絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

4 件中 1 - 4 件表示
カバー画像

ドイツ語暗号解読 癖字のW、悲劇の予感④

この手紙の書き手の癖字の困ったところは、Wの書き方がいちいち違うところなんですね。住所のWと、文の中に入っているWでもいちいち癖が違ってるんです。カバー画像をご覧ください。Doみたいに見えちゃう文字と、続け文字のLoに見える文字、二つありますよね。・・・どっちもWなんでーす!!ふっざけんなぁ!!と叫びたくなる癖字ですよね~。書き順違ってんじゃねーかよ!なんでもアリかい、お前さん方はよぅ!!それで、私は、この人の書いたWをDと読み違えていたり、別の文字を当ててみたりと、いろいろと勘違いをしてしまっていたのです。 だが、文法的にも意味的にも、これはWと解釈する方が妥当。さらに、この人、長い単語を書く時に、途中でスキマ開けるんですよ!! やーめーてー!! それ、やーめーてー!! 本来、一つの単語なのに、そのスキマのせいで二つの単語である、と解釈して進めてしまうことになるので、かなりのズレ、勘違いを誘発してしまうのです。 一つの単語なのに、妙なところでスキマを開けられたら、意味不明になる。例えばです。けいざ いさん ぎょうしょうと書かれたら、さすがのエリート、経済産業省のお役人さんだって読み違いするでしょう・・・。パパのスキマを開けて書く癖は、解読の妨げにしかならないのです。例えば、この文字。 私は、これをDr.admiralと読み違えていた。ドクター・アドミラル・・・病院の偉い先生、提督・海軍大将というあだ名のドクターがいたのかなって。 ここが壮大な勘違いの旅の出発点だった。 今回は、この勘違いの旅から無事に生還することができましたが、ほんと、運がよかったとしか言いようがない。ドイツ
0
カバー画像

トゥレット症候群とは?

 こちらも「広い意味での発達障がい」の一つとされています。 しかしこちらも、「発達障害者支援法」の定義からは外れています。 軽いものは「チック症」ということで、一種の「くせ」という形で片付けられることが多いからです。 しかし、こちらも「吃音障がい」と同じくそれ自体もコミュニケーションや日常生活、社会生活の'妨げ'となっているのも事実です。 そして、「チック症」でも1年以上続くと、「トゥレット症候群」として扱われることもありますが、やはり「定義」がないがゆえに「適切な治療」「適切な支援」が難しいのは事実です。(「発達障害者支援法」の改正、「トゥレット症候群」の定義づけ、頼みます!!!) 神経医学の世界でトゥレット症候群(チック症)は、「脳性まひ」の人たちの特性あるあるの「不随意運動(自分の意思とは無関係に体などが勝手に動いたり、声が出てしまう)」の一種として定義されています。 大きく分けて「運動チック」と「音声チック」の2つあります。【音声チック】・(風邪などではないにかかわらず)咳払いが頻繁に出る(咳払いが頻繁に繰り返される)・突然「あっ!!!!!」、「あ"ぁあ"ぁあ"!!!!」、「ぎゃあー!!!!」などの大声が出る(奇声)(主に子ども時代に多い)・法律などルール上認められない単語などをうっかり出てしまう(汚言症)【運動チック】・頻繁にまばたきをする(目をぱちぱちさせる)・頻繁に鼻をすする(主に思春期以降に多い)・頻繫に口を開けたり曲げたりする・頻繁に顔をしかめる・腕をぴくぴくとする・足をばたんとするそして、もしかすると「貧乏ゆすり」も「運動チック」の一つかもしれません。研究の
0
カバー画像

価値。

同じでなくてもいいそれは相手の主観自分の主観でみれば正しいとか正しくないとかそんな物差しではなくて主観的ものの見方になる。人よりも過剰に気にしてしまうならもっと自分の主観で生きていいんだと思えるように、自分を愛でよう。自分のやることを認めて時には、まぁいっかと手を抜いて心を楽にする時間が必要だと与えよう。人は主観的にものを見る。感じ方も受け取り方もそれぞれなように全てが同じはない。だから理解し合い対話する努力をする。それができない人とは諦める事も必要。全ての人とわかり合おうとせず、ただ、そうなのねと認める。理解できない事も自分で認める。お互いがお互いを認め合い主張し合えたら対話の中で導き出せる答えがある。どちらでもいい分かり合えても分かり合えなくてもどちらも間違いじゃない。
0
カバー画像

それ、クセかも。

一歩が踏み出せないで《諦めてしまう負けグセ》をつけちゃいけないよ。やりたい事があるなら今できることから、5分でもいいから、一歩踏み出す。そしたら必ず実績と学びが残る。続けたらそれが当たり前になり、いつしか《前に進む勝ちグセ》になる。ときには休んでもいい。その一歩が自分を創る😌🌿
0
4 件中 1 - 4
有料ブログの投稿方法はこちら