絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

シンプルで効果的な図表作成ツール

ビジュアルコミュニケーションは、情報を理解しやすく伝えるための重要な手段の1つです。特に図表は複雑な情報やプロセスを整理し、可視化するのに役立ちます。そこで、今回はシンプルで効果的な図表作成ツールに焦点を当ててみましょう。フローチャート、ワイヤーフレーム、組織図、UML図などの図表を作成するためのデザインツールです。Webベースのツールなので、デザイナーでなくても簡単に使用できます。(ツールナンバー3268)1. 直感的な図表作成 このツールは、直感的で使いやすい図表作成ツールを提供しています。ドラッグアンドドロップで要素を追加し、線で接続するだけで、プロフェッショナルな図表を簡単に作成できます。デザインスキルがない人でも、美しい図表を作成できます。 2. 多彩な図表タイプ このツールは、さまざまな図表タイプをサポートしており、さまざまなニーズに対応します。フローチャート、オーガニゼーションチャート、UMLダイアグラム、ガントチャート、さらにはマインドマップまで、多彩な図表が利用可能です。 3. リアルタイムコラボレーション 図表作成は多くの場合、チームで行われます。このツールはリアルタイムでのコラボレーションをサポートし、複数のユーザーが同時に図表を編集できます。チームのメンバーとの効果的なコミュニケーションを実現します。 4. インポートとエクスポート 既存のデータや図表を利用する場合、このツールは多くのファイル形式をサポートし、インポートとエクスポートを簡単に行えます。既存のデータを活用して、新しい図表を作成できます。 5. シンプルな共有オプション 作成した図表は簡単に
0 500円
カバー画像

効率的なフローチャートの書き方

ブログ記事をご覧いただきありがとうございます。 ソフトウエアやシステム開発には、フローチャートの作成がつきものです。 作図の目的は、  (1) やりたい機能をどのように実現するか整理する。  (2) 外部システムとやりとりする処理の、実行条件と処理内容をを明確にする。(データ送受信やファイル転送など)  (3) 一連の処理を通じて、処理の順序や内容を整理する。 などがあります。  今回のブログ記事では、これらの目的を できるだけ時間をかけずに達成するフローチャートの書き方をご紹介したいと思います。  この内容は、VB.netやExcel VBAを使用して 17年間 システム開発を行ってきた私が、独自に編み出した方法です。「必要最小限の時間で、効率的なアウトプットを!」がテーマです。    一枚のフロー図を見るだけで、処理の全体的なフローが一目でわかって、かつ、各ブロックの処理概要も おおむねわかる。というのが今回のコンセプトです。  ある操作をすると、オートシェイプが 列幅や行の高さに追従してくれるようになるのです!
0 2,500円
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら