絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

「トップガン」も観ました

昨日の続きです。「トップガン マーヴェリック」が面白かったので、やはりU-Nextで前作の「トップガン」(監督:トニー・スコット、脚本:ム・キャッシュ。ジャック・エップス・ジュニア、出演:トム・クルーズ、ケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー)を観ました。1986年公開ですから36年前の映画で、日本を含めて世界中で大ヒットしています。ストーリーとしては、主人公ピート・ミッチェル(コールサイン:マーヴェリック)がバディのグースと米海軍戦闘機兵器学校(通称:トップガン)に入学し、空中戦闘機動(ドッグファイト)を学ぶという話です。主人公は最後の方で将来の夢を聞かれて教官と答えますが、これが「マーヴェリック」制作のきっかけなのかな。わかりませんが。評価としては、まあまあですね。面白くなかったわけではありませんが、先に「マーヴェリック」の方を観ていますからね。特に、ジェット戦闘機の勇姿にはそれほど感激しなくなっています。さらに、昨日書いたように私は濡れ場に興味がないのですが、「トップガン」は恋愛要素が「マーヴェリック」よりも多く、かなり興趣をそがれました。まあ、36年前に映画館で初めて観れば大興奮しただろうと思いますが(濡れ場ではなく、戦闘機を見てですよ)。ところで、主人公が恋人に初めてバーで出会い、彼女が実は教官であることを知らずにナンパしようとする場面があります。それで、主人公は彼女にライチャス・ブラザーズの「You've Lost That Lovin' Feelin'」をアカペラで歌いながら迫るんですね(仲間も応援)。あまり上手いとはいえないかな。それはいいとして、この曲は私のオー
0
カバー画像

事実の積み重ねを自分に

こんにちは皆様。目に見える戦争が起きると、自由がどれだけ大事かと思い出すのは私だけだろうか?ロシアの人々も不自由だと思ってそこに居るのではない、解らないから不自由を感じていないのだろう。不自由と言っても生活では無い、戦争に巻き込まれる部分では誰もが不自由なのですが、言いたいのは情報の自由が無いという事。勿論、どんな情報でも手に入れるのかと言えば、そうで無いのは自明の理で人間一人では何にも解らない、情報は人から手に入れるしか無いのだ。「ゴースト」という人たちがいるらしい、政府がは発信したい(ここが大事)国家の秘密を発信する人達だ、これはアメリカの戦略で事実を言ってはいても、選別された事実だけを知らされている。ロシアはもっと酷く情報の管理が有って、誰もその全容は知らない、現代はSNSが有って、一般人の投稿が世界中に拡散されて、写真や動画で判断できる。私達が目撃者になるのだ。目撃者が多ければ多いほど情報の精度は上がる、秘密情報が秘密で無くなって、自身で判断する資料になる。ただしゴーストがもたらす情報も選ばれた情報なので、取捨選択のされた情報であるのを、私達は忘れてはいけない。ゴーストはアメリカだけでなく他の国にもいて、その国に都合いい様に発信される、かの国ではゴーストとは言われないだろうが。日本がプーチンの演説でもアメリカに騙されていたのでは無いと、感じているのは実は戦後に情報が自由に得られるようになったからなのです。見るのも読むのも、書き手写し手の眼が入るので事実かどうかは、即座には判断できない。事実の積み重ねによってしか自身の考え得る真実に辿り着かないのだ。人は右とか左とか考えず
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら