USDJPY、11月14日のトレード_8回

記事
マネー・副業
UsJp_114-8.jpg
11月14日は、10月消費者物価指数(CPI)が発表され、前年同月比で
8.6%上昇し、これを受けインフレ懸念が再燃しドル買いが加速。
また、10月卸売物価指数(PPI)も発表され、前年同月比で9.7%上昇し、
この発表もインフレ懸念を高める要因となり、上昇となった。
これらが151円を突破した理由と考える。その後は13日も14日も下げに
転じているのでShortですね。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す