【夢への軌跡_FX_8通貨_相場環境認識・備忘録_20230924】

記事
マネー・副業

共に学びましょう。


9月24日 日曜日です。

おはようございます。

涼しい日曜日の朝を迎えた南関東です。
気温は20℃となり、
半袖短パンでは肌寒く感じます。
日中は30℃近くまで上昇なので
体調管理が必要です。
『ムリ・ムダ・ムラ』を省いて
有意義な時間を過ごしたいと考えています。
さて、チャートですが、
ファンダメンタルズと利確の影響で
クロス円は上昇してきました。
米ドルの一人勝ちと言えそうな展開です。
金曜日の日銀植田総裁の発言で
金融緩和継続ということから
USD/JPYは上昇して148.0を超えてきました。
150.0には届かせたくない
というのが
日本政府の本音のようです。
日銀の保有している米ドルを
日本円に切り替える時が
為替介入となります。
どこまで米ドルを保有しているかはわかりませんが、
有効に利用したいということと
投機筋のポジションが溜まっている時に
仕掛けてくるでしょう。
一方、欧州通貨は既に
陰線が発生していることから
USD/JPYで為替介入が行われても
下目線には変更はなさそうです。

では、確認していきましょう。
日足確定後の本数となります。


【EUR/USD】
月足 13本目
週足 第2サイクル 28本目/19
HPC 第2サイクル 83本目/35LT
4HC 第7サイクル 37本目/23LT
or
週足 第3サイクル 5本目/2LT
日足 第1サイクル 22本目/4LT
4HC 第2サイクル 37本目/23LT

と捉えています。

日足が長いなぁと感じるところから
週足の切り替わりタイミングを考えました。
結果、どちらにしても下目線となります。
4時間足戻り高値は1.0675辺りとなりますが、 
1.07に26日23時締めのオプションが多くあり
戻ってくる可能性も秘めています。

【EUR/JPY】
月足 9本目
週足 第2サイクル 9本目/6
日足 第1サイクル 41本目/24
4HC 第4サイクル 58本目/12

と捉えています。

22日金曜日は
日銀の発表と利確のタイミングで
大きく上昇してきました。
現時点でのテクニカルとしては
9月11日で日足が閉じたと考えると
4HC第1となり上目線となります。
現時点の4HCを第4として捉えると
4HC第3が起点割れを発生していることから
下目線の可能性が高くなります。
現在の4HCは58本目となり
今週中にはどちらかへ動くと考えられます。
月末リバランスの影響も大きいので
要注意です。

【USD/JPY】
月足 9本目
週足 第2サイクル 11本目/11
日足 第1サイクル 51本目/50
4HC 第5サイクル 8本目/5
or
日足 第2サイクル 16本目/15
4HC 第2サイクル 8本目/5

と捉えています。

シナリオがいくつか考えられますが、
日本円の円高要素は確認できないので
上目線が濃厚です。
150.0を仮に超えてしまうと
日銀爆弾が用意されている可能性があり
急激に上昇した場合には
要注意です。

【GBP/JPY】
月足 9本目 
週足 第2サイクル 9本目/5
日足 第1サイクル 41本目/18
4HC 第4サイクル 58本目/15LT 
or
4HC 第5サイクル 9本目/6

と捉えています。

先週のBOEとECBの政策金利の影響を大きく受けて
陰線ラッシュとなっていますが、
BOJの発表により陽線が確認できました。

しかし、 
182.45までは届かず
かなり意識されているラインと考えられます。
改めて大きく下降するのでは?
と見ています。


【AUD/JPY】
月足 7本目
週足 第1サイクル 27本目/14
日足 第3サイクル 41本目/39
4HC 第4サイクル 9本目/8

と捉えています。

日足で高値更新し
歪なチャートを描いているように見えています。
遅行通貨で高値更新ということとなると
今後の下降が期待できるかもしれません。

上昇エリオットでは
現時点でB波と考えることができ
次のC波は
4HCの起点を割り込む想定となります。
また、このC波が下降エリオットの第3という
見方も可能となるので
95.82辺りが下降エリオットの第2ということにもなります。
【NZD/JPY】
月足 7本目
週足 第1サイクル 27本目/16
日足 第3サイクル 41本目/41
4HC 第4サイクル 9本目/6

と捉えています。

日銀の金融緩和の発表で大きく上昇してきました。
日足高値更新となり
日足サイクルで考えると
かなり歪なチャートとなります。
日足はRT(ライトトランスレーション)が
ほぼほぼ確定し、
今後はどこまで下降するかがポイントとなりそうです。
3月スタートの週足は後半となり
下目線を維持したいところですが、
もう少し様子見を行いたい通貨となります。
遅行通貨であれば、
欧州通貨を追いかけてくることでしょう。
【CHF/JPY】
月足 9本目
週足 第2サイクル 11本目/8
日足 第1サイクル 53本目/36
4HC 第5サイクル 9本目/6

と捉えています。

SNBの政策金利は据え置きという発表から
大きく円高へ推移しました。
SNB、ECB、BOEなど
欧州の中央銀行は金利据え置きとなると
それぞれの通貨から離れていくようです。
CHF/JPYに関しては
HPCを想定しており、
60本程度で日足サイクルを考えています。
仮に9月1日起点の日足となると
4HC第1からのLT(レフトトランスレーション)起点割れとなり
大きく下降する可能性も高くなります。
日足での雲の位置を確認しつつ
4HCの上昇の度合いを確認したいと思います。

【CAD/JPY】
月足 7本目
週足 第1サイクル 27本目/27
日足 第3サイクル 41本目/38
4HC 第5サイクル 8本目/6

と捉えています。

日足が閉じたかも?
という目線と
継続という目線と
双方からチャートを確認しています。
9月21日で閉じていれば、
4時間足ダブルトップからの下降が考えられる展開です。
しかし、WTIが高値で推移していることから
米ドル同様、資源国通貨となる
CADも110.5を超えて上昇となる可能性も秘めています。
月末リバランスの影響も考えつつ
しっかりと確認することが必要です。


*****************************
DJI マイナス106.58ドル
WTI 89.88ドル
*****************************
 共に学びましょう。

のうびとれい


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す