【時間管理の本質を悟る】

記事
学び


日常的スピリチュアル、安田です。

時間管理の本質を
悟るというのは
「1日24時間」ということを
悟るということです。
1日24時間ということは
誰でも知っているのですが
知っていても
悟っていないのです。
悟っていないので
時間が無限にあると
錯覚しているのです。
時間管理力が
必要な時代になることで
時間管理の本質を
悟っていないと
単にスケジュールを
こなすだけの歩みに
なってしまい
生産性につながる歩みが
できなくなってしまうのです。
時間管理というのは
忙しくするための
管理ではなく
時間を使うための
管理なのです。
1日24時間の使い方を
明確にしていくことで
時間管理が
できるようになります。
私たちの歩みというのは
基本的には同じようなことの
繰り返しになっていくのですが
その繰り返しというのは
着実に積み上げていくための
繰り返しなのです。
同じようなことの
繰り返しであったとしても
いかに新鮮に歩めるかで
積み重ねる歩みにつながるのです。
惰性的に
マンネリ化した
歩みの中では
積み上げる歩み
生産性につながる歩みは
できなくなります。
これからの時代は
自分で時間管理を
していくようになるので
時間管理力を
身につけることが
求められてきます。
自分で時間を使う時代になるので
時間管理ができないと
どこまでも流されてしまうのです。
時間管理ができるようになれば
自己管理もできるようになります。
自己管理だけを
しようと思っても
何となく
漠然としてしまうのですが
時間というのは
数字が明確になっているので
管理しやすいのです。
ただ、時間は休むことなく
流れていくので
管理意識
使う意識ができないと
どこまでも
流されてしまうのです。
全ての時間に
気を張ることはできないので
やるときはやる
やらないときはやらない
という
メリハリが必要なのですが
何をやるのかを
明確にすることで
やることだけに
集中することができるのです。
毎朝、今日やることを
明確にしていくことで
やるべきことに
集中することができ
投入することができるのです。
頭では分かっていることを
紙に書いて言語化することで
脳が整理されて
集中することができ
投入することができるのです。
今のデジタル時代に
紙に書くというのは
面倒なことなのですが
敢えてアナログで
紙に書くことで
負荷をかけることができ
整理ができるのです。
時間管理をしていくにも
頭で分かっていることを
言語化してください。
最初は面倒に感じるのですが
毎日の習慣にしていくことで
一日一日を
着実に歩めていることを
感じることができます。
今の時代は
過去の時代よりも
時間の流れが
早く感じられるので
より時間管理が
必要になっていきます。
私たちの歩みは
時間圏内なのです。
いつまでも続くと
考えてはいけないのです。
どんなことでも
始まりがあれば
終わりがあります。
その終わりを意識したら
惰性的には歩めないのです。
時間管理の本質を悟ることで
本質に合わせた歩みが
できるようになり
充実した歩みが
できるようになります。
管理される時代から
管理する時代になることで
心理的な自由を感じることが
できるようになったのです。
時間管理ができれば
自己管理も自然にできるようになり
集中する歩み
投入する歩みが
できるようになります。

今回も読んで頂きましてありがとうございました。
安田 悌
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す