絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

1 件中 1 - 1 件表示
カバー画像

僕らは奇跡でできている

皆さんは映画やドラマ・アニメや漫画などから、生きるヒントや学びを得たことはありますか?  きっと人それぞれ、心に残った思い出の作品があるのではないでしょうか。 今日は私自身が生きるヒントや大きな学びを得た、とあるドラマのご紹介をしてみようと思います。2018年に放送された「僕らは奇跡でできている」というドラマです。 ◆ざっくり、どんなストーリー? 高橋一生さん演じる、主人公の相河一輝 (あいかわかずき) は、大学で動物行動学を教える先生として働く。大好きな動物や生き物など、自分の好きなことにトコトン没頭してしまう性格から、人の話を聞かなかったり空気を読むことができず、人とコミュニケーションを取ることが苦手。 さらに職場のルールを守ることができず、いつも叱られてばかりで、職場の仲間や学生達からは変わり者と思われている。 榮倉奈々さん演じる水本育実 (みずもといくみ) は、強い上昇志向を持ったエリート歯科医。容姿も端麗で周りから羨ましがられる一方で、その上昇志向の裏には罪悪感や劣等感があり、本当は自信が無く自分をなかなか好きになれない。そんな育実をはじめとする周りの人達は、常識や固定観念にとらわれない一輝と接することで、自分自身の価値観を問い直し、自分らしさや新しい生き方を見つけていく。 見ていて心がホクホクと暖まっていく、そんなドラマです。 ◆普通ってなに?常識ってなに? このドラマを見ていると、「普通ってなに?」「常識ってなに?」ということを度々考えさせられます。 みんなが出来ることをできない自分って、ダメ? 出来ないことがあるって、不幸なこと? 一輝の生き方は不器用なようで、
0
1 件中 1 - 1
有料ブログの投稿方法はこちら