資格取得・国家試験の相談(学習方法アドバイス)

資格取得の相談ならこちら。資格試験の傾向と対策のほか、仕事と資格試験を両立するための秘訣についてアドバイスが欲しい方、仕事に役立つ資格を探しているけれど、どれを取るべきか悩んでいる方にもご利用頂けます。

3,029 件中 1 - 40 件表示
3,029 件中 1 - 40

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

450種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

資格取得・国家試験の相談(学習方法アドバイス)の評価・感想

2024-02-24 18:32:04
男性
by 男性
今日はギリギリまで引っ張って大変失礼いたしました。 隣の部屋でやり取りを聞いていたカミさんが 「学生時代の数学でVTS ACCG IR先生みたいな教え方をしてくれる先生だったら、どんだけ勉強が好きになってただろう」 って話してました(笑) 今日もありがとうございました。
2024-02-24 18:09:03
ミニラッコ
by ミニラッコ
社労士試験を勉強する中で、自分の試験へのアプローチ方法に悩みご相談をさせていただきました。私の悩みやご質問にも親切丁寧に合格された際の手法を交えながらアドバイスいただきとってもありがたかったです。これから社労士試験を受ける方に自信をもってオススメできる方です!
2024-02-24 8:59:23
enginken21
by enginken21
昨日は度重なる通信トラブルにも関わらず丁寧にご説明頂きありがとうございました。ご教授頂いた学習範囲を絞ったアドバイスを参考に計算問題を中心に電験2種2次試験に向けて勉強に励んで参ります。ビデオチャットの最後に教えて頂いた論説対策も参考にさせて頂きます。
2024-02-24 0:12:08
女性
by 女性
笑顔も優しく、心から寄り添ってもらい安心と勇気をもらいました。 今出来ていることを細かく伝えてもらい 改善点も前向きに教えて頂きました。 緊張しやすい人、ロープレに苦手意識がある方は特におすすめです!
2024-02-23 12:17:04
匿名
by 匿名
改善点を的確にフィードバックして頂き、その場で練習を繰り返すことで体感しながら納得することができました。口頭試問についても具体的なアドバイスを頂けたので試験本番へ向けて修正したいと思います。丁寧なご指導ありがとうございました。

直近で購入されたサービス

「がん登録実務初級者認定試験 学科問題を販売してます by turehiro turehiro 」が購入されました。
「2回分!国試キャリコンの面接練習の相談役をします by cocona career cocona career 」が購入されました。
「キャリコン試験<40分ロープレ練習>CL役やります by きゅーじ@第23回キャリコン合格 きゅーじ@第23回キャリコン合格 」が購入されました。
「元公務員人事が公務員試験・転職の相談に乗ります by taka@元公務員人事 taka@元公務員人事 」が購入されました。
「技術士(技術部門)の受験指導(添削)を行います by KmKm24 KmKm24 」が購入されました。
「初学&独学でも大丈夫!宅建の勉強法を即伝授します by 佐藤 真里(さとう まり) 佐藤 真里(さとう まり) 」が購入されました。
「臨床検査技師 国試まとめノート【PDF】公開します by koooy22 koooy22 」が購入されました。
「予備試験論文過去問を添削します by 京大みこと 京大みこと 」が購入されました。

資格取得・国家試験の相談ならココナラ

個の時代とも言われ、雇用の流動化が進む昨今、手に職をつけることが人生に大きく影響する時代となっています。手に職を付ける方法はいろいろと考えられ、もっとも人気があるのは国家試験・国家資格への挑戦です。
国家資格は名称独占や業務独占が法律に定められている場合もあり、取得すれば給料の良い職業や社会的地位の高い職業に就ける可能性が高くなります。しかし、そのような資格は人気が高いため競争率も高く、合格を勝ち取るには勉強法を工夫したり、モチベーションを効果的に高めたりするなどの対策が必要になるでしょう。

中には数千時間もの勉強時間が必要な資格もあるため、効率の良い勉強法を教えてくれたり、相談に乗ってくれたりする人が必要になります。ここでは現在の人気の資格について解説した後、資格取得にありがちな悩みや、その解決法について紹介していきます。

<目次>
1.キャリアップに!資格取得・国家試験
2.資格取得・国家試験の悩み3選
3.資格取得・国家試験の悩みをココナラで相談するメリット
4.資格取得・国家試験の悩み相談をココナラで依頼する方法

キャリアップに!資格取得・国家試験

キャリアアップの王道とも言えるのが資格取得や国家試験です。まずは近年人気の資格をみていきましょう。

<人気の公務員系資格>

・国家公務員総合職
人気の公務員資格のひとつが国家公務員総合職です。国家公務員総合職には事務官と技官・技術職がありますが、資格取得の段階では試験が分かれておらず、どちらの職に就きたい場合でも国家公務員総合職の試験を受けなければなりません。国家公務員は「国民全体の奉仕者」とも呼ばれ、国家の運営に関するさまざまな重要な仕事を任される職業です。給料も社会的なステータスも高いため、目指す人が非常に多く、資格試験の競争率も非常に激しい資格であると言えます。受験資格は大卒か大学院卒で21歳以上30歳未満であることが条件です。筆記試験だけでなく採用面接もあるので、単に試験だけを取れば良いものではなく、総合的に審査されます。

・地方公務員上級職
地方公務員上級職とは俗に「地方上級」と呼ばれる公務員資格で、大卒程度の都道府県・政令指定都市・特別区の職員採用試験を指します。「地方上級」というのは受験用語であり、正式名称ではありません。地方公務員試験には「初級」「中級」「上級」があり、上級合格者は将来の幹部候補として採用され、政策立案だけでなく予算や税金、都市開発、環境、福祉などの責任ある業務を任されます。就職先としては都道府県庁、特別区、市町村役所などになります。

<人気の医療・介護系資格>

・介護福祉士
介護福祉士は特別養護老人ホームや障害者施設などの社会福祉施設の職員として介護の現場での業務を担当します。ホームヘルパーなどの訪問介護も介護福祉士の仕事です。介護福祉士は国家試験に合格しなければ名乗れない名称独占資格です。類似の名前や紛らわしい肩書きを名乗ることも禁止されています。介護福祉士を名乗らずに介護業務に従事することもできますが、福祉施設への就職を目指すならば知識やスキルの証明として取得を検討したほうが良いでしょう。

・看護師
看護師は医療機関などで看護職に就くための国家資格です。看護師は業務独占資格なので、資格を取らない限り看護師になることはできません。看護師国家試験を受験するには、高校卒業後に看護大学や看護短期大学、看護専門学校などで所定の期間の教育を受ける必要があります。5年一貫の看護専門学校ならば中学校卒業時点から入学できます。人間の命にかかわる重要な仕事であるため、資格取得にはある程度の長い期間の勉強が必要になるのです。

・社会福祉士
社会福祉士はソーシャルワーカーとも呼ばれる国家資格です。医療機関や福祉施設、社会福祉協議会などで、利用者の生活上の問題や悩みの相談に応じ、社会的な解決方法をアドバイスしたり、利用できる公的な制度、サービス、施設などを紹介したりする業務を担います。社会福祉士は、「業務独占資格」ではなく、「名称独占資格」です。社会福祉士を名乗らずに同じ業務を行えます。しかし、社会福祉士として就職したいならば、スキルや知識の証明のために、資格の取得を検討したほうが良いでしょう。

・保育士
保育士は保育園や保育施設などで保育業務にあたるための国家資格です。保育士の試験には音楽や絵画、言語の実技試験があるため、座学の勉強だけで合格するのは難しいでしょう。保育士は楽器を演奏しながら幼児と一緒に歌を歌ったり、幼児のお絵かきを理解し援助したり教えたりしなければならないので、保育士特有の芸術スキルが必要なのです。世間一般のイメージ以上に合格が難しい資格となっています。

<人気の建築系資格>

・一級建築士
一級建築士とは、国土交通大臣の免許を受けて、一級建築士の名称で建築物の設計、工事監理、その他の建築に関する業務を行える資格です。一級建築士になると建築する建物の種類に制限が無いことがメリットです。個人の一戸建てからオフィスビルや競技場のような大規模施設までどのような建物でも作れます。 しかし、安全な建物を建築するには高度なスキルや知識が必要なので、一級建築士の試験を受けるにはある程度建築業界でのキャリアが無いと受験資格が得られません。大学の建築学科や専門学校を卒業した後、2~4年以上の実務経験が必要になります。

・2級土木施工管理技士
2級土木施工管理技士は、土木工事の現場において、施工計画を立てたり、品質管理や予算管理をしたりする仕事です。災害時の道路の復旧なども担うため、私たちの生活にとって身近な職業であり、社会に無くてはならない職業と言えるでしょう。それだけ重要な仕事なので、未経験から資格だけのはできず、土木工事の現場での実務経験が必要です。必要な実務経験の年数は学歴によって異なり、土木関係の学科の大学を卒業した場合は1年の実務経験で済みますが、学歴がまったく無い場合は8年以上の実務経験が必要になります。

<人気の不動産系資格>

・宅地建物取引士
宅地建物取引士とは、宅地建物取引業法に基づく国家資格者です。毎年20万人もの人が受験する人気資格のため、資格について調べたことがある人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。それだけ人気がある理由は需要が高く、就職や収入につながりやすい点が挙げられます。不動産取引の際の重要事項の告知は宅地建物取引士にしか許可されていない業務独占資格です。不動産売買や賃貸契約を取り扱う不動産業者には従業員の5人に1人以上の宅地建物取引士の設置が必要であると法律で決まっており、需要の高い資格となっています。

・マンション管理士
マンション管理士とはマンション管理組合の運営やその他のマンション管理業務を行うための国家資格です。名称独占であり業務独占ではないため、マンション管理士を名乗らなければマンション管理自体は無資格でもできます。「意味の無い資格だ」などと言われることもありますが、まだ歴史が浅い資格であるため世間に十分に認知されていない点も考慮する必要があるでしょう。マンション管理自体の需要は高いため、資格が認知されていくにつれ、これから需要も増えていくと言われている資格です。

<人気のIT系資格>

・ITパスポート
ITパスポートは、ITの基礎知識を証明する国家資格です。ITの基礎知識と言ってもエンジニアになるための知識ではなく、ユーザーとしてのIT知識全般を証明するものです。エンジニアになる予定が無い人でも役に立つ資格となっています。ITパスポートは、PCの基本的操作、Excelが使える、ウイルスの危険性がわかるといったレベルにとどまらず、情報機器を日常的に使用する社会人が、PCを業務に活用できるレベルの知識を持っているかを確認する試験として位置づけられています。ITパスポートを持っているからといって特定の職業に就けたりすることはありません。「ITについて基本的な知識を持っている」という証明になるので転職の際には一定のアピールにはなります。

・基本情報技術者
基本情報技術者試験は、ITエンジニアの基礎的なスキルを証明するための国家試験です。ITエンジニアを目指す人は受験を検討する価値があるでしょう。しかし、ITエンジニア業界はスキルと実績が物を言う世界です。業務独占資格でも名称独占資格でもないため、基本情報技術者の資格を取ったからといってすぐに評価されるというわけではありません。この資格は勉強の過程で体系的に知識を身につけたり、スキルアップできたりするところにメリットがあります。この資格を足がかりとして、より上位の資格に挑戦するなど、長期のスパンでスキルアップを考えると良いでしょう。

<人気の金融系資格>

・FP技能士3級
FP技能検定は、日本FP協会が実施する国家検定です。FPとはファイナンシャル・プランナーの略称で相談者のライフスタイルや将来の希望などを踏まえた上で、将来の生活の見通しや夢の実現方法の助言をする職業です。その中でも3級は個人の家計や資産についての助言をする資格になります。もちろん自分の家計や資産をうまくやりくりするためにも応用可能です。3級は基本中の基本なので取ったからといって開業できたり就職に役立ったりはしません。しかし、自分のために知識が役に立ったり、より高度なFP2級への登竜門だったりするため、有用性の高い資格であると言えます。

・税理士
税理士の主な仕事は、納税者に代わって所得税や法人税、相続税などの申告を行ったり、そのための相談に乗ったりすることです。日本の税制は申告制であるため自分で金額を計算して納税しなければなりません。しかし、日本の税制は複雑すぎるため専門知識を持たなければ正確な計算が難しいのです。とくに中小企業の財務・税務については無くてはならない存在で、どこの企業にも顧問税理士が付いています。小規模な個人事業主にも対応するため、一般的な国民の生活に根ざした身近な職業であると言えます。

資格取得・国家試験の悩み3選

資格や国家試験は活用の仕方や難易度も千差万別であるため、思い悩む人も多いようです。資格取得・国家試験についてよくある悩み3つをまとめます。

1.本当に役に立つ資格かどうか
資格取得を目指して勉強している人がいちばん悩みやすいのは「役に立つ資格かどうかわからない」という点でしょう。たしかに資格には国家資格・民間資格を合わせてさまざまなものがあり、その中には役に立つ資格もあれば役に立たない資格もあります。資格の運営団体は、あくまでも資格を付与するところまでが責任の範囲であり、資格をどう活かすかは取得者次第になります。どこの運営団体も自身の運営する資格を「役に立つ」と宣伝するため、実態は公式には出てきません。

この悩みを解決するには以下の解決策が考えられます。

・SNSで同じ資格取得志望者とつながる
SNSやネットの掲示板などでは同じ資格取得を目指す人がつながりを持っていたりします。資格取得専用のアカウントを作ってその人たちとつながってみましょう。同じ志を持つ人のコミュニティに属すると、情報が流れてきたりします。資格取得後にどのようにして役立てるかも情報交換ができるかもしれません。その他にも効果的な勉強法や、メンタル面のセルフケアの仕方などの情報も得られるかもしれないので、SNSでのつながりは効果的に利用しましょう。

・実際に資格を持っている人に聞く
身の回りで実際にその資格を持っている人に実態を聞いてみましょう。当事者の生の声こそいちばん信憑性が高いからです。人間というのはなかなか本音を言わないものです。実態を把握するためには、複数の人に聞いたり、ネットで匿名の口コミを見たりして総合的に判断する必要があるでしょう。

・まずは勉強に励む
すでに途中まで勉強を進めてしまっているならば、余計なことは考えずに最後までやりきるのがいちばん良い対策かもしれません。本来、資格というものは勉強して知識やスキルを身につけることが本質的な価値であるはずです。直接は役に立たなくても頑張って勉強した知識や経験、やり遂げた達成感などは人生においてプラスになるでしょう。その経験はさらに上位の資格の取得をする際にもプラスになるかもしれません。

2.「意味ない」と人から言われる
グーグル検索などで資格の名前を調べると「○○資格 意味ない」などというサジェストが出てくることが多いです。どの資格も意味があって作られているのですが、特定の目的に寄与しない資格を「意味ない」と切り捨ててしまう人もいます。

せっかく勉強しているのに「意味ない」などと言われるとやる気がなくなりますよね。そのような人に対する対策は以下の2つが考えられます。

・言う人とは距離を置く
資格の勉強をやめさせようとしてくる人とは一時的に距離を置きましょう。大事な友だちなら縁を切るわけにはいかないので、資格の勉強をしている間だけフェードアウトしましょう。はっきりと距離を置くと険悪になってしまうので、何も言わずに緩やかにフェードアウトするのが良いです。

・資格に肯定的な人に相談する
そもそも資格に興味がなさそうな人に資格の勉強のことを話すのをやめましょう。資格に興味がない人はその資格に詳しくもないため、適当な答えしか返ってきません。何か相談ごとがあるならば、資格に肯定的な人に相談しましょう。リアルの友人知人だけではなく、インターネットで相談相手を見つけるのも良いでしょう。後述するようにココナラで相談するのもおすすめです。

3.勉強が捗らない・うまく理解できない・覚えられない
資格取得で最も多い悩みはこれかもしれません。とくに社会人として仕事をしながら勉強している場合には、勉強の時間も十分に取れない場合が多いです。会社から資格を取れと言われてやっている場合にはモチベーションの問題も発生します。やらされている感があるとどうしても身が入らなくなってしまいますね。

資格取得で勉強が捗らないときの対策は以下の3つが考えられます。

・ある程度の先行投資をする
資格取得の勉強をすべて無料で済まそうとして勉強の仕方が非効率になっている場合があります。たしかに現在は無料の勉強サイトも多いですし、YouTubeなどでわかりやすい動画も無料で見られます。確かにコストをかけずに資格が取れたらすばらしいですが、お金をかけることは一生懸命に勉強する動機を呼び覚ます効果もあります。「これだけお金をかけたのだから絶対に失敗できない」という気持ちになり、勉強に身が入ることもあります。追い込まれて力を発揮するタイプの人は一定の割合でいるので、先行投資をして、あえて退路を断つのも一つの方法です。

・場所や道具を変える
勉強するモチベーションが上がらないときは場所や道具を変えてみるのも1つの方法です。たとえば、いままで自宅で勉強していたのをカフェや図書館に変えてみる、タブレットPCの教材からあえて紙の教材に変えてみる、紙のノートからスマホの暗記アプリに変えてみる、などが挙げられます。

・ココナラに相談する
勉強が捗らなかったり、スムーズに理解が進まなかったりする場合は、間違った勉強法でやっている可能性があります。自分なりに工夫しているつもりでも、第三者から見ると非効率なやり方をしていたりする場合もあるのです。そのような場合には他人から客観的なアドバイスをもらうと改善する可能性があります。といっても、身の回りに資格の勉強法に詳しい人などなかなかいないと思います。そこでおすすめなのがココナラで相談する方法です。

資格取得・国家試験の悩みをココナラで相談するメリット

1.自分に合う相談相手が見つかりやすい
ココナラのメリットは自分に合う相談相手が見つかりやすい点です。相談するときに自分に合った相談相手なのかは非常に重要です。相談相手を選ぶときに考慮すべきこととしては、以下の条件が挙げられます。

* 資格の種類(自分の希望する資格の経験者か)
* 相談相手の属性(親しみが持てる属性の相手か)
* 相談相手のスキル(アドバイス能力があるか)
* 提供方法(電話、ビデオチャット、テキスト)
* 料金(どれだけかかるか)

とくに相談のしやすさ、話しやすさ、理解のしやすさは重要です。たとえば専業主婦が家事の合間に勉強して資格を取りたい場合に、一流企業でバリバリと働いているサラリーマンに相談しても話が噛み合わないかもしれません。その場合にはできるだけ自分に近い状況で受験し、資格を取得した相手に相談するのが望ましいでしょう。どこまでの対応を頼みたいのかによって合う相談相手も異なります。アドバイスだけをしてほしいのか、面接の練習までしてほしいのかにもよりますし、提供方法や料金体系もサービスによって異なるでしょう。

ココナラは検索機能が充実しているため自分の希望する条件で出品者情報をフィルタリングできます。たとえば「資格取得・国家試験の相談」のカテゴリでは、以下のような検索の軸があります。

* 資格の種類(企業、商品、店舗、書籍、イベント、サービス、プライベートなど)
* 対応範囲(勉強法アドバイス、面接対策、その他アドバイス)
* 提供方法(電話、ビデオチャット、テキストチャット)
予算や出品者のランク、お届け日数などからも選べ、サービスページでは相談相手のプロフィールも表示されるため、自分の希望に沿った相談相手がかんたんに見つかります。

2.出品者のスキルがわかりやすい
ココナラ出品者の大多数は個人のフリーランスです。別の業種の会社員をやりながら副業でやっている人も多く、登録に審査などあるわけでもないため、誰でも自由に出品できます。その出品者にどれくらいのアドバイス力があるかは玉石混交なのです。大事な資格試験について相談したいなら、実際にその資格を持っている人や、優秀な相談スキルを持った出品者に頼みたいでしょう。まさに、ココナラのメリットはここにあります。ココナラでは出品者のスキルのレベルが一目でわかるようになっているからです。

ココナラで出品者のスキルレベルを表す指標は3つあります。

* 出品者ランク
* PRO認定
* 評価

出品者ランクとは、出品者のプロフィールについているマークで、出品者の直近の相談実績などを元に毎月決定されるランクです。このランクが上位の出品者ほど多くの受験生たちに人気であり、相談の品質も高い出品者であると言えます。

次にPRO認定です。これは法人が利用する水準に達しているかどうかなどの基準により、運営事務局が人力で1人ずつ細かく審査をして認定するものです。PRO認定者のほうがビジネス用途での実績が豊富といえるでしょう。資格取得の相談サービスは多くが個人向けです。PRO認定者にはあまりなじみがないかもしれません。しかし、今後このカテゴリでもPRO認定者が増えてくるかもしれないので覚えておきましょう。

最後に「評価」です。これは実際に購入した受験希望者が5段階評価の点数とレビュー文を投稿したもので、サービスページの下段ですべて見られます。実際に購入した人の声なので参考になるでしょう。レビュー文に対する出品者の返信も見られるので一方的な評価ではなく、双方の言い分を見た上で検討ができます。

3.詐欺を防止する安心安全のためのシステム
ネット越しにお金を払って相談するには心理的な抵抗がある受験希望者も多いと思います。顔が見えれば良いですが、ネットは匿名性が高く、どこの誰が請け負っているのかよくわからない場合も多いです。そのため「お金だけを持ち逃げされないだろうか」とか「個人情報が漏えいしないだろうか」とかさまざまな不安があるでしょう。

しかし、ココナラであればそのようなネット特有の不安を解消するための取り組みを多数実施しています。たとえば、以下のような取り組みです。

* 安心の決済システム
* 全サービスのパトロール
* 本人確認&NDA(秘密保持契約)締結の事前実施

ココナラの決済システムは、購入した段階では出品者には入金されません。購入段階では決済手段に応じた与信枠を確保するだけであり、サービス完了後にトークルームがクローズした時点で初めて出品者に入金されます。このことにより「出品者によるお金の持ち逃げ」「受験希望者による未払い」を両方とも防止し、匿名の相手とも信頼性のある取引が可能となります。すべてのサービスを専任スタッフが常時パトロールしており、悪質な出品者やサービスは利用制限などの措置を速やかに行っているので安心です。

ココナラでは本人確認や秘密保持契約登録は必須ではありません。本人確認していない出品者や秘密保持契約を締結していない出品者もいます。しかし、プロフィールページにて本人確認と秘密保持契約の有無が表示されるため、すぐにわかります。どうしても不安ならばこの2つを登録済みの出品者を選びましょう。あらかじめ検索にて本人確認と秘密保持契約を締結済みのサービスだけを表示することもできるため、確認する手間も省け、安心して利用できます。

資格取得・国家試験の悩み相談をココナラで依頼する方法

資格取得・国家試験の悩み相談をココナラで依頼するには以下のステップで行います。

1.ココナラで依頼する人を探す
まずはココナラで、検索ボックスやカテゴリから検索。依頼したい出品者を探しましょう!購入する前に、質問などがあれば依頼したい出品者とメッセージで直接やりとりできます。出品者の意向によってはこのメッセージの問い合わせの段階で事前のヒアリングが開始される場合があります。それは多くの場合、自分のスキルで受託が可能な案件かを判断するためです。ココナラでは決済手続きを行わない限り料金は発生しませんのでご安心ください。

2.サービスを購入する
出品者とある程度話が付いたら、見積もりをしてもらうか、サービスページから直接購入します。支払い方法は複数ありますので、お好みの方法を選びましょう。先述したように、この時点では与信枠を確保するのみであり、納品完了されない限り実際の請求はされませんのでご安心ください。銀行振込の場合は振り込んだあとにサービスが開始されます。このとき相手側にはまだ入金されておらず、サービスの提供が終わった後に入金されます。

3.依頼する
サービス購入後、トークルームと呼ばれるチャットスペースが利用できます。そこで依頼内容を出品者に伝えましょう。トークルームのいちばん上には「購入にあたってのお願い」という文章が表示されます。これは出品者からのお願いです。購入したらトークルームに書いて欲しいことや、してほしいことなどが書かれていますのでよく読んで指示通りにしましょう。そのうち出品者からトークルームに連絡がありますので、相談をしてください。うまく相談内容がまとめるのが難しいならば、依頼する前にメモアプリなどにまとめておくとスムーズです。

4.正式な納品を確認する
相談が終わったら出品者から「正式な納品」が送られます。ココナラでは「サービス提供の完了」のことを「正式な納品」と呼びます。依頼した内容がすべて完了していることを確認し「承諾/差し戻し」を選択してください。差し戻しは1回のみ可能です。再度「正式な納品」がされたらそこでトークルームはクローズとなります。

5.評価を入力する
最後に購入したサービスの感想・評価を入力しましょう。評価コメントと5段階評価のうちの総合評価が公開されます。評価は匿名でできるサービスとアカウント名が表示されるサービスがあります。利用者としての率直な意見を書き込んでくださってかまいませんが、厳しい評価を書き込む際には誹謗中傷だと取られないように表現には十分に配慮して書き込みましょう。

以上です。とってもかんたんな5ステップで資格取得・国家試験の相談が出来てしまいます。ココナラでは、新規会員登録(無料)で300円割引クーポンをプレゼント中です。ぜひこの機会にご利用してみてください。

閉じる
カテゴリから探す