絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

5 件中 1 - 5 件表示
カバー画像

【その目標、そんなに高くない!?】ミックスボイスは【○○到達】までが勝負!!

【タイムテーブル】00:00 オープニング【その目標、そんなに高くない!?】 01:14 音域UPの成長曲線とは? 03:38 【体験談】鬼門は「hiA」でした 06:38 「地声/裏声」バランス感覚さえ身につけば 08:30 エンディング(まとめ) 歌の練習をしていると、、、 「あの音域まで、なんとか到達したい!!」 「keyは高いけど、あの曲を自由に歌えるようになりたい!!」 こんな事を感じる事も少なくないと思います(´д`) ※何を隠そう、私自身がそうでした笑 ただ実際に練習をしてみると、 その「音域目標」になかなか到達できない・・・。 そんな絶望感との戦いでもありました(゚Д゚) 今回はそんな私と同じような「不安」や「お悩み」を 抱えている方に向けてのお話です(。・ω・。) 【その目標、そんなに高くない!?】 実は、ミックスボイス、音域UPへの道は 「一本調」「直線」という訳ではありませんでした。 大枠で見たら「曲線」を描くようなイメージでした。 【音域UPの成長曲線とは?】 練習序盤=なかなか音域伸びず 練習中盤=ちょっとずつコツを掴み、成長の息吹を感じる!笑 練習終盤=一気に伸びる こんなイメージでした。 【体験談:鬼門は「hiA」でした】 音域UPの「成長曲線」は、最初は伸びにくく、 コツを掴んだ後半は一気に伸びた!!そんな体感があります。 では、その「コツ」を掴めたのはいつか?? それが「hiA(A4)」に到達した時でした。 「練習序盤~中盤」 mid2F → hiA =2~3年かかる。。。 「練習中盤~終盤」 hiA → hjC  =わずか半年程で到達!! 【
0 500円
カバー画像

【歌唱力、音域UPのコツ】誰でも出来る「自分の適性」を見つける方法!!

【タイムテーブル】00:00 オープニング【自分の適性を見つける方法】 02:30 「自分の適性」カラオケ採点90点の曲を集める!! 06:20 「音域アップ」keyを上げるタイミング 09:05 エンディング 【自分の適性を見つける方法】 「歌の技術を上げたい!!」 「音域を広げて伸び伸び歌いたい!!」 そんな気持ちを持って歌の練習に励む一方で、 思うように行かない、伸びない・・・。 そんな事ありますよね(^_^;) 何を隠そう、私もずっと歌ってきて・・・ そして、今でもなお「上手くいかないなぁ」と痛感する事があります(´д`) そんな時、自分の原点に立ち返る!!と言う事をします。 それが【自分の適性(自分の原点)】に立ち戻る、と言うこと。 「適性」に準拠した練習は、その効果「歌唱力UP」「音域UP」に 大きな変化をもたらしてくれます。(実体験済み!!) 「適性」とか「原点」とか。 言葉だけ聞くと、なんだか「ぼや~っ」としたイメージですが、、、。 今回は、私もずっと練習に取り入れてきた 「誰でも」「いつでも」「どこでも!?」「手軽に」 「自分の適性」を見つける方法をご紹介します(^^)/~~~ 結論!!~その方法はコレ!!~ 【「自分の適性」カラオケ採点90点の曲を集める!!】 カラオケの採点機能を使って「90点以上」を安定して取れる曲を いくつか見つけて、集めていきます。 出来れば5曲~10曲くらい集めたら、、、 その中で「傾向」を見ていきます。 「例えば」 ・このアーティストの曲が多いな、とか ・バラード系が多いな、とか。(逆のアップテンポもしかり) ・英歌詞の曲が多いな
0 500円
カバー画像

【ミックスボイス練習中の方必見!!】「音域」を確実に広げる3つのコツ☆

【タイムテーブル】 00:00 音域を広げるコツ 00:45 コツ①:地声で音域を広げる 03:15 コツ②:裏声に太さを付ける 05:00 「参考」身体で覚える練習法 06:25 コツ③:低音域も広げる 08:20 エンディング 【音域を広げるコツ】 今回は「歌」「ミックスボイス」練習をされている方に向けて、 必須の練習項目「音域を広げるコツ」を紹介したいと思います(^^)/~~~ 「3つのコツ」 コツ①:地声で音域を広げる コツ②:裏声に太さを付ける コツ③:低音域も広げる 一つ一つ解説してみます(。・ω・。) 【コツ①:地声で音域を広げる】 高い声を太く発声する「ミックスボイス」には 「地声」と「裏声」の発声のバランスを保つ事が重要です。 ただ、この感覚を保つのが本当に難しい・・・。 そこで!まずは「地声感」をキープ出来る範囲で 少しずつ音域を上げて行く練習がおすすめです! 「地声感チェックポイント」 ・胸元に響きは感じるか? ・喉仏、舌根は上がり過ぎていないか? ・身体にチカラは入り過ぎていないか? 【コツ②:裏声に太さを付ける】 一方で高い声の代表「裏声」に太さを付ける練習も重要です! ここでは無理に太さを出そうとはせず、 「弱い裏声→響きを豊かにしていく」練習がおすすめ☆ 実際に自分の声を聞きながら 「声にボリュームアップ」させるよう 発声の感覚を調整してみましょう! 【「参考」身体で覚える練習法】 裏声に「太さ(響き)」を付けるおすすめの練習法があります。 「練習STEP」 ・まず上を向いて「裏声」を発声します。 →この時、響きのイメージは「鼻腔」「額」「頭」へ 
0 500円
カバー画像

【ミックスボイス:音域を広げるには?】そのポイントと注意点をご紹介!!

【タイムテーブル】 00:00 オープニング「質問pickup!結論」 01:21 step①:自分の限界音を知る 02:08 2つのチェック方法 03:30 step②:課題曲のkeyを調整する 05:33 step③:時間限定でkeyを「1~2」上げる 06:58 3つのstepまとめ 07:57 音域アップの境界線「E4」について 09:33 エンディング 今回は1つ頂いたご質問をpickup! その解決方法を皆さんとシェアしていきたいと思います(^^)/ 「こんな質問を頂きました」 高い声を出せるようになりたいのですが、 どのように音域を広げたら良いか分りません。 その為に必要な練習のコツなどあれば教えて下さい。 【答え:結論】 →高すぎる音域にしないよう注意しよう! →おすすめの練習法は・・・ これ↓step①:自分の限界音を知る step②:課題曲のkeyを調整する step③:時間限定でkeyを「1~2」上げる これら3つのstepがおすすめかと思います(^^)/ →ミックスボイス、高い声の練習をしていると 皆さまがぶつかる大きな壁の一つ。 それが「音域を広げる」だと思います(^_^;) →特に独学で練習をしていると、 「未知の音域が故に疑問だらけ・・・」 こんな事も少なくないと思います(゚Д゚) 私なりの解決方法をシェアさせて頂きますので、 練習のヒントになればと思います☆ カラオケなどで独学練習されている方にも 練習に応用出来るよう方法をまとめてみました(/_・)/ 【step①:自分の限界音を知る】 当然な話ですが「自分がどこまで音域出せるのか?」 これを知
0 500円
カバー画像

【裏声を蔑ろにしている!?そんな方へ】ミックスボイスにとって「裏声:2つのメリット」

・バンド活動/ギターボーカル15年 ・音楽講師7年以上 ・インディーズレーベル所属歴あり ・音楽サークル主催(50名以上) ・個人事業主(フリーランス) ・2020年からYouTube配信スタート シンガーソングライター TOMOKI ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 【裏声を蔑ろにしている!?そんな方へ】 少し強めの言い回しのテーマで恐縮ですが^^; ミックスボイスを練習されている方には 「絶対に抑えておいて欲しい内容」です! 「裏声」 皆さんは裏声は出来ますか?? まだミックスボイスの練習中であっても「裏声」なら出来る! そんな方は多いと思います。 (※裏声できない!そんな方は別途ご相談下さい^^) この「裏声」実はミックスボイスの習得には なくてはならない大変貴重な発声練習なのです! ミックスボイスにとって「裏声:2つのメリット」 【メリット①】 裏後は「ミックスボイス」の練習のスタートライン! 「理由」 ミックスボイスに必要な「声帯のテンション:声の高さ」を 裏声で疑似体験する事が出来ます。 【メリット②】 すでにミックスボイスを習得した人でも 更なる「音域を広げる」には必須の発声練習! 「理由」 「声帯のテンション」の伸ばし具体(輪状甲状筋)を鍛える事で、 更なる高音域の発声が出来るようになります。 それには「裏声の練習」が効果的です。 「補足」 ミックスボイスは音域によって「地声:裏声」の割合が変わります。 (私:男性の場合:目安) mid2C「地声:裏声=80:20」 mid2G「地声:裏声=50:50」 hiC
0
5 件中 1 - 5
有料ブログの投稿方法はこちら