべて行われてると考えて間違いないでしょう。

仮歌は、あくまでも楽曲のイメージを掴むものなので、仮歌を歌う歌手の技量は問いません。それよりもきちんと作詞・作曲の雰囲気に合わせられるかどうかのほうが大切です。世に出ることがなかったとしても、その曲を世に出すかどうかが決まる大事な音源に声を吹き込んでいることに変わりはありません。仮歌は楽曲が完成する直前の段階で行われる工程。仮歌を吹き込む側には、その世界観の表現力などが求められます。

仮歌(歌入れ)の利用シーン

仮歌はどんな時に使用されるのでしょうか。ここからは仮歌が必要になるシーンについて説明していきます。

1:作詞・作曲した歌のデモ
繰り返しているとおり、仮歌の役割は出来上がった楽曲の雰囲気を実際に歌を当てはめて見てみるところから始まります。作詞・作曲を担当した人が声を吹き込むこともありますが、仮歌が使われることも少なくありません。仮歌の場合、あくまでも仮なので、雰囲気さえわかればそれでよし。本番で歌うアーティストや歌手に何度も依頼する必要はありません。最終的に、デモテープの出来がばっちりなら、正式に歌手たちが録音に臨むのです。

2:楽曲コンペ
音楽事務所などで行われる楽曲のコンペでも、仮歌は使われます。自分が作った曲が選ばれるかどうか、その審査で使われるデモテープでの仕事です。もちろん作った人が歌えればそれでよしですが、必ずしも応募した本人が本番も歌うわけではありません。楽曲提供という形で別の人に歌ってもらう楽曲などでは、特に仮歌が使われます。歌なしの、楽曲のみの提供であれば仮歌で十分でしょう。

3:楽曲の最終調整に
仮歌をあえて吹き込むことで、最終的な雰囲気に調整にも使われます。実際にアーティストの色を感じられなくても、「おおよそこんな感じ」と知ることは可能です。この段階で、当初思い浮かべていたものと違えば、微調整を加えたりすることも。一種の試供品を作ることと同じなので、この工程は外せません。仮歌には上記のような役割があることを覚えておきましょう。

4:「歌ってみた」のハモリパートに
ハモリとは、メインメロディーを異なる音程で歌うことでハーモニーを作り、曲に深みと一体感を出すこと。混同しやすいユニゾンとは、メインメロディーを同じ音程で重ねて歌うことです。ハモリはリードボーカルを引き立たせ、曲のクオリティを高めるために必須な演出です。

・ハモリたい音源を聞き込む
ハモリの土台となるのはメインメロディー。主音に沿って音程をずらしていくので、メインメロディーを理解していることが大前提です。まずはメインメロディーを何度も聞き込んで、どこにハモリを入れるか、どんなハモリが合いそうかなど、頭の中で全体像をイメージしておくと後々ハモリ作成をしやすくなります。

・ハモリ方を決める
ハモリの種類は、「度」という単位で表現されます。1度とは主音のことで、

- 2度ハモリは主音から音符1つ差を歌う
- 3度ハモリは主音から音符2つ差を歌う
というように数字が上がるにつれて主音との距離が離れます。

・ハモリの音程を覚える
ハモリたいすべての音に対してStep2を反復することで、曲全体のハモリパートを作ることができます。次に、出来上がったハモリの音程を何度も繰り返し歌って暗記しましょう。同時に主旋律の音程も覚えておくと、歌いながらハモリの音程の調節ができたり、リードボーカルにつられにくくなったりします。

・ハモリを練習する
次項でもご紹介しますが、アプリやYouTube、カラオケなど、ハモリパートを練習できる無料ツールは案外たくさんあります。このような無料ツールを利用したり、ハモリがわかりやすい定番曲から練習したりして、ハモリの感覚をつかんでいきましょう。

以上の4つの工程を経てハモリパートが生成されますが、ハモリの音程を覚える段階で仮歌(歌入れ)を用いることで、より効率的に練習することができます。

仮歌(歌入れ)を依頼するときに必要な費用

仮歌という、音楽業界特有の依頼を受けてくれる人は実はけっこうたくさんいます。 「仮歌 依頼」と検索すれば、たくさんの仮歌の歌い手が出てくるのです。しかし、もし最初に仮歌を依頼するのであれば、費用面などを鑑みてもココナラがもっとも有力!価格がリーズナブルなだけではなく、あらゆる面で便利に感じるでしょう。

1:制作会社はクオリティが高いが費用が高額
ここでいう制作会社とは、一種の音楽事務所のようなところ。仮歌を専門で扱う事務所もありますが、この制作会社の費用がそれなりに高額になります。いかにプロの歌手でなかったとしても、特別なレッスンを受けている歌のプロであることは事実。制作会社の手配するスタジオの料金や人件費を含めて、それ相応の対価は必要になるでしょう。公開音源か非公開音源で変わりますが、総額で4~6万円前後にはなると考えておくといいです。(*2022年7月時点)

2:ココナラであればリーズナブルに依頼できる
ココナラでも仮歌を出品している人がいます。実はココナラで仮歌を依頼すると、制作会社でかかる費用を大幅に下げることができるのです。品質はもちろん保障済みで、なかには本歌まで請け負ってくれるクリエイターも!価格はおおよそ3,000~5,000円の範疇に収まります。(*2022年7月時点 )プロのボーカリストや声楽出身など、そのジャンルは多種多様。仮歌の段階で理想にあった声質の人に自分からオファーできるのも、ココナラで仮歌を依頼できる強みです。

仮歌(歌入れ)を依頼するときのポイント、コツ

実際に依頼したい曲がどのような曲なのか、明確に説明できるようにしましょう。そのためには、デモ音源も有効です。何よりも歌い手自身が楽曲をイメージしやすくなり、曲によってはサービスの提案もあるかもしれません。

また歌ってもらう際の仮歌詞も決めておきましょう。仮歌詞を決めておくことによって、楽曲の世界観が伝わりやすくなります。注意するポイントとしては、歌入れの後に歌詞を変更する場合、有料オプションで別途料金が発生することもあります。依頼中に歌詞変更をする可能性がある場合は、事前に料金の確認を行っておきましょう。もし歌詞を決めきれないようであれば「ららら」や「でたらめ英語」で対応してくれる歌い手もいます。出品サービスをチェックし、比較することがおすすめです。

実際に依頼することになったら、遠慮せず具体的な指示を出しましょう。「この部分は力強く歌う」「ここはラップ調で歌う」など、歌唱方法で曲のイメージを伝えます。そのほうが歌い手も楽曲をイメージしやすくなり、理想の仮歌・歌入れに近づけます。もし歌唱方法についてイメージがないときは、サンプルになりそうな曲を用意しておくとよいでしょう。また歌い手によっては、指定のアーティストに寄せて歌うこともできるので、イメージを伝える際の参考にしてください。

ココナラで仮歌(歌入れ)を依頼するメリット

ここからはココナラで仮歌(歌入れ)を依頼するメリットをご紹介します。

1:企業、個人で依頼が可能
ココナラでは用途を問わず、誰にでもサービスを利用していただけます。企業による映像やイベントでの利用から、アーティストへの楽曲提供、歌ってみたなどの個人利用まで様々なシーンに対応しています。

2:予算に合わせた依頼が可能
ココナラのホームページやアプリでは、楽曲制作のクリエーターを探す際に、価格での絞り込みができます。依頼価格は出品者によって変動、最低1000円の依頼から、実績やプロ認定の有無により、相当の価格での依頼も可能です。また、納品までの日数や無料修正回数でも検索の絞り込みが可能。早急に楽曲を必要とする方や、納得のいく楽曲制作をしたい方は、ぜひ利用してみてください。

3:クリエーターの実績が一目瞭然
上記でも述べた通り、ココナラに在籍するクリエーターさんは信頼できる方ばかり。クリエーターさんの出品ページに訪れると、

・ココナラでの取引実績数
・ココナラでの評価
・過去の楽曲提供の実績

などを見ることができます。

4:クリエーターのサンプル音源を視聴
また、出品ページにサンプル音源を載せているクリエーターさんが多いのもポイント。依頼する前に、楽曲や歌声のサンプルの視聴ができます。求めている完成イメージと近しい楽曲を作成してくれる出品者さんに出会えるはずです。

5:納品までの過程がスムーズ
ココナラはクリエーターさんと依頼者の一対一のマッチングなので、関わる必要のある人は一人だけ。見積り・相談から最終納品まで、同じクリエーターさんが一気通貫で対応します。やり取りはすべてチャットで行います。

<ココナラを利用した方の口コミ>
実際にココナラで仮歌(歌入れ)を依頼した方の口コミをご紹介します。各出品者への「評価・感想」欄に記載された声を、一部抜粋しました。

・ボイスサンプルを聞いて仮歌をお願いしました。他の方と比べてが少々値段が高めの印象でしたが、ピッチ・リズム・表現力が抜群でお値段以上のクオリティだと思います!自分のイメージにピッタリの表現をしていただき、素敵な楽曲に仕上がりました!!また機会があればお願いしようと思います。

・納期も短い中、迅速ご対応いただけました!また歌のニュアンスも汲み取って表現いただけて満足しております。

・いつもクオリティーが素晴らしく忠実に再現していただけるので本当に助かっております。この度もどうもありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

・仮歌を入れてもらいました!難しい曲を可愛い声で歌ってくださってありがとうございます。こういう依頼は初めてだったのですが対応も丁寧にしてくださり安心して以来ができました、ありがとうございました!

・クオリティの高い素敵な歌声をありがとうございます。ハモリも正確なピッチで綺麗でした。またよろしくお願いいたします。

納品物のクオリティに対する評価は良いものがほとんどで、依頼者へのフォローや提案力などにも、満足している口コミが多数見られました。初めて仮歌(歌入れ)を依頼する際は、やり取りが長丁場になる場合も多く、依頼者が不安に感じる場面も出てきます。そのような場面でもしっかりとフォローしながら、品質の良い作品を納品している様子が見られました。

一方、イマイチな口コミには、出品者とのコミュニケーション不足が原因と思われるものが僅かですが見られました。ココナラでは、出品者とのやり取りは「トークルーム」と呼ばれるチャット機能を使ったテキスト上のやり取りになります。思い違いが起きないよう、購入前にある程度のやり取りを行い、出品者との相性も確認しておくと良いでしょう。依頼するうえで注意しておきたいポイントは、後ほど解説します。

ココナラで仮歌(歌入れ)を依頼する方法

ここからはココナラで仮歌を依頼する時の、購入から、決済までの取引の流れを説明します。

1:ココナラで依頼する人を探す
ココナラで、検索ボックスやカテゴリから検索。まずは仮歌を依頼する人(出品者)を探しましょう!出品者を選ぶポイントは以下の3つ。

・価格は予算内におさまるか
出品者を選ぶときは、名刺デザインの価格が予算におさまるかどうかに着目しましょう。ココナラの仮歌は、4万~6万円ほどの価格帯が多い傾向です。

・制作実績
出品者の実績も必ず見ておきたいポイントの一つです。過去作成した仮歌のサンプルを見て、クオリティや自分のイメージと合致するか確認しましょう。

・修正回数の有無
仮歌は、1回のやり取りで納得できるものが出てくるとは限りません。出品者は何回修正の対応をしてくれるか、回数も事前に見ておきましょう。

2:サービスを購入する
仮歌を依頼する人(出品者)を決めたら、出品者のサービスをクレジットカード等で事前に決済をします。

3:依頼する
サービス後、トークルームと呼ばれるチャットスペースが利用できます。そこで依頼内容を出品者に伝えます。

4:正式な納品を確認する
​​出品者から、正式な納品(仮歌)が送られます。送られてきた納品物を確認し「承諾/差し戻し」を選択してください。

5:評価を入力する
購入したサービスの感想・評価を入力します。評価コメントと5段階評価の一部(総合評価のみ)は公開されます。

とっても簡単な5ステップ。ココナラでは、新規会員登録(無料)で300円割引クーポンをプレゼント中。ぜひこの機会にご利用してみてください。

仮歌を入れるのは、楽曲作成の最終段階。今まで頭で思い浮かべていた楽曲が形になるときです。決して本歌ではないのですが、仮歌さえ通過すればあとは本歌を入れたり、コンペに応募したりするだけ。仮歌の依頼をリーズナブルにできるココナラに、ぜひお任せください。

<ココナラとは?>
ココナラは、ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。

・比較してお得
200種類以上のカテゴリから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報をもとにお得に利用できます。

・オンラインで完結
サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト・ビデオチャット・電話・コンテンツと幅広く取引が可能です。

・安心・安全
購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

<ココナラの購入者ができること>
・出品サービスの購入
200種類以上のカテゴリで出品されているサービスを簡単に比較検討しながら、豊富な決済手段で簡単に購入することができます。

・見積り依頼
サービス情報や出品者のプロフィール情報をもとに、依頼したい内容に応じて購入前に見積もり依頼やカスタマイズの相談をすることができます。

・提案を募集する
欲しいサービスが見つからない、探す手間を省きたいときは、仕事の依頼内容を投稿することでぴったりの提案をもらうことができます。

・記事の閲覧・購入
ブログコンテンツを閲覧したり、出品者が書く記事を参考にサービス購入を検討することができます。

ここからは、仮歌(歌入れ)を依頼する際に知っておきたい注意点を、5つ紹介します。ぜひ依頼する前にチェックしてみてくださいね。

1:目的に合った出品者を探す
ココナラの仮歌(歌入れ)は「元気・明るい」「落ち着いた」「重厚・渋い」「コミカル・萌え」など、声のスタイルから出品者を選ぶことができます。イメージに合う方を探しましょう。

2:素材をどこまで準備するか検討する
仮歌(歌入れ)制作に使うための素材は、あらかじめ準備しておく必要があります。素材が揃わないと納期が遅れる原因になります。自分たちで用意すべきものと出品者側で用意してくれるもの、それぞれ事前に確認しておくことをおすすめします。

3:納品後のフォロー体制を確認する
納品された仮歌(歌入れ)に不具合があった場合の対応や依頼可能な期間などは、出品者によって異なります。サービス詳細ページで事前に確認しておくようにしましょう。

4:追加料金に注意する
仮歌(歌入れ)制作は、依頼内容によって必要な作業が異なります。あとから追加で費用がかからないように、先に見積もりを依頼して料金を確認することをおすすめします。また、修正が何回できるのか?といった点も先に確認しておきましょう。無料修正回数が「2回まで」「無制限」など、出品者によって対応が異なります。サービス詳細ページに詳しく書かれていますので、チェックしてみてください。出品者によって、対応できる作業範囲は異なります。購入する前に見積もりをお願いし、しっかりと打ち合わせをしてから購入するようにしましょう。

5:納品日数を確認する
作業開始から納品までにかかる日数は、出品者によって異なります。サービス詳細ページにおおよその日数が書かれていますので、あらかじめ確認しておきましょう。 また、仮歌(歌入れ)に必要な素材提供が遅れれば、その分納品までに時間がかかることになります。トークルーム内で見積もりや相談ができますので、納期の相談もしておきましょう。

<参考記事>

【音楽】仮歌はなぜ必要?理想の楽曲を作るなら仮歌をココナラで依頼しよう!

閉じる
カテゴリから探す