絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

世間で言う不成仏霊・地縛霊というオカルト定番の事象について。彼らだって話せば分かる。

自○すると地縛霊になる?成仏できない?そんなワケない。世間のオカルト系の話での定番、「自○すると成仏できない」「自○すると地縛霊になる」 そんな事はないと断言する。生=正義、明るいもの シ=悪、暗いもの 人々がそういう偏見に長い間晒され続け、そうして、それが当然の考えとなってしまった昨今、人は霊となればとりあえず「祓われる」つまり忌み嫌われる存在と扱われるようになってしまった。その結果、人は自ら命を絶つ事をどこかで悪と捉え、成仏できないだのと言うようになってしまったが、その人がその道を選択したのは、現世という地獄から抜け出す事、ただそれだけの事であり、それを罪のように扱うものだからややこしい話しになっただけの事だ。今まで私はたくさんの自○をされた方とお話をしてきたが、単に「自分がまだ生きている」「○んだ事を理解できていない」からその場にとどまっていただけであり、また、その事実をちゃんとお伝えすれば、大半の方は、そこで納得して安堵して消えて行く。いわゆる見える人がそれをせず、「あそこに霊がいる」と騒ぎ立てた結果の、 今の「自○者の霊が集まる場所」等というオカルトスポットが誕生する原因となっているわけだ。出ると有名な事故現場も同じこと これは事故シにも言える事で、つまり、その方が自覚する間もなく突然そうなってしまったから、わけがわからずそこから動けなくなったからであり、それを人は地縛霊と呼んだりするようだが、それもまったく同じ事で、大半は「話せば分かる」のである。「自分がどうなったか教えて欲しい」から、追いかけてきたりすることもあるかもしれない。でも、大半の人は、霊が追いかけてきた
0
カバー画像

新千夜一夜物語第3話:除霊と救霊

その日、青年は陰陽師を前にうつむいたまま黙っていた。というのも、青年は過去に霊能力を持っている人物の世話になったことがあり、その時にお祓いは済んでいたはずだからである。それなのに、陰陽師は霊障があると断言するのだ。陰陽師は青年の想いを察してか、彼が切り出すのを黙って待っていた。『じつはですね。先生にはとても申し上げにくいことなんですが…』青年が切り出した。「どうしたんじゃ? 何でも言ってくれて構わんぞ」『実は僕、過去に霊能力者に弟子入りしていたことがありまして、その時にお祓いを受けているんですよ。だから、昨日先生が僕に霊障があるというのは違うのではないかって』「なるほどのお。そなたは世話になった霊能力者とやらの言葉を今でも信じておるわけじゃな」『先生を疑っているつもりはないんです。ただ、僕にまだ霊障があるとするなら、過去に受けたお祓いは何だったのだろうと思って。よくわからなくなってしまったんです』いつもと変わらず、穏やかな表情のまま紙を差し出す陰陽師。何を言われても動じない不動の心を持っているかのようだ。『この紙は何ですか? 数字がいくつも書いてあって難しそうですが』「そなたの鑑定結果じゃ。昨日、名前(ふりがな)と職業を書いてくれたじゃろう」『ああ、そうでしたね』「それでな、“現世属性”の個所を見てみるがいい」“現世属性:7(5)―7(5)(−2)”『この、7(5)―7(5)(―2)の部分ですか? これはどういう意味ですか?』「7(5)―7(5)はまた別の機会に説明するとして、今日は最後の(―2)のところについて説明しよう」青年は眉をひそめながら紙をじっと見つめている。どうやら
0
カバー画像

新千夜一夜物語第2話:先祖霊と守護霊

青年は再び陰陽師の自宅を訪ねていた。怪しいと思いながらも、陰陽師の言葉には重みがあり、嘘や狂言だとはどうしても思えなかった。きっと、今の自分に必要な話だと心のどこかで理解していたのかもしれない。「よく来たのお。今日は地縛霊が親族の子孫に取り憑いた場合にどうなるか? について話そう」『よろしくお願いします』小さく頭を下げる青年に、陰陽師は話し始めた。「取り憑かれた親族は、先祖霊の霊障として次の17個の障害がもたらされると考えるといい」『え、霊障って17個もあるんですか? それって、どんな障害なんですか?』「0.想念(霊障の有無および、その強度、1〜10段階)1.財運2.仕事運3.精神4.病気5.事故/事件6.家庭7.親子(親・子との軋轢)8.男女運(2−4/悪い(相性の合わない)人間と結婚するという男/女難 or 縁遠さ/同性愛)9.子宝運(子供を持てないか、産んではならない子を産むことによって苦労する)10.伴侶との軋轢11.親族(主に伴侶の親族)との軋轢12.邪神1(相手の考えていることがわかる/暴力、諸事に支障をきたす)13.邪神2(第七感=近い未来がわかる。しかし、12.邪神1同様、霊障であるため、どうでもいい情報は得られたとしても、自分自身のことや人生の大事な分岐点で常に嘘の情報をつかみ、人生の方向性が徐々に本来の方向性からずれていく/暴力ではなく口による攻撃、人的な問題で諸事が前に進まず)14.人的トラブル15.痛み/危険な発作16. 輪廻転生のメカニズムへの帰還失敗(対象は故人のみ)17.天啓/憑依18.その他じゃ」『一口に霊障と言いますが、こんなにもたくさんの種類
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら