#011 すごい人にならなくてもいい。

記事
コラム
あ~…ははは…
久しぶり~。

皆さん元気してた?
なん~てね…へへへ笑

ブログ遅れてすみませーん!!!!


やりたいこと、やらなきゃいけないこと、消化してました!
っていうか今も消化中です今月いっぱいはまともに機械音痴なので図解を作る時間はありまてん!!


別の媒体からこちらへブログを見に来られている方もいらっしゃるということを、私自身も把握していますので、はじめましての方用に少しだけザックリ自己紹介しますね!

こんにちは!
ココナラで雑談、相談、恋愛相談、リピーター限定でお料理レシピを提案している晃~【AKI】と申します。



前置きが長くなりましたが、前回の続き始めるよぉぉ!

お金を稼ぐために勘違いしている7つの思い込み。

名称未設定ファイル.drawio (9).png


の!前に…
こちらのブログは続編です!
最初から読みたい方は下記のブログにアクセスしてみてね!

6.すごい人にならなくてもいい。

成功者といえば、知識も経験も豊富で毎日バリバリ仕事をして、大きな夢を持ち、人を動かし、最新技術にも強くお金や数字にも強い、そんなスーパーマンのようなイメージをする人は少なくない。


実際はそんなことはない。


そんなスーパーマンみたいな人はほとんどいないのです。


著者は何億円もの売り上げがある起業家の人たちや、著書が100万部を超えるような作家の人達と付き合いがあるのだが、実際のところみんな至って普通の人だそうだ。

知らないことも沢山あるし、人前に出ると緊張する、失敗するとへこむ。
そんな普通の人たちだ。

なんか…意外ですよね!


そして、うまくいっている人は『自分が普通の人間だ』ということをちゃんと自覚している。

どういうことか。

実は結果が出ない人というのは『自分はもっとできるはず』と自分の能力や意思の力を過大評価している場合が少なくない。

自分に期待し過ぎるている。

目指すのはスーパーマンになることではなく、凡人であっても結果が出るような仕組みであったり工夫をすることだ。

ダメな自分を認めつつも、それを前提に計画を立てることが重要なんです。




7.成功しなくても人には価値がある。

お金を稼いでいない自分には価値がない…と思ってしまう人は少なくない。

お金を稼いでいる同年代の人とかライバルと自分を比べて、自分はなんて価値のない人間なんだろうって凹んだりしてませんか?

この価値を考える時に気を付けなければならないのは、
『人間的価値』と
『市場価値』は別ものだということだ。


『市場価値』
これは相手が感じる価値のことであり、価値があるかどうかは買う側の欲求に左右される。

買う人が10万円といえば10万円の、100万といえば100万の価値になるわけだ。


『人間的価値』
というのは自分が存在していることそのものの価値だ。
これは当たり前のことだが、人というのは誰だって価値がある存在で、『あの人は生きる価値があるけれど、あの人にはない』なんていうのは他の誰かが決められるものじゃない。

この2つの価値をごっちゃにしてしまうと、売り上げが立たないときに『自分には価値がない』と落ち込んで恐怖を感じてしまい、仕事にも影響が出てしまう。

モノが売れようが売れまいが自分の価値は、上がったり下がったりしないから安心するといい。



以上。


『誰でもできるのに9割の人が気づいていないお金の生み出し方』より
著者 今井孝さん




最後まで読んでくれてありがとうございました。
またの閲覧を心よりお待ちしております。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す