一時休止中/英文レジュメ英語履歴書を添削します

外資系転職に必須の英文レジュメ。英語力より構成力が大事!

評価
4.8 (23)
販売実績
35
残り
1枠 / お願い中:0
提供形式
テキスト
お届け日数
要相談 / 約6日(実績)
初回返答時間
15時間以内(実績)
ジャンル
一時休止中/英文レジュメ英語履歴書を添削します 外資系転職に必須の英文レジュメ。英語力より構成力が大事! イメージ1
一時休止中/英文レジュメ英語履歴書を添削します 外資系転職に必須の英文レジュメ。英語力より構成力が大事! イメージ1
一時休止中/英文レジュメ英語履歴書を添削します 外資系転職に必須の英文レジュメ。英語力より構成力が大事! イメージ2

サービス内容

ーーーーーーー 7/10以降、一時休止します。ご関心ある場合は、お早めにご一報ください。 ーーーーーーー 【書類選考の第一歩は、レジュメをを読んでもらうこと】 提出したレジュメは必ず読まれる…なんてことはありません。むしろ後回しにされていつの間にか忘れられているほうが大半…と言っても過言ではないでしょう。 当サービスでは、読んでもらえるレジュメに作り上げることを重視して、添削・アドバイスを差し上げています。 【英文レジュメとは】 外資系企業に転職しようとすると、必ず英文レジュメ(職務経歴書)の提出が求められます。非ネイティブの日本人がレジュメ提出する際に重要なのは、フェアに自分を評価してアピールすること、です。謙遜が美徳とされる文化で育った私たちには難しいんですね、これが。 【書類はふるいにかけられる】 外資系の採用現場にいて英文レジュメをたくさん見てきました。TOEICの点数が低くてもレジュメがしっかりできていれば書類選考は十分通りますし、反対にTOEICが高くてもレジュメの内容がわかりにくければ書類選考で落ちます。 【最後まで読まれるレジュメは一部だけ】 採用現場では「書類の冒頭で読むべきかどうかを判断」しています。キャッチーな文言は必要はないのですが、続きを読みたいと思わせる「サマリー」が重要です。以下は一例ですが、レジュメ作成の参考にしてください。 1.氏名 2.連絡先 3.サマリー(これ、重要!) 4.職務経歴(時系列にするなら最新のものから書く) 【意味の狭い限定的なワードで埋める】 多彩な経験があることをアピールしようとすると、ついVarious、additional、ad hoc など、風呂敷を広げたくなるのですが、これらの曖昧ワードからは実際の働きぶりを想像できません。むしろ具体例を1,2つ挙げたほうが、人材像がビビッドになるので、書く時に意識してみてください。 【あと一歩を後押しします】 書類選考で出会いのチャンスを逸してしまうのはもったいない!ちょっとした書き直しで劇的に改善されるレジュメも多いので、外資系企業でキャリアアップしたい人の応援をしたくて出品しました。レジュメを書く技術は語学とは別なので「採用側の目」をうまく利用してください。

購入にあたってのお願い

(1)ワード形式でお送りください。 (2)日本語の職務経歴書があれば一緒にお送りください。 (3)転職希望の職種をお知らせください。 (4)住所、電話等の個人情報は伏字(xxxなど)にしておいてください。 (5)お送りいただいた文書は機密扱いとし、第三者に開示することはありません。サービス完了次第破棄しますので、後から質問いただいても答えられないことご了承ください。 (6)書いていて難しかったところがあればお知らせください。極力アドバイスいたします。 (7)お急ぎオプション以外では、期限指定をお受けできかねます。提出日が決まっている場合は事前にご相談ください。 (8)レジュメから人材像を読み取れない(表現があいまい、構成が分かりにくい等)ものは、英文の修正・具体例を提供できないことがあります。その場合は基本の書き方・レジュメの構成法についてアドバイスいたします。 高度専門知識を要する職種(医療、特許技術等)に関しては、そもそも日本語でも知識がないので適切なアドバイスできないこともあります。該当しそうな場合は事前にメッセージにて転職希望の職種をご一報ください。

有料オプション