LP制作(イラスト)

ランディングページ作成(LP制作)を依頼・相談するならこちら。1からの制作はもちろん、修正・更新も気軽にお願いできます。DMでの相談・見積りは無料です。

24 件中 1 - 24 件表示
24 件中 1 - 24

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

450種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

LP制作(イラスト)の評価・感想

2023-12-08 13:22:12
y2910
by y2910
この度は迅速なご対応を頂きました上にとても丁寧なご対応を頂き誠にありがとうございました! 今後も同じように事業を広めていくつもりですのでまた御依頼させて頂くと思います! 是非とも宜しくお願い致します! クオリティ、ご対応全てにおいて他の方にオススメ出来るデザイナー様です!
2023-12-07 23:02:17
naru_naru
by naru_naru
とても親切丁寧で連絡も早くスムーズなやり取りが出来ました。こちらの意見にもしっかりと対応して下さり、また新たな提案をしてくれるなど的確でした。修正箇所への対応も迅速で、すぐに連絡が来ることで安心しました。また何かありましたら、ぜひよろしくお願い致します。
2023-12-07 18:45:29
azroom
by azroom
こちらのデザインを忠実にペライチで再現して頂きました。 対応も素早く、とても安心感がありました。 こちらのレスポンスが遅くて、逆にご不安をおかけしたかもしれません。 ありがとうございました、またぜひお願い致します!
2023-12-07 14:51:01
sh198803041753
by sh198803041753
初めて依頼しました。 迅速な対応でかつ満足度も非常に高いLPを制作してもらいました。 依頼して心から良かったと思える方です。 これからLP作成を検討している方におすすめです。 この度はありがとうございました。
2023-12-06 19:18:26
kimonolove0508
by kimonolove0508
同じ働くママとして一緒に素敵なLPを作って下さると 信じてお願いしました。 初心者で何もわからなかったのですが、イメージしやすいようにご提案頂き、細かい要望にも丁寧にお答え頂きました。可愛いのが得意と書いてありましたが本当に素敵に可愛く仕上げて頂きました。 本当にありがとうございました。

直近で購入されたサービス

「UTAGEでオリジナルデザインのLP制作いたします by 坂井えみこ@LP特化デザイナー 坂井えみこ@LP特化デザイナー 」が購入されました。

ココナラでLP作成を依頼しよう!

LP(ランディングページ)とは、読者が検索や広告を通じて一番最初にたどり着くページのことです。LP(ランディングページ)には大きく分けて2つの種類があり、1つめのLPはホームページで一番最初にアクセスされるページを指します。「入口ページ」「集客ページ」とも呼ばれ、アクセス解析する上で注目すべき点です。

2つめは読者に購入などのアクションを起こさせることに特化したページです。完全に商品やサービスの利用・購入に着地させることが目的なので、主に縦長のレイアウトで他のサイトに飛ぶようなリンクがないことが特徴です。

いずれにせよLPを通じて販売の促進、売上向上につなげるには、検索されるLP、実際のアクションを増やせるLPの制作が必要不可欠となるでしょう。
しかしLPを制作したいと思っていても、初めてなので何から始めたらいいのかわからない、という人は多いでしょう。その際は、LP制作のプロに依頼するのが一番です。依頼側がまったくの初心者であっても、豊富な経験からこちらの要望を汲み取り、最適なLPを制作してくれるでしょう。

そして「ココナラ」には経験豊富なデザイナーが多く揃っているので、理想のLPを制作してくれることができます。ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできる日本最大級のスキルマーケット「ココナラ」。さまざまなテイストに合わせたLPを、あなたのリクエストに応じて相場よりもお得な価格から制作してくれます。テンプレートではない、オリジナルなLP作成をお願いしたい方は必見。ここからは、LP作成を依頼する時に役立つ情報をご紹介していきます!


<目次>
1:LP(ランディングページ)って?
2:LP(ランディングページ)を制作するメリット
3:LP(ランディングページ)制作の流れ
4:LP(ランディングページ)制作の金額
5:目を惹くLP(ランディングページ)デザインのコツ
6:LP(ランディングページ)作成をココナラで依頼するメリット
7:LP(ランディングページ)作成ツールの種類
8:ココナラで依頼する方法と注意点

LP(ランディングページ)って?

LP(ランディングページ)という言葉、普段の生活ではあまり馴染みのないものですよね。ここでは、LPって何?記事LPと何が違うの?などの疑問を解消します。LPとは何か、をしっかり理解して魅力的なLPを作れるようになりましょう。

1:LPは、ユーザーの最初の着地点
ランディングページとは、ユーザーが一番最初に訪れる商品ページのこと。商品の情報や強みをしっかりと訴求して、訪問したユーザーに商品の理解を深めてもらう役割を担います。
LPの目的は、集客を増やすこと。ユーザーに商品の魅力を知ってもらうために、関心を持たせ、信頼を与えるような内容でなければなりません。

2:記事LPとはどう違うの?
LPという言葉を知っている方は、記事LPという言葉も聞いたことがあるはずです。
記事LPとは、webメディアの記事のような要素を持つ記事風ランディングページのこと。
LPが商品を提供する企業目線だとしたら、記事LPは第三者目線で商品を捉えた文体が特徴です。記事LPの目的は、ユーザーに広告と思われずにLPサイトに誘導すること。

LP(ランディングページ)を制作するメリット

LPがどういうものかはわかったけど、具体的にどんなメリットがあるの?ここでは、LPのメリットを3つご紹介いたします。実はLPには、ユーザーに商品を購入させるための工夫や仕組みがたくさん隠されているんです◎

1:デザイン性の高さを追求できる
LPでは、画像や図などをふんだんに使用して、より視覚に訴えかけるページを製作することが可能。目を引く効果的な画像を先頭におくことで、ユーザーの関心を獲得することに繋がり、それが最終的に売上げへと変わっていきます。逆に、商品のイメージやターゲット層に響くデザインにすることが最重要となってくるので、商品・ユーザーの理解を怠ってはいけません。

2:コンバージョンを増やすことが出来る
一般的なページには、他のリンクやページに移るボタンがいくつか存在します。
ユーザーはページを読み進めるうちに、他のリンクへとページを移ることが非常に多いもの。しかしLPには、フォームボタン以外のリンクはありません。なので自然と離脱率は低くなり、結果としてコンバージョンに繋げられるのです。

3:ユーザーに訴求したい内容を全てまとめることができる
LPには、商品情報だけでなく口コミや問い合わせフォーム、オファーボタンなど全ての情報を1ページにまとめることができます。そのためユーザーは、読み進めるごとに商品のことを深く理解し、信頼した状態で商品を購入することができるのです。商品に対する不安のない購入は、リピート率を高める効果もあるので、非常に大切にするべきポイント◎

LP(ランディングページ)制作の流れ

次はさっそくLPを作る段階です。でも最初は何をどうすればいいかわからずに、全て手探り状態に……。そこでここでは、LPの基本的な構成や書き方、準備についてご紹介いたします。

1:LPの目的を決める
まず一番欠かせないのはしっかりとした目的を定めること。一般的な目的としては以下のようなものが挙げられます。

・商品購入
・会員登録
・メルマガ登録

商品を購入させるときは、商品の写真やテクスチャー、見た目だけなく中身など細かいところまで情報を提供することが鍵です。手に取って商品を見ることが出来ない分、イメージを正確に伝えられるように工夫する必要があります。

2:ユーザーのペルソナを想定する
そして忘れてはいけないのが、ペルソナ分析。ユーザーの性別、年齢、居住地や職業、どんな悩みを持っているか?深いところまで思考を巡らせましょう。それによって、LPのデザインや文体、画像選定まで変わってくるのです。

3:構成を考える
LPはまず以下の三段階に分かれます。

・最初に目に入る部分のFV(ファーストビュー)
・一番情報量の多いボディコピー
・商品を購入させるためのクロージング

<FVにこだわろう>
最初に目に入り、ユーザーに最も読まれるのがFV(ファーストビュー)の部分。
この部分を魅力的なものにしなければ、ユーザーはページを離れていってしまいます。
最も重視したいのがキャッチコピーとアイキャッチ画像。インパクトの強いキャッチコピーとアイキャッチは、ページの滞在時間を増加させる効果があります。

・デザインのポイント
デザイン面では、基本的に商品やサービスのイメージ色など世界観を意識することがポイントです。またターゲットとする性別や年齢に合わせて、画像で使用するフォントや文字サイズを使い分けます。若い女性向けのデザインは可愛らしく装飾を多めにしたり、年配女性向けには文字サイズを大きくしたりフォントを読みやすいものにします。

<効果的なボディコピーを考えよう>
LPの根幹のボディコピーは、ユーザーに刺さるような効果的な文章構成にする必要があります。まずは共感を得られるような文言から、ユーザーの心理に訴えかけます。
ペルソナ分析を活かして、ユーザーが抱えていそうな悩みに共感するような文章を心がけましょう。次は商品によって得られる効果やメリットを訴求します。この商品を使用することによって、悩みが解決されるというユーザーにとってのベネフィットを伝えることが大切。
そして最後に信頼を獲得する必要があります。口コミや、「〇〇賞受賞!」「医薬部外品」などの信頼できる商品である、という情報をユーザーに提供しましょう。ボディコピーの部分は、とにかくユーザーが共感できるような文章を書くことがポイントです。読者がまるで自分に語りかけているようなライティング、自分事として捉えられる文体が重要です。

・ライティングのポイント
セールスライティングはいかに広告色を抑えこみつつ、欲しいと思って貰えるかが重要なポイント。たとえば、読み手の購買意欲を促進するライティングのフレームワーク(PASONAの法則、AIDMAの法則)などを使います。万人受けするコピーはどの悩みに対しても浅い内容になってしまうので、特定の悩みに絞る事が重要です。

例:たとえば、ファンデーションを求めている女性は「若く見られたい」と思っていることをを前提とします。さらに細分化すると……

- 汗に強いファンデが欲しい
- マスクで崩れにくいファンデが欲しい
- 肌荒れもケアできる薬用ファンデが欲しい

など、悩みや年齢まで様々です。そこで最も購入確率が高そうな具体的な仮想人物像を作り上げ、その人物像に向けた記事LPを制作します。一人の人に刺さる記事を書くと、たくさんの人に読まれやすくなります。

<クロージングは慎重に作成しよう>
商品を実際に購入させるための、クロージングの部分。
エントリーフォーム、オファーボタンのデザインや、メイン画像やテキストには特に気を使いましょう。オファーボタンは、目を引くように動くアニメーションをつけることも効果的です。ユーザーが購入したい!と思わず何かアクションしてしまうような、煽り文句を熟考しましょう。

LP(ランディングページ)制作の金額

ココナラでは20,000円〜50,000円が平均の価格帯です。(2022年11月時点)。LP(ランディングページ)とは、検索結果や広告から訪問してきたユーザーが最初に見るページで、商品の注文やお問い合わせなど、何らかのアクションを起こしてもらうためのページです。現在は1ページが縦に長く続くタイプが主流です。売上に直結する可能性があるため、普通のページ制作よりも料金は割高となります。掲載したいテキストボリュームなどによっても価格が変わりますし、「ペライチ」や「WordPress」といった、使っているシステムによっても、料金に幅が出ているようです。既存のホームページとは別にデザインして制作することも多く、制作会社に依頼する場合でも、1ページで6万〜20万円と高額になります。

目を惹くLP(ランディングページ)デザインのコツ

目を惹くLPを制作するには、LPのデザイン決定は重要なポイントです。まず、LPデザインを決めるための事前準備が必要。最初に「誰に」「どんなアクションをおこしてほしいのか」というLPの目的とターゲットを決めます。この際のターゲットは、年齢・性別・職業・居住地など、より細かく設定することで、効果的なLP制作につながるでしょう。

目的も、読者が商品やサービスの資料を請求するところまでがゴールなのか、それとも商品やサービスの購入までがゴールなのか、きちんと明確にしておくことが肝心です。それからデザインの構成を考えますが、主に以下の3点で構成されることがほとんどです。

・印象を残すキャッチコピーなど
・Q&Aやインタビューなどを用いて、商品・サービスに対しての世間的な評価を提示。
・Q&A

デザイン構成まで決まったら、目を惹くLPのデザインを制作していきます。コツとしては画像の選定、アニメーションの使用、カラーリング、ユーザーの意見を反映する、といっ手法があげられるでしょう。デザインの参考になるLPデザインのまとめサイトがあるので、活用してみるのもおすすめです。できあがったら、何度もテストや改善を繰り返していくことで、LPの効果をあげていくことができます。

LP(ランディングページ)作成をココナラで依頼するメリット

LP作成のメリットや種類、それぞれの特徴についてご紹介してきましたが、どんなに頑張っても、自分でLPを作成するのは至難の技...。そんなときは、LP作成を依頼ができるココナラがおすすめです。

たとえば素人の方が記事LPを制作しようとしても、どんな訴求やストーリーにすれば良いかが手探りで効果が弱い可能性が極めて高いです。記事LPは多くの広告費を消化するので、売れる記事になるまで多くの投資コストが発生します。しかし記事LP制作のプロは、これまでたくさんのライティングと実際の配信、効果検証から改善まで行っているのでその質が全く異なります。プロに実際の配信結果をフィードバックして頂ければ改善を行えますし、媒体によってユーザー層が異なるのでそれにマッチした雰囲気の記事制作ができるでしょう。

ここからはココナラでLP作成を依頼した時のメリットをご紹介していきます。

・あらかじめ金額が決まっている
デザイン会社などに依頼をすると、デザインによって金額がバラバラで、予算額がなかなか決まらないこともあります。しかし、ココナラはLP作成サービスを出品している方がすでに値段を設定しています。 事前に金額が決まっているため、自分の予算に合わせて選ぶことが可能です。

・気軽に要望がいえる
ココナラではサービスの出品者とのチャット機能が搭載されています。デザイン会社だとなかなか自分の要望が通らなかったりすることも多いですが、ココナラではチャットを通じて、気軽に要望を言えるのもメリットです。もちろん、要望の内容によっては追加料金が発生する可能性はありますが、自分の予算を伝えつつ、どんな要望を出したいのか出品者と相談してみるのもいいでしょう。

・修正依頼も可能
自分が依頼したLPをいざリリースしてみたら、想像と少し違う出来だった…なんて場合もあるかもしれません。デザイン会社などでは納品後の修正依頼は不可ということも。ココナラでは、サービスによって、LP作成後も修正依頼をお願いすることができます。ただし、修正回数が3回、4回と数が多くなると、追加で費用がかかる可能性があるため、なるべく1回で修正を終わらせるように、どこをどう修正してほしいのか詳細を伝えるようにしましょう。

・理想通りのLPを作成してくれる出品者に出会える!
ココナラにはたくさんの出品者がいます。その出品者ごとに特徴や特性は変わってくるため、自分好みのお気に入りの出品者を見つけることができます。もし、LP作成を依頼をして、その方が気に入ったら「お気に入り登録」をしておくと、次に別のデザインなどの依頼するときも、すぐにお気に入りの出品者に依頼ができます。

<ココナラを利用した方の口コミ>
実際にココナラでLP作成を依頼した方の口コミをご紹介します。各出品者への「評価・感想」欄に記載された声を、一部抜粋しました。

・ユーザビリティの事を考えデザインして頂けましたので、すばらしいデザインが完成しました。
・HPを訪れるお客さんの気持ち、オーナーの想い、それぞれに配慮した上で、お店の雰囲気にぴったりの美しいデザインを作成していただきました。
・ほとんどお任せデザインでしたが、期待以上の素晴らしいLPを作成していただきました。
・依頼者のビジネスを理解してくれて適切なご提案を頂けたので、少ないやり取りで期待を大幅に上回る素晴らしいLPを納品して頂きました。

・ヒアリングの詳細が無く、少し残念
・もう少し具体的にどうしてほしいかを聞いてほしかった

納品物のクオリティに対する評価は良いものがほとんどで、Webの知識が少ない依頼者へのフォローや提案力などにも、満足している口コミが多数見られました。LP制作は最初のヒアリングからラフ案のチェック、内容修正など、やり取りが長丁場になる場合も多く、依頼者が不安に感じる場面も出てきます。

そのような場面でもしっかりとフォローしながら、品質の良い作品を納品している様子が見られました。一方、イマイチな口コミには、出品者とのコミュニケーション不足が原因と思われるものが僅かですが見られました。ココナラでは、出品者とのやり取りは「トークルーム」と呼ばれるチャット機能を使ったテキスト上のやり取りになります。思い違いが起きないよう、購入前にある程度のやり取りを行い、出品者との相性も確認しておくと良いでしょう。依頼するうえで注意しておきたいポイントは、後ほど解説します。

LP(ランディングページ)作成ツールの種類

LP(ランディングページ)を作成するにあたり、どのツールを利用すれば良いのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。ココナラでは「提供方法 > 手法」より、WordPress・ペライチ・WiX・STUDIOなど4種の作成ツールから依頼する出品者を選ぶことができます。それぞれの特徴は以下の通りです。

・WordPress(ワードプレス)
WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)です。ブログ作成ツールとしてはもちろんですが、拡張性や柔軟性が高いことから、多機能なウェブサイトを作成するためのプラットフォームとしても注目されています。

WordPressの特徴的な点は、使いやすさとカスタマイズ性です。多くのテーマ(デザインのテンプレート)やプラグイン(機能拡張)が利用可能であり、ウェブサイトの外観や機能を個別に設定することができます。また、HTMLやCSS、PHPなどのコーディング知識がなくても、直感的なインターフェースを通じてウェブサイトを作成・編集が可能です。

・ペライチ
ペライチは、日本で開発されたウェブサイト作成ツールです。使いやすさと、シンプルなインターフェースが特徴であり、特に個人や小規模ビジネスのウェブサイト作成に適しています。

また、ペライチはテンプレートベースのシステムを採用しており、ユーザーは用意されたテンプレートから選択することで、コーディング知識がなくても自分のウェブサイトを作成することができます。さらに、ペライチはSEO対策やアクセス解析の機能も提供しており、ウェブサイトのパフォーマンスや集客の分析に役立ちます。

・Wix(ウィックス)
Wix(ウィックス)は、クラウドベースのウェブサイト作成プラットフォームです。Wixの特徴的な点は、なんといっても直感的なインターフェースです。ドラッグアンドドロップのエディタを使用することで、コーディング知識がなくてもコンテンツや画像を簡単に配置・編集できます。

個人のポートフォリオサイトやブログ、オンラインショップ、ビジネスウェブサイト、またeコマース機能やマーケティングツール、SEO最適化などの機能も提供しており、ビジネスオーナーやオンラインプレゼンスを持つ個人にとっては便利なツールとなっています。

・STUDIO
STUDIO(スタジオ)とは、プログラミングやコーディングの知識がなくともドラッグ&ドロップの操作で比較的簡単にWebサイトの作成ができるノーコードツール。

STUDIOのように専門知識不要でWebサイトの作成ができるツールはたくさんありますが、日本向けに作られていない場合が多いこともしばしば。その点STUDIOは、日本企業によって作成されたツールのため、海外製のものより簡単に扱うことができます。

ココナラで依頼する方法と注意点

​​ ここからはココナラでLP作成を依頼する時の、購入から、決済までの取引の流れを説明します。

1:ココナラで依頼する人を探す
ココナラで、検索ボックスやカテゴリから検索。まずはLP作成を依頼する人(出品者)を探しましょう!出品者を選ぶポイントは以下の3つ。

・価格は予算内におさまるか
デザイナーを選ぶときは、LP作成の価格が予算におさまるかどうかに着目しましょう。ココナラのLP作成は、6,000円~10,000円ほどのリーズナブルな価格帯が多い傾向です。

・制作実績
デザイナーの実績も必ず見ておきたいポイントの一つです。過去作成しLPのサンプルやデザイン案を見て、クオリティや自分のイメージと合致するか確認しましょう。

・修正回数の有無
LP作成は、1回のやり取りで納得できるものが出てくるとは限りません。デザイナーは何回修正の対応をしてくれるか、回数も事前に見ておきましょう。

2:サービスを購入する
LP作成を依頼する人(出品者)を決めたら、出品者のサービスをクレジットカード等で事前に決済をします。

3:依頼する
サービス後、トークルームと呼ばれるチャットスペースが利用できます。そこで依頼内容を出品者に伝えます。

4:正式な納品を確認する
​​出品者から、正式な納品(LP)が送られます。送られてきた納品物を確認し「承諾/差し戻し」を選択してください。

5:評価を入力する
購入したサービスの感想・評価を入力します。評価コメントと5段階評価の一部(総合評価のみ)は公開されます。とっても簡単な5ステップ。ココナラでは、新規会員登録(無料)で300割引クーポンをプレゼント中。ぜひこの機会にご利用してみてくださいね!

<ココナラとは?>
ココナラは、ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。

・比較してお得
200種類以上のカテゴリから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報をもとにお得に利用できます。

・オンラインで完結
サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト・ビデオチャット・電話・コンテンツと幅広く取引が可能です。

・安心・安全
購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

<ココナラの購入者ができること>

・出品サービスの購入
200種類以上のカテゴリで出品されているサービスを簡単に比較検討しながら、豊富な決済手段で簡単に購入することができます。

・見積り依頼
サービス情報や出品者のプロフィール情報をもとに、依頼したい内容に応じて購入前に見積もり依頼やカスタマイズの相談をすることができます。

・提案を募集する
欲しいサービスが見つからない、探す手間を省きたいときは、仕事の依頼内容を投稿することでぴったりの提案をもらうことができます。

・記事の閲覧・購入
ブログコンテンツを閲覧したり、出品者が書く記事を参考にサービス購入を検討することができます。

ここからは、Webデザインを依頼する際に知っておきたい注意点を、5つ紹介します。ぜひ依頼する前にチェックしてみてくださいね。

1:目的に合った出品者を探す
ホームページの制作には、さまざまな技術を持った技術者が携わります。デザインができるWebデザイナー、HTMLが書けるコーダー、システム設計ができるエンジニアなど、必要に応じたスキルを持った人へ、仕事の依頼をしましょう。Webデザイナーはサイトデザインのプロですが、HTMLコーディングには対応している出品者としていない出品者とに分かれます。ホームページとしてすべてを作成して欲しい場合は、デザインだけの出品者ではなく、コーディングも行ってくれる出品者を選びましょう。 また、SEO対策といったマーケティングの知識を持った出品者に依頼すると、集客やお問い合わせ件数アップなどの目的達成のための相談にも乗ってもらえます。 さらに、ホームページは更新管理が必要です。自分で管理をするために「WordPress」や「Jimbo」などのCMSの導入を検討している方は、出品者がどのCMSを使っているのかもチェックしておくと良いでしょう。

2:素材をどこまで準備するか検討する
ホームページに使うための素材は、あらかじめ準備しておく必要があります。具体的には、自社商品やオフィスの写真などは自分で用意しなくてはいけません。テキスト原稿の準備なども必要です。また、イメージ写真が必要になる場合は、無料の写真素材を用意してくれる出品者もいますが、イメージに合わない場合も考えられます。有料の写真を購入すると追加料金が発生しますので、予算と併せて考えておきましょう。素材が揃わないと納期が遅れる原因になります。自分たちで用意すべきものと出品者側で用意してくれるもの、それぞれ事前に確認しておくことをおすすめします。

3:納品後のフォロー体制を確認する
納品されたホームページに不具合があった場合の対応や依頼可能な期間などは、出品者によって異なります。サービス詳細ページで事前に確認しておくようにしましょう。 また、運用管理は自分たちで行えるよう、CMSの導入や運用マニュアルの提供などの提供に対応しているかについても、要確認です。

4:追加料金に注意する
ホームページ・LP制作は、依頼内容によって必要な作業が異なります。あとから追加で費用がかからないように、先に見積もりを依頼して料金を確認することをおすすめします。また、修正が何回できるのか?といった点も先に確認しておきましょう。無料修正回数が「2回まで」「無制限」など、出品者によって対応が異なります。サービス詳細ページに詳しく書かれていますので、チェックしてみてください。出品者によって、対応できる作業範囲は異なります。購入する前に見積もりをお願いし、しっかりと打ち合わせをしてから購入するようにしましょう。

5:納品日数を確認する
作業開始から納品までにかかる日数は、出品者によって異なります。サービス詳細ページにおおよその日数が書かれていますので、あらかじめ確認しておきましょう。 また、Webサイト制作に必要な素材提供が遅れれば、その分納品までに時間がかかることになります。トークルーム内で見積もりや相談ができますので、納期の相談もしておきましょう。

<参考記事>
【初心者向け】結果につながる!ランディングページの作り方|LPの基本とコツ

閉じる
カテゴリから探す